キングソフトは9月30日、クラウドベースのオフィススイート「WPS Docs」の提供を開始した。Webベースで利用できる無料版(広告表示あり)と、「WPS Office」のデスクトップアプリも利用できる有料版(広告表示なし)が用意されており、有料版のライセンス料金(税込み)は1年間で4650円、または6カ月間で2520円となる。

●WPS Docsの概要

 WPS Docsは、WPS Officeのクラウド版で、時間、場所やアクセス方法を問わず利用できることが特徴だ。クラウドストレージを利用してドキュメントを複数のユーザーで共同/同時編集することも可能だ。

 対応するプラットフォームは以下の通り。

・Windows(Windows 8.1以降)(※1)

・Mac(macOS 10.12以降)(※1)

・Androidスマートフォン/タブレット(Android 5.0以降)

・iPhone/iPad(iOS/iPadOS 12.0以降)

(※1)有料版でデスクトップアプリをインストールする場合は、ストレージに1.5GB以上の空き容量が必要

 ファイルの保存や共有に利用するクラウドストレージは、無料版で1GB、有料版で20GBを利用できる。利用に当たってはアカウントの作成が必要だが、以下のWebサービスのアカウントを持っている場合は、それを利用したログインにも対応する。

・Google

・Apple ID

・LINE

・Facebook

・Twitter

・Dropbox

・WeChat

 編集/閲覧に対応するドキュメントは以下の通り。

・.docx(Wordドキュメント)

・.xlsx(Excelシート)

・.pptx(PowerPointプレゼンテーション)

・.pdf(PDFファイル、※2)

(※2)編集は、有料版でデスクトップアプリを利用した場合のみ可能