いよいよ登場するiPhone 13。例年のごとくカメラが進化を遂げたので、ハードウェア的な進化(カメラユニットの話)とソフトウェア的な進化(コンピュテーショナルフォトグラフィーの話)を、公表された範囲で整理してみたい。

 つまるところ、実際にあれこれ試してみないと、どのくらい進化したのかは分からないので半分は想像になるけれども、その辺はよしなに。

●iPhone 13とiPhone 13 Proのカメラの違い

 カメラに関していえば、iPhone 13/13 miniは超広角と広角のデュアル構成、iPhone 13 Pro/Pro Maxは超広角と広角と望遠のトリプル構成+LiDARセンサー。

 基本的には1年前のiPhone 12時代を踏襲した構成だが、ノーマルモデルとProモデルのカメラ性能の差はさらに開いた。違いはカメラの数だけじゃないのである。悩ましいですな。

 iPhoneのカメラは基本的に広角カメラが35mm判換算で26mm相当。これを基準に、超広角カメラはその0.5倍、つまり13mm相当となっている。ここはノーマルモデルもProモデルも一緒だ。ここが統一されているのは分かりやすくていい。

 しかもどのカメラも「1200万画素」に統一されている。これもポイントが高いところだ。むやみに画素数を上げたり下げたりしないのだ。ここで6400万画素とか1億画素のセンサーを積んでくると、数字的なインパクトはでかいんだけど、実用上の差はというと微妙だったりするから。

 ではそれぞれのカメラをチェックだ。

●超広角カメラの差は見逃せない

 まず超広角カメラ。「視野角が120度」。これはカメラの世界で言う「画角」のことで、対角線で120度の範囲を撮れるって意味だ。これがノーマルモデルとProモデルで違う。

 ノーマルモデルも進化したが、レンズの絞り値はF2.4。対してProモデルはF1.8とぐっと強化された。この数字は小さい方が明るい(光を多く取り込める)。だから暗所に強い。

 さらに違うのは、Proモデルは超広角カメラに「AF」が付いたこと。これによって超近距離での撮影(レンズ前2cm)を可能にしたのだ。それが今回話題の1つである「マクロ撮影機能」だ。

 まあ、2cmも近づくとiPhone本体の影が落ちて邪魔になったり、13mm相当の超広角だと遠近感が極端に出たりするので使いこなしは難しいかもだけど、ぐっと寄れるのはいい。

 最近マクロ撮影機能を持つスマホが出てきているが、たいていは超広角カメラを使っている。まさかの超広角カメラでの差別化だ。

●広角カメラはセンサーサイズがさらに大きくなった

 広角カメラはノーマルモデルもProモデルも進化した。ノーマルモデルはセンサーサイズが大きくなり、センサーシフト式の手ブレ補正が搭載された。センサーの画素サイズは1.7μmになったそうで、この組み合わせは前年の12 Pro Maxと同じだ。

【訂正:2021年9月21日12時00分 初出時、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxのセンサーの画素サイズは「12 Pro/Pro Maxと同じだ」としていましたが、iPhone 12 Proの画素サイズは1.4μmのため、「12 Pro Maxと同じだ」としました。おわびして訂正いたします】

 12 Proのカメラユニットがノーマルモデルに来たといえる。となると、13 Proのカメラはさらに進化するわけで、レンズが何とF1.5とわずかながら明るくなり、さらに画素サイズが1.9μmとさらに大きくなったのだ。0.2μmの差なんだけど、このクラスになってくると0.1μmの差がでかいのだ。

 ちなみに今は小さいもので0.9μmなんてところにまで来ているので、その2倍以上あるのだ。1つ1つの画素が大きいと、その分多くの光を受けられるので、よりダイナミックレンジが広く、ノイズも乗りにくくなる。

 実際に目に見える差がどのくらい出るかは微妙だけど、室内などやや暗いシーンでよりよい仕事をしてくれる、つまり被写体ブレもノイズも少ないクオリティーの高い写真を撮れるはずだ。

 ついでに、センサーサイズが大きくてレンズも明るいと、被写界深度が浅くなる。つまり、ポートレートモードを使わなくても近距離の撮影なら背景がそこそこボケるようになる。

 ただ、カメラを物理的に進化させると……つまりセンサーサイズを大きくしたりレンズのクオリティーを上げたりすると、どうしてもカメラユニットは大きく分厚くなる。使う側がそれを許容するかどうかだよな、とは思う。

 ちなみにわたしはかなり許容します。実は高性能になるならカメラユニットが多少出っ張っても気にしない派です。

●望遠カメラは何と3倍になった

 そして望遠カメラ。

 iPhone 12では12 Proは2倍の望遠、12 Proではちょっと伸びて2.5倍の望遠カメラを搭載していたのだけど、13 Pro/Pro Maxは何といきなり望遠側が伸びて3倍の77mm相当に!

 これはちょっとびっくり。しかも、ProとPro Maxで同じ仕様になったというのもありがたい。

 77mm相当とより望遠になったことで、レンズの絞り値がF2.8とちょっと暗くなったのは残念なんだけど、77mmといえば立派な中望遠の画角であって、望遠っぽい写真を撮れてよい。ポートレートを撮るときなんか、より形がきれいに背景もすっきり撮れるしね。

 ただ、26mmと77mmってけっこう離れており、その間は広角カメラのデジタルズームになるので、画質的にどうなのかなってのは気になるところ。その間で撮りたいことってけっこうあるからね。そこは実機が来たら試してみたい。

 大事なのはスペックじゃなくて、いざ撮影したときによい結果が得られるか否かだからね。iPhoneはそこがけっこう優秀なので、今回も期待しているのである。

●何といってもシネマティック!

 ハード面での進化がカメラユニットなら、ソフト面はコンピュテーショナルフォトグラフィー。

 プロセッサがA15 Bionicになり、ますます高速な処理が可能になったらそれを「コンピュテーショナルフォトグラフィー」に使わないわけがないわけで、スマートHDRは3から4になり、3つの全てのカメラでナイトモードを使えるようになり、新たに「フォトグラフスタイル」が搭載された。

 撮影する写真の画作りを細かくコントロールできる機能っぽい、というとややこしいけど、普段iPhoneが画像を解析して部分ごとに色や明るさを調整して最終的な写真を仕上げるって作業を全自動で行っていたのだけど、そこの調整にちょっと口を出して好みのスタイルで撮れるようになるもの、と思えばよさそうだ。

 そして今回の一番の「コンピュテーショナルフォトグラフィー」的な新機軸は「シネマティック」モード。

 最近では「シネマティック Vlog」なんてのもあるようで、何をもってシネマティックというのか難しいところではあるけれども、その1つのボケの要素は欠かせなさそうであり、iPhoneのシネマティックモードは映画のような背景のボケと「ピント送り」の演出を加える機能だ。

 iPhoneらしいのは、それを2つのタイミングで実現できること。

 1つは撮影時。フォーカスを合わせる位置を変えることで映像の意図を伝えることができるのだが、それを自動的にやってくれるというのだ。

 背景をボカした映像をリアルタイムで撮り、どこにフォーカスを合わせるかを自動的に判断することで、手前から後ろへすっと焦点を変えたり、ある被写体から別の被写体へ焦点を動かしたりしてくれる。

 もちろん、画面をタップすることで任意の被写体に合わせることもできる。

 もう1つは撮影後の編集時。

 映像ファイルに深度データが含まれており、撮影後にフォーカスのコントロールができるのだ。これはすごい。背景ぼかし機能を動画でも使えると思えばいいかも。

 今回一番使ってみたいと思ったのがシネマティックモードだ。

 どんなクオリティーの映像になるか、不自然さはないかも含めて試してみたい。Apple Eventで上映された映像は、プロが撮ったものだからね。われわれがどのくらい恩恵に授かれるかの方が重要だ。

 つまるところ、今回もまた……特にiPhone 13 Pro/Pro Maxの方は(多少カメラユニットは大きくなったけれども)3つのカメラを全部アップデートしてハード的にレベルアップし、同時にA15 Bionicパワーを駆使して、「コンピュテーショナルフォトグラフィー」を進化させた上に「シネマティックモード」という、映像作家じゃなくても使ってみたくなる撮影機能を付けてきてくれたのだ。

 個人的には「マクロ」撮影機能がついたことを評価したい。

 もう1つ、iPhoneのカメラの欠点だった「構図に強い光源があるときに発生するゴースト」がどうなったか、気になるよねえ。これが改善されていたらかなりうれしいのであるが、はてさて。