米Microsoftは9月22日(現地時間)、Surfaceブランドの新製品発表イベントで、2画面式の折りたたみスマートフォン「Surface Duo 2」を発表した。昨年発売した「Surface Duo」の後継モデル。米国での販売価格は1499.99ドル(約16万4000円)からで同日予約開始、10月21日の発売。日本での価格はまだ公表されておらず、発売は「2022年前半の予定」となっている。

 先代との最大の違いは、アウトカメラを搭載したこと。ディスプレイ側のインカメラの解像度も上がった。インカメラは1200万画素シングル、アウトカメラは1200万画素の広角、1200万画素のテレフォト、1600万画素の超広角のトリプルだ。光学式手ブレ補正機能も搭載する。

 本体カラーは「Glacier」(白)に新たに「Obsidian」(黒)が加わる。

 ヒンジで接続された2つのディスプレイサイズも少し大きくなり、5.8型(1344×1892ピクセル)で、開いた状態の2枚の対角線は8.3インチ。いずれもリフレッシュレートは90Hzだ。

 閉じた状態でヒンジの間から見える「Glance Bar」で、音量、充電状態、設定した通知アイコンなどが表示される。

 プロセッサは米Qualcommの「Snapdragon 888」。5GとNFCをサポートする、バッテリーは4449mAh(デュアル)で高速充電対応だが、無線充電には非対応。

 Surfaceペンシリーズでのペン入力をサポートし、同時発表の「Surface Slim Pen 2」を本体の外側にマグネットで貼り付けることもできる。

 Microsoftのデモでは、見開きを1画面として使うというより、2画面でのマルチタスクを想定しているようだった。一部のゲームアプリでは、1画面をディスプレイに、もう1画面をコントローラーとして使える。Androidのバージョンは11。

 メモリは8GB、ストレージは128GB/256GB/512GB。サイズは開いた状態で145.2×184.5×5.5mm、閉じた状態では145.2×92.1×11.0mmで重さは284g。閉じた状態で先代より1.1mm厚くなり、34g重くなった。