7月に発売された「Leitz Phone 1(ライツ フォン ワン)」が注目を集めている。その理由は言うに及ばず。スマートフォン搭載カメラ用のセンサーとしては規格外に大きい1型センサーと、Summicron銘を冠したレンズを搭載しているからである。

 写真撮影を趣味とする層が、スマートフォンとしてはもとよりカメラとしてどうだろう? と気になってしまうのは必然で、「ライカQ2」を愛用している筆者もその1人。緊急事態宣言中の短い期間ではあったが、端末をお借りし近所で試し撮りすることができたので、カメラ機能を中心にその使い勝手をお伝えしたい。

 なおITmedia Mobileでは、本機について複数の記事で詳報している。全体像についてはそれらをご参照いただきたい。

●「らしさ」の詰まった専用アプリと画作り 操作性は今後の熟成に期待

 撮影に際してはAndroid標準のものではなく、本機専用に開発されたアプリを使う。起動すると特徴的なデジタルブライトフレームが表れる。これは撮影する範囲を示しており、M型ライカやQシリーズを使っているユーザーならニヤリとするはずだ。

 デフォルトでは「1.0×」で表示されるが、撮影範囲の外もモニターされていることから分かる通り、実際にはセンサーをクロップしている。本来、フルの撮像範囲はライカ判換算19mmだけれども、1型センサーをトリミングして24mm相当で撮影しますよという状態である。

 特に「これはいいな」と感じたのはデジタルブライトフレームの表示ロジックである。例えばライカQシリーズの場合、画角を狭めるほどブライトフレームも小さくなっていく。しかし本機の場合、1.0×から2.0×に変更してもブライトフレームのサイズは一定で、写真そのものを画角に合わせて拡大する形であり、フレームの広さは一定に保たれる(もちろんセンサーをフルで使う0.7倍時はフレーム自体表示されない)。これはこれで使い勝手が良く、同じデジタルブライトフレームを採用するライカQシリーズ後継機などにもフィードバックされるといいなと感じた。

 モニターに表示するガイド線について、三分割や黄金分割など一般的なものに加え、ややマニアックな「フィボナッチ線」なども用意されている。さすが「分かっている人向け」という感があり好印象。被写体を自由な位置に配置し、構図を厳密に意識しながら撮影するというのは、レンジファインダーや一眼レフではなかなか難しく、スマートフォンやミラーレスの得意とするところなので、ここにこだわるのは理にかなっていると思う。

 反面、少し気になったところを挙げるならば、デジタルブライトフレーム切り替え時の操作性である。

 例えば本機と同様のデジタルブライトフレームを採用するライカQシリーズの場合、フルの撮像範囲は28mmで、35mm、50mm、そしてQ2であれば75mmまでブライトフレームを切り替えられるが「起動時に表示する画角を任意に設定できる」という点が本機との大きな違い。つまりLeitz Phone 1の場合、アプリ起動時には必ず「1.0×」が強制され、好みの画角を任意に設定できない。

 倍率アイコンをタップするごとに1.0×(24mm)→2.0×(48mm)→0.7×(19mm)の順に切り替わるが、この順番も変更できないため、せっかくの1型センサーとSummicron銘レンズをフルで使おうとすると「アプリを起動してから倍率ボタンを2回タップ」という操作が必須となる。

 筆者の場合、ライカQ2を35mmで常用しているくらいなのでトリミングについては全く抵抗ないのだが、この仕様と操作性について違和感を持つユーザーは多いだろう。デフォルト表示画角を任意設定できるようアプリをアップデートすれば解決できそうなこともあり、今後の更新に期待したい。

 撮影モードはダイレクトに選べる。本機の場合、主に使うのは「写真モード」「マニュアル写真モード」「Leitz Looksモード」だと思う。「背景ぼかしモード」なども用意されているが、ここまでとがった仕様のLeitz Phone 1ユーザーがこういった機能を使うシーンは少ないのではないだろうか。もっと削ぎ落としたUI(ユーザーインタフェース)にしてもよかったのでは、という気はする。

 jpeg撮って出しの写真を見ると、画作りの方向性としてはシャドーが締まりコントラストに芯のある印象。Lightroomでストレート現像したものと比較するとその傾向が見て取れる。富士フイルムやコダックと異なり、ライカはフィルム時代から画作りを担ってきたわけではないため何をもって「ライカらしい写り」とするのかは難しいが、このコントラストの出方が人々にそう感じさせるのかもしれない。

●Leitz Phone 1で幸せになれるのはどんなユーザー?

 写真撮影が好きで、本機の購入を検討している人は多いだろう。率直に言ってしまうと「スナップメイン。M型ライカのように速写性を重視」といった使い方にはあまり向いていないのではと感じた。

 タッチでフォーカスポイントを選択する際はダイレクトに変更できず、一度タップしてセンタリングした後、2回目のタップで初めて任意のポイントに変更できる仕様だったり、デフォルトのフレーム表示範囲が1.0×固定だったり、とにかく「撮るぞ」となるまで複数のステップを踏む必要があるのが、筆者がそう感じた理由だ。

 またシャッタースピードや仕上がりを調整しつつ撮影できる「マニュアル写真モード」の設定項目を表示した状態だと、倍率ボタンは表示されるのになぜかデジタルブライトフレームが表示されない。そして、その設定項目に「絞り」がないことには驚いた。技術的な事情もあるのだろうが、せっかくのF1.9レンズを搭載したカメラとして考えた場合、理解し難い点である。付け加えるならば「マニュアル写真モード」にするとピーキングも表示されない。

 そもそも通常の「写真モード」ではRAW撮影できないので「マニュアル写真モード」を常用するユーザーは多いと思われるが、それだとブライトフレームが表示されず、ピーキングできず、絞りも変更できないという仕様だ。操作性についてはややちぐはぐな印象を受けてしまった。

 最後に、写真機のファインダーとして見た場合、本機のような「ラウンドエッジディスプレイ」を好む人はいないのでは? と感じる。意図せずエッジ部を触っただけでタッチ操作として認識されてしまうし、構図を決める際には周辺部の視認が難しい。本機には品質のいい専用ケースが付属しており、装着するとエッジ部のタッチ問題は軽減するが、視認性はさらに低くなる。筆者は「日常をスマホよりもキレイな画質で写真に残す」目的でカバンにはリコーのGRIIIを忍ばせており、その代替になり得るかという期待を本機に持っていたが、GRIIIの存在意義はまだ失われないなと感じた次第である。

 では、どういうユーザーにLeitz Phone 1をオススメできるのかという点を考えてみたい。

 まず「スマホでもじっくりキレイな写真を撮りたい」という人には文句なくオススメできる。速写性が極めて高い機材ではなくとも、日常必ず持ち歩くスマートフォンにこの画質、この写真が撮れるカメラが収められているということ自体が画期的である。似たコンセプトとしては過去にパナソニックのLUMIX CMシリーズがあったが、あちらはあくまでもデジタルカメラとしての流通であったのに対し、Leitz Phone 1はまごうことなきスマートフォンとして利用できる。この差は大きい。

 本体そのものやキャップ、ケースの高い質感もあり、総じて「カメラを持ってこなかったので仕方なくスマホで撮っている」感が薄い。撮影を目的としない外出においては荷物を大きく減らせる。広角好きの方ならLeitz Phone 1だけを片手に旅行するのも悪くない。何なら標準から望遠はカメラを使い、広角での撮影はLeitz Phone 1に任せるという選択肢も出てくるだろう。

 「撮影写真はクラウドのワークフローに統一したい」という人も本機のよさを感じられそうだ。今どきRAW撮影できるスマートフォンは珍しくないが、小さなセンサーでは現像耐性に限界がある。しかし本機は通信に強いスマートフォンであるだけでなく、1型センサーを搭載した単焦点カメラでもある。それであればRAWで撮って現像しようという気にもなろう。

 例えばAdobe Lightroomなどのユーザーであれば、クラウド同期することで手持ちのカメラ機材による写真管理のワークフローに統一できる。そのシームレスな運用にはメリットを感じられるはずだ。

 ここまでいくつか気になった点も挙げてきたが、その多くがソフトウェアの作り込みに起因するものであり、今後のバージョンアップによって大きく改善する可能性がある。筆者個人としてはLeitz Looks(モノクロ)を含むブラケット撮影ができるといいなと感じた。

 過去にもライカ銘のレンズを搭載したスマートフォンは存在したが、Leitz Phone 1はライカブランドとしてリリースされたものとしては初号機であり、デジタルブライトフレームのギミックや撮影できる写真の画質という点で、十分に存在感や雰囲気を感じられる仕上がりとなっている。

 その意味ではまさにオンリーワン。写真撮影を楽しむユーザーの多くがカメラではなくスマートフォンを使っているこの時代、写真機に対するライカのコンテンポラリーなアプローチを体感したいという方は、ぜひ手にしてほしいアイテムである。