KDDI、徳島バス、ジェノバ、アクアビットスパイラルズは10月15日、高精度位置情報を活用したバスの運賃支払いに関する実証実験を開始した。区間は徳島バスの鳴門郵便局前バス停から鳴門公園バス停で、期間は2022年1月31日まで。

 高精度GNSS測位で取得したバスの位置情報と、ユーザーがバスの乗降車時に車内へ設置されているNFCプレートへかざしたスマートフォンの情報を組み合わせ、乗降車したバス停をクラウド上で判定して運賃を自動計算。バスの運賃は事前に登録したクレジットカードで支払えるため、キャッシュレスでのバス運賃支払いが可能となる。交通系ICカードと比べて初期導入コストや維持コストが抑えられ、アフターコロナを見据えたキャッシュレス化への課題解決に貢献できるとしている。

 本実験は、KDDIら7団体が徳島県鳴門市の鳴門公園を中心とした観光エリアで行う観光型MaaS「くるくるなるとデジタル周遊チケット」で行う「バス スマホタッチ支払い」の一環。JR四国線や徳島バス/徳島市バスの路線バスが利用可能区間で乗り放題になるデジタルフリーパス「JR・徳島バス フリーパス」、11カ所の観光施設のデジタルチケットを購入できる「なると観光チケット」を提供し、ANAアプリやANAWebサイト内の「空港アクセスナビ」からも各種サービスを利用できる。