9月にリリースされたiOS 15では「Safari」のデザインが大きく刷新されている。読者の中にも、既にOSアップデートを行い、タブの位置が下部に変わったことに気づいた方は多いのではないだろうか。しかし、その他の追加機能については、一見しただけでは把握しにくいものも多い印象だ。そこで本稿では、iOS 15のSafariでアップデートされた機能を改めて整理する。

●検索フィールドの位置が画面下に

 冒頭でも述べた通り、Safariを起動した際に最初に気付くのが、この「検索フィールド」(いわゆるアドレスバー)の位置が下部へ移動したことだ。「iPhone 13 Pro Max」のような大型の端末でも片手で操作しやすくなった。

 また、このアドレスバーを左右にスワイプすることで、開いているタブを切り替える操作が可能。アドレスバーを上にスワイプアップしてホールドすることで、タブの一覧画面を表示することもできる。

 このタブの一覧画面についても、全てのタブが同サイズに並ぶグリッド表示のようなデザインに変わった。なお、このタブはドラッグアンドドロップ操作や複数選択にも対応しており、アプリ間を隔てた貼り付け操作などが容易に行える。例えば、タブA、B、Cのリンクをまとめてメモやメッセージに添付するといった操作が可能だ。

 ちなみに、検索フィールドの位置を従来通り画面上部に戻したいという場合には、設定操作で変更できるので、操作方法を知っておこう。具体的には、「設定」アプリ内の「Safari」から「タブ」の欄にある「タブバー」(下に表示)と「シングルタブ」(上に表示)の選択を切り替えればよい。同画面では、横向き表示の際に、タブバーを表示するかどうかも選べる。

●グループごとにタブの管理が可能に

 iOS 15のSafariでは、任意に作成したカテゴリーごとにタブを整理できる「タブグループ」という機能が追加されている。タブグループを作成するには、タブの一覧画面を表示した状態で、下部に表示される「〜個のタブ」という部分をタップ(既にタブグループを選択している場合にはその名称が表示される)。次画面で「空の新規タブグループ」または「〜個のタブから新規タブグループを作成」を選択することで、タブグループを作成できる。名称は任意に入力できる。

 なお、不要になったタブグループは、同画面で左にスワイプすることで、編集または削除の操作が行える。

 特定のタブグループを選んだ状態で、タブを開くとそのタブグループ内に表示される。当然、他のタブグループには表示されない。例えば、仕事の調べ物で使う情報や、プライベートでの調べ物などを分けておくことができるわけだ。タブを開きっぱなしにしておき、後から再び閲覧したいという場合でも、情報を混ざらせずに済む。

 関連したところでは、「プライベートブラウズ」の機能もタブグループの一覧画面にある「プライベート」を選ぶことで有効にできるようになっている。機能自体が以前から大きく変化したわけではないが、どこから使うのか分からない、とならないよう覚えておきたい。ちなみに、プライベートタブでのグループ分けはできない。

●スタートページをカスタマイズ可能に

 新規タブを開いた際に表示される「スタートページ」をカスタマイズできるようになったこともトピックだ。背景や表示される内容などを変更できる。

 具体的な手順としては、「+」をタップした後、画面をスクロールして最下部に表示される「編集」をタップする。同画面に表示されるスイッチのオン・オンを切り替えることで、表示される内容を選択できる。また、項目ごとの右端に表示されるアイコンをドラッグすることで、表示順序の並び替えも可能だ。

 同様に、背景イメージも変更できる。これはプリセットから選べる他、「+」から端末に保存した写真を選択することもできる。

 ちなみに、最上部にある「スタートページをすべてのデバイスで使用」のスイッチをオンにしておくと、Safariのスタートページの外観がiCloudを通じて他のデバイスにも同期されるようになる。iPhoneのスタート画面のみをカスタマイズをしたい場合には、ここをオフにしておこう。

●音声検索をより素早く使えるように

 最後に、iOS 15では、検索フィールド上の右端にマイクのアイコンが表示されるようになったことにも触れておきたい。このアイコンをタップすることで、素早く音声検索を行える。従来も音声入力自体は可能だったが、検索フィールドを一度タップしてソフトウェアキーボードを表示させてからの操作だったので、ワンステップ省略された形だ。

 例えば、「明日の東京の天気は?」と音声入力すると、東京の天気予報が表示され、タップすると「天気」アプリで詳細を確認できた。また、尋ねる内容によっては提案が表示されず、例えば「iOS 15」で検索すると、iOS 15の検索結果が表示されることもあった。

 iOS 15のSafariを使い始めて、画面下部のタブバーに違和感を覚える人もいるだろうが、タブバーやタブグループといった機能は慣れれば確かに便利な機能だ。素早い音声入力と合わせ、効率的な検索ができるように、各新機能の操作方法には早めに慣れておきたい。