米Google傘下のFitbitは8月25日(現地時間)、フィットネストラッカー「Charge 5」を発表した。日本を含む世界のオンラインショップで同日予約受け付けを開始した。日本のサイトでは本校執筆現在「9月下旬までに発送」となっている。日本のオンラインショップでの予約価格は2万4990円。

 Chargeシリーズの特徴だった角張ったフォルムではなく、3月発表の「Fitbit Luxe」に似た丸みを帯びたデザインになった。また、シリーズで初めてカラーの有機ELディスプレイを採用した。バッテリーは消耗するが、オプションで常時表示にすることもできる。

 先代の「Charge 4」同様にGPSを搭載し、「Fitibit Pay」のおサイフ機能も利用できる(日本で利用できるのはSuica、ソニー銀行、PayPay銀行)。

 Fitbit Luxe同様の完全なボタンレスで、操作はすべてディスプレイで行う。以下の健康管理機能を搭載する。

・皮膚電気活動(EDA)スキャンアプリ

・ストレスマネジメントスコア

・気分

・血中酸素ウェルネスのモニタリング

・心拍変動

・呼吸数

・推定睡眠時皮膚温の記録

・睡眠スコアの表示&睡眠ステージの記録

・月経周期の記録

・健康とウエルネスのリマインダー

・フィットネス

 フィットネス関連機能は以下の通り。

・今日のエナジースコア

・アクティブな心拍ゾーン

・PurePulseによる毎日24時間の心拍数測定

・GPS搭載

・SmartTrack

・ワークアウトの強度マップ

・20 種類のエクササイズモード

・有酸素運動のフィットネスレベル

・水泳にも対応

 まだ利用できないが、将来的には心房細動(AFib)もトラッキングできるようになる見込みだ。Charge 5の側面にあるステンレスのパネルに指をかざし、30秒静止することで心電図アプリにAFibを記録できるようになる(恐らくFitbit Premiumの有料サービスになる)。

 購入時に、サブスクリプションサービスFitbit Premiumの半年無料利用を選択することも可能だ(半年後から月額640円になる)。

 ディスプレイの表示領域は26.43mm(対角)、画面サイズは21.93×14.75mm。厚さは「先代より10%薄くなった」としている。画面の明るさは「Charge 4の2倍」。バッテリー容量や防水規格は不明だが、バッテリーは1回の充電で7日間、防水は「水泳に対応」となっている。」

 ベルトは新しい「クイックリリース機構」で簡単に脱着できる。専用ベルトは別売でも選べるが、Charge 4のベルトは使えない。