ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2021年10月25日から2021年10月31日までの1週間について集計し、まとめました。

 今回の集計期間においてアクセス数の1位となったのは、ドコモオンラインショップにおける「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の販売価格が値下げされることを伝える記事でした。

 ここ最近、家電量販店やキャリアショップをのぞいてみると「iPhone SE(第2世代)」のセール目立っています。前回のランキングでは、そのことを伝える記事がアクセス数の1位となりました。

 iPhone SE(第2世代)に加えて、直近ではiPhone 12やiPhone 12 mini(特に後者)のセールもよく見かけるようになってきました。iPhoneはいわゆるスペックを下げた「廉価モデル」を出すのではなく、「旧モデルを値下げして継続販売」あるいは「過去モデルをベースにスペックを最新にした廉価モデル」を投入して価格面でのバリエーションを付けています。iPhoneはOS(iOS)も長期間に渡ってアップグレードしてくれるので、いわゆる「型落ちモデル」であっても安心して使えるというメリットがあります。

 「iPhoneを買い換えたいけど、ちょっと価格がなぁ……」という人は、Apple Storeの実店舗でキャリア契約とひも付けて買う方法と合わせて検討してみましょう。

 アクセス数の第6位は、Xiaomi(シャオミ)が11月5日に発売した「Xiaomi 11T」「Xiaomi 11T Pro」の狙いを担当者に聞いた記事でした。

 日本への進出以来、Xiaomiはミドルレンジモデルを中心に販売してきましたが、今回投入されるXiaomi 11TはDimesity 1200-Ultra、11T ProはSnapdragon 888を搭載するハイエンドモデルです。とりわけ、11T Proは日本向けモデル限定でおサイフケータイ(モバイルFeliCa)も搭載しています。

 Xiaomiを含めて、中国の端末メーカーはまずミドルレンジスマホで足場をしっかりと固めて、そこからハイエンドスマホを投入しています。メーカーの“力量”を見るにはハイエンドが一番……と言いたい所なのですが、一番の売れ筋となるミドルレンジモデルこそが、実は主戦場だったりします。要するに手頃な価格で使いやすいスマホを作れるメーカーこそが成功しやすいのです。

 Xiaomiのミドルレンジスマホは、主にSIMロックフリーモデルとして受け入れられ、auやソフトバンクでもキャリアモデルとして採用されました。ある意味で満を持してのハイエンド投入といえます。売れ行きや購入者の評価がどうなるのか、注目しています。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2021年10月25日〜2021年10月31日

1. ドコモオンラインショップ、11月4日以降にiPhone 12/12 miniを値下げ

2. Xiaomiが本気で作ったタブレット「Xiaomi Pad 5」のPro版と無印版を比較

3. ドコモ、11月1日以降に「Galaxy A51 5G」など3機種の割引を変更

4. OCN モバイル ONEがドコモの「エコノミーMVNO」に参入し、500MBプランを提供する狙いは?

5. 10%〜20%還元が目白押し 「超PayPay祭」主な割引内容まとめ

6. フラグシップでも価格破壊を 「Xiaomi 11T/11T Pro」日本投入の狙い

7. iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?

8. Y!mobile公式オンラインストア、機種変更の割引額を増額 最大2万1600円に

9. 楽天モバイル矢澤副社長、KDDIローミングの終了は「顧客獲得の面でもプラスになる」

10. ディーフ、特殊樹脂「G10」を採用したXperia 5 III用バンパーを11月下旬に発売