KDDIが、auの低価格プランド「povo」の料金プランをリニューアルし、9月29日に「povo2.0」を提供開始した。最大の特徴は基本料金が月額0円からで、用途に応じて「トッピング」プランを追加して使うサービスに変化した点だ。

 この記事では、現在の情報から新しいpovo2.0のプランと、従来のpovoのプランpovo1.0や他社プランと比較してどれだけ変化したのか、どういった使い方が利用料金を安く抑えられるかについて紹介していく。

●基本料0円+6種類のデータトッピングを組み合わせて使う

 povo2.0は「使わない月は0円、使うときだけトッピングを追加して料金を支払う」プランとなった。従来のpovo1.0の「通信容量20GBで月額2728円」というahamo対抗プランとは全く異なるプランへと転換する。なお、オンライン契約とオンラインサポート専用プランという点は変わりない。

 提供されるトッピングはデータ通信だけでも6種類、この他、通話定額やコンテンツなどのトッピングも用意され、利用スタイルに応じたさまざまな使い方を選べる。

 ただ、あまりに自由すぎるがゆえに、どのようにトッピングを選べば安いのか、やや分かりにくいのが難点だ。そこで今回は、代表的な利用スタイルとなるであろう以下の3点に絞ってトッピングの選び方を紹介していく。価格は全て税込み。

・月の通信容量20GB、月額2000円台で利用する

・月の通信容量3GB、月額990円あたりで利用する

・維持費0円、月に数回iPadやモバイルルーターで利用する

 筆者のおすすめは、通信容量3GBで月額990円を中心とした使い方や、維持費0円でiPadやモバイルルーターの利用時に活用するスタイルだ。

●月に通信容量20GB、月額2000円台で利用する

 まずは毎月の通信容量20GB前後で、月額2000円台のプランから見ていこう。ドコモのahamoの投入以降、各社の競争が激しい価格帯だ。主に使うスマホの料金を安くしたいが、キャリアメールや手厚いサポートはそこまで必要ない、という人に人気のプランとなっている。

 この場合、povo2.0で一番シンプルなトッピングは「データ追加20GB(30日間)」(2700円)だ。ただ、このトッピングは他社のプランと比べてあまり安さを感じられない。

 そこで長期間使う予定があるならなら、「まとめ買い」として紹介されている大容量かつ長期間利用可能なトッピングの追加だ。「データ60GB追加(90日間)」(6490円)や「データ150GB追加(150日間)」(1万2980円)なら、一括で数カ月分の料金を支払うことになるがより安い金額で利用可能になる。

 1カ月を30日として簡単に計算した場合、「データ60GB追加(90日間)」を月額換算すると、約2163円×3カ月で20GB利用でき、20GBのトッピングよりも安い。実質90日間の通信容量の繰り越しや前借りが可能な点も魅力だ。「データ追加150GB(180日間)」も、約6カ月間にわたって約2163円で25GB前後使えるので安い。従来のpovo1.0と比べると、一括払いの負担が気にならなければ安価に利用できるプランとなっている。

 さらに、動画視聴などで通信容量を多く使う日は、povo1.0と比べて少し高くなったが「データ使い放題(24時間)」(330円)を追加して通信容量の消費を防ぐこともできる。

 注意点として、この通信容量20GB前後で2000円台のプランは、現在同じKDDIのUQ mobileやソフトバンクのY!mobileがプランを改定して安価に利用できるようになっている。各種割引を適用すれば、通信容量20GBを月額2090円とpovo2.0とほぼ同じ金額で利用可能だ。

 さらに、この2ブランドはiPhoneなどスマホの店頭販売や対面サポートを提供するなど、初心者向けのサービスが充実している。スマホに詳しい人ならpovo2.0を選んでもいいが、そうでないならUQ mobileやY!mobileをチェックした方が無難だ。特にau契約者で「au スマートバリュー」対応の光回線を契約している人が移行先を探している場合は、「自宅セット割」で割引を受けられるUQ mobileの方が使いやすいだろう。

 では、もう少し通信容量や利用料金を抑えたい場合はどうか。

●月の通信容量3GB、月額990円程度で利用する

 スマホ代をとにかく安くしたい人や、スマホを2台持った際の2台目で契約するのに最適なのが「データ3GB追加(3日間)」(990円)のトッピングを中心とした利用だ。

 LINEMOやMVNO各社の他、UQ mobileやY!mobileにも通信容量3GBで月額990円のプランは存在する。だが、これらは月の途中で3GBの通信容量を使い切ると割高なデータ追加オプションを利用するか、低速に制限された通信速度で使い続けるしかないものが多い。大容量プランへ変更するにしても翌月からの適用となる。

 だがpovo2.0は月額プランではなく自由にトッピングを追加して使うサービスなので、月の途中に通信容量が足りなくなっても、安く通信容量を追加できるのが強みだ。

 例えば、まだ通信容量3GBを使い切っていないが、今日はどうしても外出先でライブ配信を見る予定があり通信容量を消費してしまうことが分かっている場合だ。そのときはデータ使い放題(24時間)を契約すればいい。通信容量3GBを温存したまま、24時間以内に使える通信容量が無制限になる。

 もし通信容量がなくなった場合は、データ追加3GB(30日間)を追加するだけでいい。これから何日か通信容量が増えそうならデータ追加20GB(30日間)など大容量のプランを選んでもいいだろう。追加したトッピングの通信容量は、有効期間の間使い続けられる。一般的な月額プランと違い、個人の利用スタイルやスケジュールに合わせて柔軟に選択できる。

 スマホをとにかく安く使いたいが、出張や旅行などで通信量が変動しやすく通信容量をやりくりしたい人には人はもちろん、コロナ禍でテレワークやリモートワークが中心になり、通信容量を余らせがちな人にとっても便利なプランだ。

●維持費0円、月に数回iPadやモバイルルーターで利用する

 普段からモバイル機器を使いこなしている人にとってもっとも魅力的なのが、iPadなどのタブレットやモバイルルーターなどで使いやすい「基本料金0円」とデータ使い放題(24時間)の組み合わせだ。

 毎月の基本料金は0円で、使いたい日にデータ使い放題(24時間)を支払えば5G対応の高速データ通信が使い放題になる。月に数日の利用なら1000円前後で快適に使えるだろう。時々のデータ通信のためだけに、毎月数千円の基本料金を支払わずに済むのはうれしい。

 現在は楽天モバイルの1回線目が維持費0円かつ、月額上限3278円の通信容量無制限ということでデータ通信用途に契約している人もいるだろう。もし、毎日データ通信端末を持ち歩いているなら、楽天モバイルは安価に使える。

 だが、月に数日だけの利用や、都市部など楽天モバイルのサポートエリア提供が終了した地域での安定した接続や5G Sub-6を含む高速通信を求めるなら、povo2.0の方が魅力的といえる。

 注意点として、povo2.0は180日間以上有料トッピングの購入がない、または通話やSMSなどで660円を超える利用がない場合、利用停止、契約解除となることがある。とはいえ、180日以内に何度か有料トッピングを使っているなら問題にはならないだろう。

●仕切り直しの「povo2.0」、auと差別化した独自サービスに期待

 今回大きくプラン内容を変更した「povo2.0」だが、もともとpovoは2020年10月にKDDIが発表した、KDDI Digital LifeとCircles Asiaの協業による、オンライン契約で料金プランを自由にカスタマイズできるサービスの開発という下地があった。

 実際には2020年11月の菅政権の発足以後、通信容量20GBの低価格プラン投入への圧力やドコモのahamoへの対抗もあってpovo1.0が提供されたが、今回のpovo2.0でもともと想定していた路線に戻ったともいえる。

 povo2.0は、海外渡航機関や遠洋航海で日本国内にいる期間が少ない人や、トッピングの「DAZN使い放題パック(7日間)」(760円)などコンテンツ契約目当ての人にとっても魅力的なプランとなるだろう。

 povo2.0ならではの特徴として、対象店舗やサービスの利用で通信容量をもらえる「#ギガ活」や、キャンペーンとしてスタートアップサービスと提携してpovoのブランドアイテムを見つけると通信容量をもらえる「FIND povo」もある。サービス利用で通信容量をもらうという点は、従来の各社サービスでも見られたものでそこまで驚きはない。

 だが、povoと都市部の「スマートライフを引っ張るスタートアップ」との連携という枠組みは、若い世代や新しいサービスを好む都市部のユーザーにとっては魅力的なのではという印象を受けた。povoには料金プランだけでなく、現在のauとは異なる新しいサービスやブランド価値の創出も期待したいところだ。