NTTドコモは10月6日、2021年冬商戦と2022年春商戦向けの新端末を発表した。新端末は全て5Gに対応しており、既に発表済みのものを含めるとハイスペックスマートフォンが3モデル、スタンダード(ミドルレンジ)スマートフォンが3モデル、シニア層を想定したスマートフォンが2モデル用意されている。さらに、メーカーブランド製品としてノートPCを1モデル販売する。

●ハイスペックスマートフォン

 ハイスペックスマホは全モデルが先行発表済みで、うち2機種は発売済みである。

・Galaxy Z Flip3 5G SC-54B(サムスン電子製、発売済み)

・Galaxy Z Fold3 5G SC-55B(サムスン電子製、発売済み)

・Xperia 5 III SO-52B(ソニー製、11月中旬以降発売予定)

 ミリ波(28GHz帯)の5Gエリアにも対応するのは、Galaxy Z Fold3 5Gのみとなる。残り2機種はSub-6(3.7GHz/4.5GHz帯)の5Gエリアに対応する。

●スタンダードスマートフォン

 スタンダードスマートフォンは、3機種のうち2機種が先行発表済みだ。

・AQUOS sense6 SH-54B(シャープ製、11月中旬以降発売予定)

・arrows We F-51B(FCNT製、12月上旬以降発売予定)

・Galaxy A22 5G SC-56B(サムスン電子製、12月中旬以降発売予定)

 いずれもSub-6の5Gエリアに対応する。AQUOS sense6とarrows Weにはドコモオンラインショップ限定色もある。

●らくらくスマートフォン/あんしんスマホ

 シニア層を想定したスマートフォンは2機種が投入される。

・らくらくスマートフォン F-52B(FCNT製、2022年2月以降発売予定)

・あんしんスマホ KY-51B(京セラ製、2022年2月以降発売予定)

 いずれもSub-6の5Gエリアに対応する。京セラのドコモ向け端末は、2018年11月に発売された「カードケータイ KY-01L」以来約3年ぶりで、スマホは初となる。

●5G通信対応ノートPC

 5G通信に対応するノートPCとして、レノボ製ノートPC「ThinkPad X1 Nano」の5G通信対応モデルが投入される。ドコモでは法人向けに5G/LTE通信に対応するノートPCの販売を行っているが、個人向けにも販売するのは今回が初めてとなる。

・ThinkPad X1 Nano(レノボ製、10月6日発売)

 なお、ThinkPad X1 Nanoはメーカーブランド端末という扱いとなる。そのため、故障/修理時の対応はレノボ・ジャパンが行う。同社が提供する拡張サポートサービスにも加入できる。

 購入(契約)はドコモオンラインショップの他、全国のドコモショップ、主要な家電量販店で受け付ける。「いつでもカエドキプログラム」を含むドコモの分割払いでの購入にも対応するという。ただし、店舗では取り寄せ対応(事前予約をした上での購入)となる。