韓国Samsung Electronicsは10月20日(現地時間)、オンラインイベント「Galaxy Unpacked Part 2」で、8月に発売した「Galaxy Z Flip3」(以下、「Flip3」)の「Bespoke Edition」を発表した。49種類の色の組み合わせから選んだボディカラーのFlip3を購入できる。まずは韓、米、英、独、仏、加、豪で同日提供を開始する。日本での提供の予定についてはまだ不明だ。

 Flip3は、広げると6.7型になるフォルダブルスマートフォン。日本で販売するモデルのボディカラーは「クリーム」と「ファントムブラック」のみだが、地域によってはグリーン、ラベンダー、グレー、ホワイト、ピンクなども提供している。販売価格は、ドコモ向けモデル「Galaxy Z Fold3 5G SC-54B」のドコモオンラインショップでは14万8896円だ。

 Bespoke(オーダーメイドという意味) Editionは、カバー部分のBlue、Yellow、Pink、White、Blackの4色と、フレームの黒か銀かを好みで組み合わせられる。価格は一般モデルより100ドル高い。

 Bespoke Editionの端末の壁紙やカバースクリーンは、選んだボディカラーと一致する特別版になる。

 Bespoke EditionのFlip3はBespoke Upgrade Careで何度でもデザインを変更できる(有償)。

 また、9月に発売した「Galaxy Watch4」のカスタマイズサービス「Galaxy Watch4 Bespoke Studio」も発表した。こちらもケースやストラップの色をカスタマイズできるとしている(詳細はまだ不明)。