カメラ機能を大きく進化させたiPhone 13シリーズが、9月24日に発売される。2モデルずつ、約1カ月差でタイミングをずらして投入された2020年とは異なり、2021年は一挙に4モデルが店頭に並ぶ格好だ。一方で無印の「iPhone 13」「iPhone 13 mini」と、“プロ”の名を冠した「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」に分かれている点は、iPhone 12シリーズの構成を踏襲。Proモデルは超広角、広角、望遠とも無印のiPhone 13よりもカメラの機能が高く、より選択しやすくなった印象だ。

 短い期間ではあるが、発売に先立ち、4モデルの実機を試用することができた。新たに搭載された「シネマティックモード」や「フォトグラフスタイル」などの新機能をテストしつつ、端末の処理能力や使い勝手などもチェックしている。iPhone発売前の“恒例行事”として、そのレビューをお届けしよう。

●キープコンセプトながらブラッシュアップしたデザイン、カメラは大型化

 2020年に登場したiPhone 12シリーズで側面のデザインを大きく変えたこともあり、iPhone 13シリーズでは、そのコンセプトを踏襲している。直線的でソリッドなフレームはそのままで、背面にはガラスを使用。無印のiPhone 13はアルミニウム、Proモデルは光沢感の強いステンレススチールという点も、iPhone 12シリーズと同じだ。ただし、カラーリングは同じ色でもやや変わっているようで、iPhone 13/13 miniで試用した「(PRODUCT)RED」は、その違いが顕著に出ていた。写真を見れば分かる通り、赤に深みが増し、より落ち着いた色合いになっている。

 一方で、TrueDepthカメラを搭載したいわゆる“ノッチ”は、サイズが小さくなり、正面から見たときの印象はやや変わった。このパーツのサイズは4モデル共通のため、特にボディーが最も小さいiPhone 13 miniは、ノッチの左右に隙間が広がったことが分かりやすい。もっとも、ノッチがあることに変わりはなく、写真や動画を全画面表示した際の妨げにはなるが、iPhone 12シリーズまでより、目につきづらくなったのも事実だ。

 背面は、カメラの存在感が増している。これは、iPhone 13シリーズ全体でセンサーサイズが大きくなったためだろう。広角カメラ(標準カメラ)のピクセルピッチは無印のiPhone 13が1.7μmなのに対し、Proモデルは1.9μm。iPhone 12シリーズでは、最上位モデルの「iPhone 12 Pro Max」のみ、1.7μmのセンサーを搭載していたが、iPhone 13では“最低ライン”がこのサイズになった格好だ。特に1.9μmのセンサーを搭載するProモデルは、カメラの出っ張りが増しており、トリプルカメラがより近づいたため、カメラユニットの上にギッシリとカメラが詰まっているような印象を与える。

 バッテリー容量は非公表だが、全モデルとも駆動時間が伸びているため、容量を増やしているのかもしれない。カメラのサイズアップと相まって、重量は増している。特にiPhone 13 Pro Maxは238gと200gを大きく超え、手に取るとズッシリとした質量が伝わってくる。iPhone 13 Proも前モデルから16g増え、200gの大台を突破してしまった。ありていに言うと、重い。重量が増したのは、4モデル中最軽量のiPhone 13 miniも同じだが、こちらは7gアップにとどまっている。カメラやディスプレイサイズなどとのトレードオフといえるが、ここまで差が開いてくると、モデル選びにも影響が出てきそうだ。

●動画のクオリティーが上がるシネマティックモード、フォトグラフスタイルでの撮影も楽しい

 デザインはキープコンセプトなiPhone 13シリーズだが、カメラ機能は別物といえるほどの進化を遂げている。中でも顕著なのが、動画性能の向上だ。新たに搭載されたシネマティックモードでは、機械学習とカメラの視差を使って測定した深度を使い、動画撮影中に背景ボケを作ることができる。被写体の視線の先にピントを合わせて見ているものを強調したり、背景をボカしたりと、静止画のポートレートモード以上に活用できそうな機能だ。論より証拠ということで、まずはシネマティックモードで撮った動画を見ていただきたい。

 人物が登場した後ピントがそちらに合い、背景がボケていることが見て取れるはずだ。しかもiPhone 13シリーズでは、これをオートでやってくれる。また、撮影中に人物や物体を認識しているため、ピントを合わせたい場所をタップして撮影者の意図通りにボケを作ることも可能だ。Appleのスペシャルイベントでは、映画の撮影を例にこの機能を紹介していたが、日常を記録するような短い動画でも効果は十分発揮できる。以下は「iPhone 12 Pro」で撮った同じ場面の動画だが、背景ボケがないため、人物の際立ち方がやや劣って見える。

 iPhoneのカメラには絞りの機能はないが、先に挙げたように機械学習と深度でこれを実現している。そのため、被写界深度を変更したり、後からピントを合わせる場所を変えたりといった操作も簡単だ。動画撮影中に深度情報を記録しておき、リアルタイムでボケを作れるのは「A15 Bionic」の高い処理能力があってこそ。シネマティックモードがiPhone 13シリーズに限定されている理由だ。

 また、Proモデルに搭載されているLiDARを使っていないこともあり、同機能は無印のiPhone 13でも利用できる。目玉になる機能なだけに、シリーズ全体が対応しているのはうれしいポイント。ピントを工夫しながら撮るのは思いのほか楽しいので、ぜひ利用してみてほしい。

 また、カメラ自体は、先に挙げたようにセンサーサイズが大きくなったことに加え、レンズも明るくなり、より暗い場所でもキレイな写真が撮れるようになった。スペック的にはProモデル2機種の方が高いが、撮り比べると、大きな違いはないようにも見える。一方で、ナイトモードの発動条件には差分もあった。以下の写真がそうだが、iPhone 13や13 miniだとナイトモードに切り替わってしまうため、被写体ブレを起こしやすいが、Proモデル2機種だとそのままシャッターを切れた。

 また、暗所で撮った写真を見比べると、Proモデル2機種の方が人物の肌が滑らか。無印側はソフトウェア処理でディテールをごまかし気味になっている。スマートフォンサイズのディスプレイで引いて見ると違いが分かりづらいが、PCなどで大きく表示した際には差が出ている。ここは、Proのセンサーサイズやレンズのよさが出た部分といえる。

 iPhoneのカメラは、機械学習をフル活用してダイナミックレンジを広げたり、色調を調整したりしているが、iPhone 13シリーズからは、そこにある程度自分ならではのチューニングを加えられるようになっている。フォトグラフスタイルがそれだ。フィルターのように写真全体を変えてしまうのではなく、被写体を分析し、人の肌のトーンなどはそのまま残しているのが特徴だという。フォトグラフスタイルは、あくまでソフトウェアを使った機能だが、利用できるのはiPhone 13シリーズのみ。処理能力が追いつかないためか、iPhone 13ならではの売りを作るためかは不明だが、写真を好みに近い形に仕上げられるのは便利だ。

 以下に掲載したのが、それぞれのフォトグラフスタイルを適用して撮った写真になる。標準でも十分キレイには見えるが、より花の色を派手に見せたいときには「鮮やか」を、クッキリとした濃淡が欲しいときは「リッチなコントラスト」を選んでもいいだろう。また、それぞれのモードで「トーン」と「暖かみ」のパラメーターを手動で調整することも可能だ。唯一の“正解”を出していたこれまでのiPhoneに対し、iPhone 13シリーズは写真にユーザーの好みを反映しやすいというわけだ。

●Proの望遠カメラは3倍までに進化、ディテールを鮮明に写せるマクロ撮影もProならでは

 Proモデルならではのカメラ機能として挙げておきたいのが、3倍の望遠カメラとマクロ撮影だ。iPhone 12 Proは2倍、iPhone 12 Pro Maxは2.5倍だったが、iPhone 13シリーズでは望遠に対応したProモデルの性能は統一され、どちらも望遠カメラの焦点距離は35mm判換算で77mmになった。3倍の望遠になったことで、より遠くの被写体を狙えることに加え、ポートレート撮影時に活用がしやすくなっている。

 ただし、レンズがF2.8とやや暗めになったこともあり、ハードウェアとして望遠カメラが選択されるシーンは限定的だ。屋外の明るい場所では望遠カメラに切り替わるが、室内だと、広角カメラのデジタルズームになることが多かった。もともと、iPhoneのカメラは最適な写真が撮れるようにソフトウェアが判断し、デジタルズームとカメラの切り替えを自動で行っている。レンズが暗めになった結果、望遠カメラの出番は少々減ってしまう可能性もありそうだ。

 もう1つのマクロ撮影は、超広角カメラを使って2cmまで寄った接写ができる機能。と言っても、ユーザーインタフェースにマクロモードの切り替えボタンのようなものはなく、被写体に近づいていくとiPhone側がそれを検知し、自動でマクロモードに切り替わる。マクロモードはカメラがハードウェア的に切り替わっているため、一瞬だけ画角が変わり、被写体の位置がズレるため気付きやすい。切り替わりがやや不自然だが、メニューの中からボタンを探して自らタップするより簡単で、撮影がしやすいのはiPhoneならではだ。

 食べ物や草花を接写し、ディテールを写すのは楽しいが、それ以上にマクロ撮影は実用的だ。メルカリなどのフリマアプリに出品することを考えると分かりやすい。商品に傷があることを伝えたり、逆に特徴的なディテールがあったりしたら、文章で書くより、写真で伝えた方が手っ取り早く、誤解も少なくなる。そのような写真をサッと撮れるのは、iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの魅力だ。

 ブログなどで製品を紹介するようなケースでも、ディテールのアップを撮りやすいカメラは重宝する。筆者は、取材時にスマートフォンのディテールを撮ることが多いが、こうした場面でも活躍しそうだ。仕事に生かしやすい意味では、まさに“プロ用”。製品名にProを冠するだけに、名前負けしないカメラに仕上げてきた印象だ。

●先代から底上げされたパフォーマンス、Proは最大120Hzの「ProMotion」にも対応

 こうしたカメラ機能の多くは、センサーやレンズだけでなく、A15 Bionicの処理能力で実現したものだ。ベンチマークを見ても、性能は先代の「A14 Bionic」から底上げされていることが分かる。ちなみに、iPhone 13シリーズのA15 Bionicは、無印モデルとProモデルでGPUのコア数が異なっている。前者は4コア、後者は5コアで、その分だけProモデルの方が処理能力は高い。実際、Geekbench 5のMetalスコアにも、その差が反映されている。

 加えてProモデル2機種のディスプレイは、最大120Hzの「ProMotion」にも対応している。正直なところ、iOS 15はユーザーインタフェースのアニメーションが滑らかになっていることもあり、普通に操作しているだけだと対応モデルと非対応モデルの違いがほとんど分からないが、ゲームなどの滑らかさを重視するコンテンツを利用するユーザーには重要かもしれない。

 また、ProMotionは表示している映像に応じて、10Hzから120Hzの間でフレームレートが可変する。1秒間に画面を書き換える回数が減れば、その分バッテリーの消費を抑えられる。ProMotionは、滑らかさを体感しづらいユーザーにとっても恩恵がある機能というわけだ。ただし、試用期間中は撮影などをこなさなければならず、普段使いができていない。そのため、バッテリーの持ちがよくなったかどうかまでは断言できないことは付け加えておきたい。

 動画やカメラに多数の新機能が加わり、処理能力も向上したiPhone 13シリーズは、今、選ぶなら最良の端末といえる。カメラのスペックはProモデルの方が上だが、画質の違いはあまり気にする必要はない。どちらも、シャッターを切るだけでキレイに撮れるし、シネマティックモードにも対応している。GPUのコア数は異なるが、処理能力の違いも小さい。基本的には望遠カメラやマクロ撮影の有無と、デザイン、サイズ感、重量などの違いを意識しておけばいいだろう。

 スマートフォンでコンピュテーショナルフォトグラフィーが台頭して以降、ある程度カメラ機能に優れた端末で撮影すれば、誰でもそれなりにキレイな写真が撮れるようになった。拡大して見ても、なかなか違いが分からないという人もいるはずだ。一方で、動画機能にはまだまだ差がある。Dolby Visionに対応したiPhone 12シリーズも、仕上がる動画の美しさに驚きがあったが、シネマティックモードの効果はそれ以上にインパクトが大きく、動画を撮影してみようという気にさせてくれる。半導体を自社設計しているAppleの強みを生かした差別化戦略で、新たな競争軸を打ち出そうとしている意欲も感じる。ぜひ手に取って、その実力を確かめてみてほしい。