東日本旅客鉄道(JR東日本)は、9月16日に「NFC乗車サービス」の実証実験を開始する。

 本実証実験は、これまで交通系ICカードが利用できず現金が中心だった「お台場レインボーバス(品川/田町〜お台場エリア)」が対象。バス車内に設置したNFCタグ「s-Touch」を、MaaSアプリ「Ringo Pass」のNFCリーダーモードでタッチすると利用できる。

 具体的にはRingo Passアプリの地図上に表示されるバス停留所を選んで「タッチで乗車する」をタップし、乗車人数を選択して「タッチする」ボタンを押すとNFCリーダーモードが起動。NFCタグへタッチすると乗務員のタブレットに利用が通知される。乗車券は事前購入ではなく、アプリに登録したクレジットカードから月2回決済が行われる仕組み。今後はアプリのモバイルSuicaからの決済を通じ、Suicaが使える環境を目指すという。

 また、同日からNFC乗車サービスを初めて利用者ユーザーへJRE ポイント200ポイントをプレゼントするキャンペーンを開催する。期間は9月16日〜11月30日で、期間内にアプリとJRE ポイントのアカウントを連携させる必要がある。