大日本印刷(DNP)は、11月1日にApple Pay対応を支援するクラウドサービス「DNP電子マネーエミュレーションサーバ」を提供開始した。

 本サービスを事業者が導入すれば、発行済みのICカード(電子マネー)をiPhoneやApple Watchで利用可能に。Apple ウォレット内へのバーチャルカードの発行、チャージ(入金)機能、カード情報更新や参照機能、事業者の管理利用登録機能などへの対応に必要なシステム連携が容易に行える。

 電子マネーのApple Pay対応に必要なサポート体制を提供し、費用は初期導入費用のほか月額固定費用+従量課金。また、本サービスは2021年10月21日に開始した電子マネー「WAON」のApple Pay対応で採用されている。