Appleが、iPhone向け「iOS 15」、iPad向け「iPadOS 15」、Apple Watch向け「watchOS 8」を9月21日に配信開始する。いずれも2021年6月に開催した「WWDC21」で発表したもので、2021年秋にリリースする予定とアナウンスしていた。

 iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる他、指定した日時に他ユーザーを招待できるようになる。通知や利用アプリを絞り込める「集中モード」も新たに用意する。

 対象機種は以下の通り。

・iPhone……iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)

・iPod touch……iPod touch(第7世代)

 iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。iOS 14で可能になった、ウィジェットをどこにでも配置できる機能がiPadOSにも追加される。対象機種はiPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、全てのiPad Pro。

 watchOS 8では、健康やフィットネス関連の機能を強化。「呼吸」アプリが「マインドフルネス」アプリに変更され、集中力を高める深呼吸や、短時間だけ集中する「リフレクト」機能を利用できる。「睡眠」アプリでは、睡眠の質をチェックする指標として「睡眠時の平均呼吸回数」が分かる。

 以下の対象機種と、iOS 15以降を搭載したiPhone 6s以降が必要になる。

・Apple Watch Series 3

・Apple Watch Series 4

・Apple Watch Series 5

・Apple Watch SE

・Apple Watch Series 6

・Apple Watch Series 7