今、スマホカメラの高画質を支えているものといえば「コンピュテーショナルフォトグラフィー」であり、「コンピュテーショナルフォトグラフィー」の雄といえば、Googleである。

 そのGoogleがプロセッサを独自開発し(Google Tensor)、「最先端のオンデバイスAI」で「最高水準のコンピュータ写真処理」(とWebサイトに書いてある)を可能にしたのだから、Appleが独自開発のA15 Bionicを採用しているのを思い出し、その成果に期待が膨らむというものだ。

●Pixel 6 Proの20xズームはすごい!

 で、いざ使って見ると、普通にいい。特に派手な色だとか派手ないHDRだとか凝ったセッティングとかなくて、あまり制約もなくて普通に撮って普通にいいのである。

 それを担うのがAIを駆使した「コンピュテーショナルフォトグラフィー」といっていいわけだが、普通に撮って普通にいいよね、では話にならないので、まずはカメラの話から。本体に黒い帯がマスクの様に入っていてそこにカメラが3つ並んでいる。

 向かって一番左が広角カメラ。これは50MP(5000万画素)で実際に撮影すると1250万画素相当になる。4画素を混合して1つの画素にしているからだ。レンズは35mm判換算で24mm相当。絞り値はF1.85。光学式手ブレ補正付きだ。

 真ん中が超広角カメラ。こちらは12MP(1200万画素)でレンズは35mm判換算で16mm相当。絞り値はF2.2だ。ポピュラーな超広角カメラだ。

 一番右の開口部が四角いのが4倍の望遠カメラ。35mm判換算で104mm(24mmの4倍なら96mmになるはずだが、写真に記録される撮影情報には104mmとなっている)。画素数は48MP(4800万画素)だが撮影した画像は1250万画素となる。広角カメラの仕様に合わせたのだろう。レンズはF3.5とちょっと暗めだ。センサーサイズは1/2型と望遠カメラとしてはちょっと大きめだ。こちらも光学式手ブレ補正を積んでいる。

 では、いつものガスタンクでそれぞれ撮ってみる。カメラアプリは電源キーのダブルクリックですぐ起動する。これはよい。そして画面がこちら。右のズーム倍率欄には、0.7x、1x、2x、4xとある。2xは1xのデジタルズームだ。

 そして、最高で20xまで倍率を上げられる。今までのスマホカメラは最高倍率まで上げると「デジタルズームで無理やりデカくしました」感漂う、要するにちょっと日常使いにはできない不自然な写りになるのが一般的だった。だから期待していなかったのだけど、試しに撮ってみたら「なにこれ!」、これなら日常的に使えるじゃん。

 ディテールの不自然さもないし、滑らかに描写されているし、細いワイヤーもちゃんと撮れている。元の画素数が4800万画素と多いとはいえ、これはびっくり。

 あまりに驚いたので、遠くに見える富士山を撮ってみた。さすがに遠いので少しもやっとしているけれども、ここまで写るのだ。なにこれ。

 びっくりしたのでもう1つ。駅のロータリーにあった東京都稲城市のイメージキャラクター「稲城なしのすけ」。でもロータリーの中なので4xでもちょっと遠い。

 そこで20xズームである。デジタルズーム特有の不自然さもほとんどなくてきれいなんですけど。

 シーンによってはうまく補完できなくて、ディテールが乱れたりつぶれたりすることもあるけど、条件がいいと、ここまできれいに撮れるのだ。まさか望遠に強いカメラだったとは!

●iPhone 13 Proと比べてどう?

 続いて代表的なシーンでメジャーどころの「iPhone 13 Pro」と比べながら見てみたい。

 風景から。青空と緑と陰影。青空はiPhone 13 Proの方が深くて濃い色をしているが、Pixel 6 Proの方がHDRが効いていて、松葉や日陰部分がちょっと明るく処理されている。

 続いては夜。夜景モードにならない程度に明るい夜の写真だ。Pixel 6 Proの方がHDRがちょっと強めに効いていてハイライト部は抑えられているが、強い光源の回りに紫や緑のもやっとした光が出ているのが気になる。でも強い光源のゴーストは抑えられている。

 さらに超暗いところで夜景モードの撮り比べ。iPhone 13 Proは約3秒。Pixel 6 Proは測っていないけどもっと長かった(手持ちなので腕が疲れた)。

 どちらも夜景写真としてはすごくハイレベル。ちなみに雲の向こうには富士山というシチュエーション(厚い雲に覆われていて見えないけど)。手前の庭は部屋の明かりで照らされているだけで、その向こうは民家の明かりが少しあるだけというほんとに真っ暗なシチュエーションだ。撮影場所は「アブラサスホテル富士河口湖」。ちょっと縁あって1泊したときのものだ。

 夜景モードのオン/オフを「オート」にしておくと、このように「月」アイコンが出て教えてくれる。

 もう1つ暗い場所で。同じくアブラサスホテル富士河口湖の浴室。ここは富士山が見えるように大きな窓がついているのだけど(この日は雲に覆われていて見えなくて残念なのだった)、暗くて壁も暗い色の浴室なので、屋外との明るさの差がすごく激しい。だから、中と外を同時に撮るなんてのは至難の技であり、コンピュテーショナルフォトグラフィーの出番なのだ。Pixel 6 ProはここでHDRの強力さを発揮したのである。

 HDRをかけてもiPhone 13 Proみたいに写るのが普通なのだけど、Pixel 6 Proは屋外が白トビせず空間で写ってくれた。

 せっかくなので、超広角カメラで1枚。辛うじて富士山の稜線の下の方が見えている。で、何で暗い浴室内と明るい屋外を一緒に撮れているの? とつっこみたくなる写りだ。

 話変わって次は人物編。ちょっと肌の色に差はあるけどどっちもよし。

 これはどちらもさすがの写りだ。

●Pixel 6 Proならではの撮影をしよう

 ここからはPixel 6 Proのいろんな撮影機能を試したい。まず、カメラを向け、フォーカスを合わせたいところをタップすると、そこを中心に、全体の明るさ(露出)とシャドー部の明るさをそれぞれ調整できる。これは以前からの機能だが、今回は色温度もシフトできるようになった。

 Pixel 6 Proはカメラ任せでもかなりいい感じに自動的に調整して撮ってくれるが、もうちょっとこうしたいなってときもある。

 例えばこの銀杏。逆光なので確かにこんな感じなんだけど、黄色く色づきはじめている葉をもうちょっと分かるようにしたいよね、と思う。

 そういうとき、こんな風にシャドー部をぐぐっと持ち上げて影になっている葉を明るくし、ちょっと葉が青っぽいのでもうちょっと赤みを足したい、と思う。そこでこう調整して撮る。

 と、こうなる。

 これは写真の知識がなくても感覚的に使えるので、慣れるとめちゃ便利だ。人を撮るときも顔をもうちょっと明るくしたいときなんかに使える。

 続いて背景をぼかすポートレートモード。カメラモードで人物を撮ろうとすると「ポートレートモードを試す」って促されることもある。

 で、ポートレートモードで撮ってみた。

 Pixel 6 Proのポートレートモードは汎用(はんよう)の「背景ぼかしモード」としても優秀だ。特に近距離でも問題なくボカしてくれるので、料理を撮るときにもいい。「ポートレート」なんて名前をやめて「ボケ(bokeh)」モードにしちゃえばいいのにと思う。

 続いて、新しく搭載された「モーション」モード。これは動きがある写真を撮るときに楽しめる。例えば「モーション」で「長時間露光」を選ぶと、真っ昼間でも超スローシャッターで撮ったような写真を撮れる。コンピュテーショナルフォトグラフィーの最たるもので、細かく連写して動きがある部分をつなぐのだ。

 例えばこんなシーン。

 通常の撮影だと、晴天下なのでシャッタースピードが速くなって列車は止まって映る。

 でも長秒時露光をかけるとこんなことになるのだ。真っ昼間の長秒時露光である。

 もう1つの「アクションパン」は、動きながら撮ったり流し撮りをした際、メインの被写体とそれ以外を見極めて、動きがあるような写真を撮ってくれる機能。流し撮りに使うとこんな風に撮れる。真っ昼間に高速シャッターなのに流し撮りという技。

 Googleらしい試みとして楽しみたい。

●消しゴムマジックは試してみるべし

 さて、Pixel 6 Proで一番面白かったのが「消しゴムマジック」。Pixel 6 ProはGoogleのスマホなので写真閲覧や編集は「Googleフォト」を使うのだけれども、Googleフォトの編集機能に(今のところ)Pixel 6シリーズでだけ使える「消しゴムマジック」機能があるのだ。これが面白いのである。

 写真の中で消したいものや人を消す機能なのだけど、「背景に写っている人物」や「風景に写っている電線」は自動的に候補として抽出してくれるのだ。

 例えばこんな写真。Googleフォトの「ツール」から「消しゴムマジック」を選ぶと、自動的に「消す候補」を選んでくれる。

 候補の電線や電柱を「すべてを消去」したのがこちら。住宅街につきものの電柱と電線が見事に消えた(よく見ると電線の陰が残っていたり、建物にかぶっているとこは消えてなかったりするけど)。まあその辺はさすがに完璧じゃないけど、いい感じに空が広くなって楽しい。

 人物の消去も得意。旅行中に撮った史蹟の写真、でも観光客が映り込んじゃう。ええい、消しちゃえ。

 で、消したのがこちら。もちろん完璧ではないのだけど、消えました。

 実は先ほどの「アクションパン」の流し撮りの作例も、運転手の顔が写っていたので、そこだけ「消しゴムマジック」で消してある。

 もっとムチャなのもやってみよう。人通りがあるところで撮ったので背景に人が多く写ってしまった。でも自動的に消してくれる。

 でも、彼女のすぐ後ろに座っている青いパーカーを着た人は自動では消してくれなかった。そういうときは指で消したい対象を指定するのである。

 さあ、どのくらい消えたか。さすがにいろいろとムチャだったけど、このくらい頑張ってくれるのである。

 Googleも面白いところに手を出したものである。これが将来AIの力でどこまでレベルアップしていくか、楽しみでもあり怖くもある。知らない人が写っている写真は共有しがたい昨今、面白い試みではある。

 というわけで、Pixel 6 Proのカメラは派手さはないけれども実にヒット率が高くて広角から望遠まで安心して使えるバランスの良さ、「モーション」や「消しゴムマジック」といった意欲の両方を兼ね備えた注目すべき存在である。カメラで選びたいスマホの1つに間違いなく入っているといっていい。

モデル:長谷川実紗