楽天グループとUber Eats Japanは、4月下旬からオンラインデリバリーサービス「Uber Eats」とオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」のサービス連携を開始する。

 これよりUber Eatsの注文時に決済方法として楽天ペイ(オンライン決済)を選択し、楽天IDにひも付けて登録しているクレジットカード情報を利用して簡単に支払いができるようになる。決済時に「楽天ポイント」をためたり、支払いに使ったりすることも可能。Uber Eatsのログイン時に楽天IDを利用できるようになり、楽天IDを利用したUber Eatsの新規会員登録も行える。

 これを記念し、4月27日〜5月31日に導入キャンペーンを開催。Uber Eats新規利用者へ初回利用時に使える3000円オフクーポン配布、2回目以降の注文で期間中何度でも利用できる最大50%オフクーポン配布、注文金額の最大20%の楽天ポイント付与などの特典を提供する。また、Uber Eats既存利用者には注文金額の最大3%の楽天ポイントを付与する。クーポン利用時の注文金額は割引後の金額で、楽天ポイントの付与の上限は1利用者につき1万ポイント(期間限定)。