5G対応iPhoneの2世代目となるiPhone 13シリーズの中で最も小さく低価格な「iPhone 13 mini」。継続的な性能向上はありつつも、全体としては小幅な強化にとどまっている。前モデル「iPhone 12 mini」を使い込んだ筆者が、細かな違いを探ってみた。

 一見して13 miniは前モデルのiPhone 12 miniからどこが変わったのかは分かりづらい。その中で、最も違いが顕著な部分は背面カメラだ。

 12世代では「iPhone 12 Pro Max」だけが備えていたセンサーシフト式手ブレ補正を備えるなど、ハードウェアの性能も大きく向上している。加えてバッテリーの持続時間も前モデルより向上している。以下で外観、カメラ、バッテリー持続時間の順に詳しく比較していこう。なお、価格は全て税込み。

●iPhone 12 miniよりわずかに厚い

 2020年秋の発表時点で、iPhone 12 miniは5Gスマートフォンとしては世界最薄・最軽量であるとAppleはうたっていたが、その記録は現在も破られてはいない。

 13 miniはそんな前モデルと比べると、わずかに厚く、重くなっている。それでも重さ約140gで、世界で2番目に軽量な5Gスマートフォンといえる。

 厚さの違いは持って比べなければ分からないレベルだ。12 miniは厚さ7.4mm、13 miniは厚さ7.7mmで、その差は0.3mmとなっている。この差が原因で、12 miniの純正ケースは13 miniでは装着できなくなっていることに注意したい。

 見た目で分かる大きな違いはアウトカメラの形状だ。デュアルカメラのレンズは明らかに大きくなり、確かな存在感を放っている。カメラ周辺部の出っ張りの高さも増しているため、13 miniをテーブルに置くと、2度ほど手前向きに傾いた状態で安定する。

●ステータスバーのアイコンが大きく変更

 前面の大きさは131.5(高さ)×64.2(横幅)mmで、形状は角の曲率も含めて全く同じだ。ただし、インカメラやFace IDのセンサーが収められたノッチ部分はわずかに形状が異なっている。

 iPhone 13シリーズのノッチは、Appleによれば20%横幅を縮小したという。筆者が実機で測ってみたところ、12 miniのノッチは横幅が約34.5mm、13 miniは約26.5mmと、実際に約20%減少していた(−6.9mm)。一方で縦幅は12 miniの約4.8mmからわずかに増しており、13 miniでは約5.1mmだった。

 ノッチのサイズはiPhone 13シリーズ全機種で共通だが、特に横幅の狭い13 miniでは縮小効果が大きい。12 miniでは狭い隙間にギュッと押し込まれていたアイコンたちが大きくなり、すっきりとバランスよく並んだような印象を受ける。

 ノッチの高さが増したことは大した影響はないと感じた。上部はステータスバーの表示領域として確保されているため、標準Webブラウザの「Safari」を含む、ほとんどのアプリで表示できる面積は変わっていない。

 ディスプレイ自体のスペックに大きな違いはなく、どちらも「Super Retina XDRディスプレイ」と名付けられた有機ELディスプレイを搭載する。Display P3規格の広色域表示をサポートし、HDR10やDolby Visionに対応する。

 ただし、通常時の最大輝度が13 miniは800ニトに向上している(12 miniは最大625ニト)。動画を見ると、13 miniは赤色の発色がよく、肌の色がより引き立って見える印象だ(なお、ディスプレイは供給元によって個体差があり、製品それぞれで品質に差がある可能性もある)。

●つい動画で撮りたくなる「シネマティックモード」が楽しい

 iPhone 13 miniで特に顕著な進化を感じたのはカメラの写りだった。処理能力の向上による画質向上に加えて、12世代ではProモデル限定だったセンサーシフト式の光学式手ブレ補正に対応したのが大きい。12シリーズのカメラ性能は上位モデルの12 Pro/Pro Maxとの差が大きかったが、13世代になって大きく差を縮めた印象だ。

 カメラの進化は、特に明暗差があるシーンにおいて分かりやすくなる。iPhone 13で夜景を撮ると「この小さい本体でここまで明るく撮れるのか」と驚かされる。静止画では「フォトグラフスタイル」という新機能も搭載し、写真の撮影時に色合いやトーンなどを調整することも可能だ。

 ただ、13 miniは上位モデルに近い機能を備えているが、13 Pro/Pro Maxには及ばない部分もある。それが「望遠レンズ」と「マクロモード」だ。ただ、街撮りや人を撮ることがほとんどなら、この2つがなくても不自由は感じないだろう。

 iPhone 13シリーズを積極的に選ぶ理由になると感じたのが、動画撮影の「シネマティックモード」だ。これは映画のような映像効果を加えた動画を簡単に撮影できるモードで、13 miniを含むiPhone 13シリーズ全機種が対応する。

 この機能については荻窪圭氏によるレビューが詳しいため、ここでは深く紹介しないが、「使ってみると楽しさが分かる」タイプの機能であることは間違いない。

・iPhone 13シリーズの「シネマティックモード」が予想以上に面白かったのである

 被写体は何でもいい。とにかく撮影画面上をタップすると、ふんわりとしたボケを加えたショートクリップが撮れる。操作は簡単。ボケ効果をかける被写体は後から編集できるので、作りこんでいくのも面白い。

 筆者は日常的にスマホで写真を撮る習慣がついてしまっているが、動画は編集や管理が面倒だからと、これまであまり撮影していなかった。ただ、シネマティックモードくらいの気軽さと見栄えなら、日常的に使ってみようかと思ってしまったほど、この機能は気に入っている。

 なお、シネマティックモードは撮影中の画角の変更やズームができない。2眼カメラのiPhone 13/13 miniでは、標準画角のみという制約がある。Proモデルは標準画角と3倍ズームの望遠カメラの2つの画角から選んで撮影できる。

 13 miniは画角を選べない制約があるものの、軽いためにポケットのような小さなスペースにも忍ばせておけるので、機動性の高さでは有利だと思っている。

●バッテリー持続時間の強化はあまり感じない

 iPhone 13 miniは、12 miniと比べるとバッテリー容量が増している。Apple公式の仕様紹介によると12 miniは「最大15時間のビデオ再生」、そして13 miniは「最大17時間のビデオ再生」に対応するという。

 何ともイメージしづらい書き方だが、筆者が実際に利用した場面において、あまり差を感じることはなかった。これには、そもそも筆者は前機種の12 miniについても、バッテリー持続時間が悪いとは思っていなかったという事情がある。

 筆者は仕事柄、iPhoneもAndroidも最新機種に触れる機会が多いが、その比較においても、iOSはバッテリー管理では秀でていると感じている。そして12 miniはコンパクトスマホという立場上、動画を長時間見たり、ゲームをガンガン遊んだりするよりも、音声通話やSNS、テザリングで使う機会の方が多かったからだ。

 そこで今回この原稿を書くにあたって、12 miniと13 miniの両機種でバッテリー持続時間を検証してみた。検証内容はシンプルで、Netflixのシリーズものをひたすら再生する内容だ。検証では同じようにアプリをインストールしたiPhoneを用いて、画面輝度や音量もそろえて5時間ほど再生し続けてみた。

 12 miniは、筆者が1年使っていた端末で検証したため、もともとバッテリーの劣化が進んでいる。iPhoneの設定アプリから確認できる情報によると、バッテリー性能は最大容量の96%まで低下していた。

 その12 miniでNetflixを5時間流し続けたところ、バッテリー残量は100%から45%まで低下した。ずっと動画を見続けるならともかく、小まめに画面オン・オフするならここから半日弱は使えそうだ。

 対して13 miniは、購入したばかりでバッテリーは新品そのもの。同じ条件でNetflixを5時間再生したところ、バッテリー残量は56%程度になった。12 miniにさらに2〜3時間ほどは上乗せできそうだ。

 筆者としては、このバッテリー持続時間時間の差は、そこまで重要な差ではないと思っている。1日の終わりに充電するなら、スマホを使う10時間ほどの間、バッテリーが持ってくれれば十分だからだ。

 ただし、シネマティックモードのように動画撮影で魅力的な機能を載せてきたことで、バッテリー持続時間の良さの重要性は増しているかもしれない。

 ちなみに、13 miniがバッテリーを積み増したことで、「世界最薄・最軽量の5Gスマホ」の座は引き続き12 miniが維持することになった。

●iPhone 13 miniと12 miniどちらを選ぶべきか

 「いま、13 miniと12 miniのどちらを選べばよいか」と聞かれると、正直なところ悩ましい。12 miniはバッテリー持続時間でも5Gのパフォーマンスでも十分及第点なだけあって、13 miniが確実に優位なのはカメラ機能、特に夜景モードとシネマティックモードくらいだからだ。一方で、12 miniは13 miniの発表後に値下げされており、お手頃な価格帯になりつつある。

 Apple公式の販売価格では、iPhone13 miniは128GBモデルが8万6800円、256GBモデルが9万8800円、512GBモデルは12万2800円となっている。

 一方、12 miniは64GBモデルが6万9800円(1万2480円値下げ)、128GBモデルが7万5800円(1万1980円値下げ)、256GBモデルは8万7800円(1万2080円値下げ)にそれぞれ価格改定された。64GBモデルの選択肢がiPhone13 miniにないだけに、12 miniの割安感がことさら際立って見える。

 さらに、大手キャリアの取扱店では土日のセールの対象機種として12 miniを加える例が散見される。契約なしの単体購入でも2万円強の割引をつける例もあるようだ。機能と価格の差を考えると、あえて12 miniを選ぶという選択もアリだろう。