ソフトバンクとNVIDIAは、11月10日に研究施設「AI-on-5G Lab.」の開設合意について発表した。2022年にソフトバンク社内へ設置する。

 本研究施設では5Gの仮想化無線ネットワーク「vRAN(virtualized Radio Access Network)」や「MEC(Multi-access Edge Computing)」が融合した環境で、AI技術を含むさまざまなソリューションの実証やビジネス領域への技術応用が可能。GPUによるvRANとMECの両機能を統合した、さまざまな検証を行えるとしている。

 ソフトバンクが提供するプライベート5G上に、NVIDIAが提供するハードウエアと基地局の仮想化やAI処理のミドルウエア、Mavenirが提供する仮想化された無線信号処理ソフトウエア、コアネットワークのソフトウエア、Foxconn Technology Group が提供する物理的アンテナで構成。プライベート5Gの通信に必要なソフトウエアとAIのMECアプリが融合された完全仮想化プラットフォームとなっていて、プライベート5Gのユースケースの商用化に向けた検証なども行う予定。