ソフトバンクは、ソニー製スマートフォン「Xperia 1 IV」「Xperia 10 IV」をソフトバンクブランド、「Xperia Ace III」をY!mobileブランドから発売する。いずれも5G通信に対応しており、価格は改めて案内される。

●Xperia 1 IV

 Xperia 1 IVは、約6.5インチの4Kディスプレイや、望遠光学ズーム対応のトリプルカメラ(カールツァイスブランド)などを搭載したスマートフォン。全てのレンズで4K 120fps、最大5倍のスローモーション動画、4K 120fpsのハイフレームレートの動画が撮影できるようになった。nanoSIMとeSIMのデュアルSIM構成にも対応する。カラーはブラックのみで、6月上旬以降にソフトバンクオンラインショップ限定で販売される。

 また、8K HDRの映像を対角120度の広視野角でVR視聴できるXperia専用のビジュアルヘッドセット「Xperia View」とXperia 1 IVがセットになった「Xperia 1 IV View Kit」を、ソフトバンクが独占販売する。ソフトバンクオンラインショップにて数量限定で2022年6月上旬以降に発売される。Xperia 1 IV View Kitの発売を記念して、コンテンツ配信サービス「5G LAB」の「VR SQUARE」で、Xperia View向けのオリジナルVRコンテンツが6月移行に提供される予定となっている。

●Xperia 10 IV

 Xperia 10 IVは、5000mAhバッテリーを搭載しながら、約161gの重さを実現したのが主な特徴。約6型の有機ELディスプレイの最大輝度が前機種から約1.5倍向上した他、通常のステレオ音源を360度から聞こえるサウンドに変換できる「360 Reality Audio Upmix」、ハイレゾ再生、eSIMに対応する。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ミントの3色展開で、7月上旬以降に発売される予定だ。

●Xperia Ace III

 Xperia Ace IIIは、「Xperia Aceシリーズ」の第3世代モデルに相当し、同シリーズとしては初めて5G通信に対応した。横幅約69mmの本体に4500mAhのバッテリーや、防水、指紋認証、おサイフケータイなどの機能を搭載している。こちらはソフトバンクブランドではなく、Y!mobileブランドでの取り扱いとなり、6月中旬以降に発売される予定だ。カラーはブラック、ブルー、ブリックオレンジの3色展開となっている。