シャープが、5G対応のSIMロックフリースマートフォン「AQUOS R6 SH-M22」を、9月24日から順次発売する。カラーはブラックの1色。市場想定価格は16万5000円前後(税込み)を予定している。

 AQUOS R6は、センサーからレンズ設計、画質調整までライカ(Leica)と共同開発したカメラを搭載したモデル。国内キャリアではNTTドコモとソフトバンクが販売している。

 スマートフォンとしては最大級となる1型センサーと、ライカの「Summicron(ズミクロン)」7枚レンズを搭載している。アウトカメラは2020万画素カメラ1つのみだが、F値が1.9mm、焦点距離が19mmを実現することから、広角から望遠までひずみを抑えた撮影ができるとしている。焦点距離は超広角の19mmから標準の24mm、望遠6倍の152mmまでをカバーする。スマホ向けの画像処理技術も活用し、画質劣化を抑えたデジタルズームや、ダイナミックレンジの広い夜景撮影も可能だとしている。インカメラは1260万画素となる。

 ディスプレイは、約6.6型のワイドUXGA+(1260×2730ピクセル)のPro IGZO OLEDを搭載しており、表示コンテンツに応じて1Hz〜240Hzの駆動を自動で切り替えられる。指紋センサーは、Qualcommの技術(Qualcomm 3D Sonic Max)による3D超音波式のセンサーをディスプレイに内蔵している。

 プロセッサはSnapdragon 888、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは128GBを備える。バッテリー容量は5000mAhとなる。IP68の防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応している。本体サイズは74(幅)×162(高さ)×9.5(奥行き)mm、重量は約207g。OSはAndroid 11をプリインストールしている。

 SIMロックフリーモデルならではの特徴として、DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)をサポートするが、SIMスロットの1つはmicroSDと排他利用となる。対応バンドは5Gがn77、n78、n79、LTEがB1、B2、B3、B4、B5、B7、B8、B12、B13、B17、B18、B19、B20、B21、 B28、B38、B39、B40、B41、B42。