10月15日に発売された「Apple Watch Series 7」。従来モデルと比べ、デザイン変更もありつつ使い勝手が良くなっているなど、順当な進化を遂げた一台だ。今回はアップデートされたポイントをおさらいしつつ、実際に使ってみた印象をまとめた。

●見た目はそこまで変わっていないが……

 Apple Watch Series 7における最も印象的な変更は、ディスプレイの大型化だ。ベゼルが1.7mmまで薄くなり、表示領域が最大限拡張されている。前世代の「Series 6」や今も併売されている「SE」と比べれば表示領域は20%大きくなった。さらに廉価な「Series 3」と比べれば、50%以上広くなっている。

 一方で、ケースサイズの拡大は最小限にとどめられている。従来のラインアップと比べれば仕様上の数値は1mm大きくなっただけで、「41mmモデル」と「45mmモデル」の2モデルを選択できる。実際に装着してみると、ケースサイズが1mm増えたと言われてもじっくり比較してみなければ分からないくらいの差だった。

 デザインは、ケースの仕上げに新色が追加されたことが主な特徴だ。前提として、Apple Watchのカラーバリエーションは本体の素材によって異なる。前世代「Series 6」ではアルミニウムケースでは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」「ブルー」「(PRODUCT)RED」の5色、ステンレススチールケースでは「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」の3色、チタニウムケースでは「チタニウム」「スペースブラック」の2色が展開されていた。

 これがSeries 7では、アルミニウムモデルの仕上げが「ミッドナイト」「スターライト」「グリーン」「ブルー」「(PRODUCT)RED」の5色に変わっている。一方でステンレススチールの「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」や、チタニウムケースの「チタニウム」「スペースブラック」というラインアップは名称を見る限り、従来と共通しているようだ。

 今回試用したのは、新色「グリーン」のアルミニウムケース。実物を見てみると「緑茶」や「竹」を想起させるような深みのある緑色で、光の具合によっては黒と見まごうほど落ち着いた色合いだった。バンドの組み合わせにもよるだろうが、ビジネスシーンや冠婚葬祭でも悪目立ちせず身につけやすい色味だと思う。

 本体の仕様は、シリーズ初となる防塵(じん)性能をサポートしたことが魅力。従来モデルと同じく防水性能はサポートしているので、海水浴やサーフィンのようなラフな状況で使っていたというユーザーは多いだろうが、今モデルからは細かい砂の多いビーチでの海水浴やスポーツ、過酷なアウトドアシーンなどでもより安心して使えるようになるはずだ。

●広くなったディスプレイの使い勝手はどうか?

 新しいディスプレイは先述の通り、ケースの端ギリギリまで表示領域が拡張されている。これを生かすために、文字盤によってはデザインが最適化されている印象を受けた。例えば以前からあった「メリディアン」文字盤では、インデックス(時刻や秒数を数えるための周囲の目盛り)がひと回り端へと広がったことで、より本体と文字盤がなじんだ印象を受けた。

 なお、watchOS 8で新しい文字盤がいくつか追加されたが、Series 7のみで使えるのが「輪郭」文字盤だ。崩したデザインの数字がインデックスとして周囲を囲むようになっており、画面タップによって、ぐにゃりと動くアニメーションが起動する。常時表示にも対応しているので、Series 7購入時にはぜひ試したい文字盤の1つだ。

 表示領域の広さはアプリの画面を起動した際や、通知の見やすさにも良い影響を与える。ただ、既にSeries 4以降のコーナーが丸くカットされたディスプレイを使ってきた人にとっては、そこまで大きな体験の差はないと思う。その一方でSeries 3以前のモデルから乗り換える場合には、感動的な体験になるのは間違いない。

 歓迎すべきは、従来よりも大きなフォント表示に対応したことだろう。3サイズのバリエーションが増えていて、ウォッチの「設定」アプリを起動し、「画面表示と明るさ」の項目内にある「テキストサイズ」から調整が可能だ。

●ソフトウェアキーボードにも対応

 メッセージアプリの返信などで、英語と中国語のみだがソフトウェアキーボード入力に対応したことも見逃せない。ディスプレイ拡張の恩恵が最も大きいのがここではないか、と筆者は思う。これまでは音声入力しか使えなかったため、細かい文字入力ができなかったからだ。

 「ソフトウェアキーボード入力の方が便利」とは決して言わないが、Apple Watchで正確なメッセージを送れるという選択肢が出てきたことを歓迎したい。ただし、日本語は相変わらず音声入力がメインのままだ。将来的に平仮名や片仮名入力だけでもソフトウェアキーボード入力が対応してくれれば、大画面の恩恵をより感じられるようになるだろう。

 筆者は、ディスプレイが縁ギリギリまで広がったことで「くつろいでいるようなタイミングでうっかり誤操作してしまうのでは?」という心配もひそかにしていた。これは過去のソフトウェアアップデートで、常時表示中にもスリープ復帰を介さずにコントロールセンターや通知センターが直接起動できるようになっていたからだ。しかし数週間試用している範囲では、致命的な誤操作はなかったため、無用の心配だった。

●充電の速さは大きな魅力

 筆者が試用している際に最もうれしかったポイントは、充電の速さだ。

 バッテリー持続時間は前モデルと比べても変化していないものの、充電が完了するまでの時間が速くなったことで、就寝時の睡眠の計測や早朝、夕方のちょっとしたワークアウト(運動)なども行いやすくなったと感じる。

 公式サイトの表記を確認すると、「Series 7でApple製の20W充電器と純正ケーブルを使った場合に、Series 6で5W充電器と純正ケーブルを使った場合より最大33%早く充電できた」という旨が注釈にて記されている。そこで充電にBelkin製の27W充電器と、Apple Watch Series 7用の純正充電ケーブルを組み合わせて使用した(製品に付属するのはケーブルのみで、充電器は付属しないため)。

 実際に充電をしてみたところ、バッテリー残量44%から30分充電すると92%まで回復した(+48%)。また、残量78%から15分充電すると93%まで回復した(+15%)。

 筆者は8〜9時ごろからApple Watch Series 7を装着し続け、睡眠時の計測もした状態で翌朝を迎えると、バッテリー残量はおよそ40〜45%になることが多い(メリディアン文字盤で常時表示を使用、屋外ウオーキングを1時間行っている)。この使用条件では、17時以降にバッテリー残量が75%程度になることが多い。

 要するに、毎日の継続利用を前提とした場合、朝起きてから30分強充電できればバッテリーをほぼ満タンにできるし、17時ごろの帰宅後に長距離のランニングを想定するなら15分の充電でより十分なバッテリー残量を確保できるというわけだ。なお、バッテリーの消費量はワークアウトの頻度や使用アプリなど、運用方法によっても大きく数値が変わる。前述の数値はあくまでも参考程度に考えてほしい。

 過去のApple Watchシリーズはバッテリー持続時間が短めで、睡眠時の計測や、帰宅後のワークアウトに向かないことなどが弱点だったと思う。しかし世代を経てバッテリー容量が改善され、さらに今回の世代で充電速度が大きく向上したことによって、弱点はほぼ克服されたと思っていいだろう。

●今購入するならSeries 7だ

 Apple Watch Series 7の最低価格は、「GPSモデル」が4万8800円(税込み、以下同)、モバイル通信に対応する「GPS+Cellularモデル」が6万800円。より安価で3万2800円〜の「SE」や2万2800円〜の「Series 3」も併売されてはいるが、このタイミングで購入するならば、筆者としてはハードウェア的にもメリットが多く、使い勝手もよい「Series 7」をオススメしたい。