モトローラ・モビリティ・ジャパンは5G対応のミッドレンジスマートフォン「moto g52j 5G」を6月3日に発売する。販路は公式オンラインストア「MOTO STORE」、Amazon、国内オンラインショップ、家電量販店、MVNO事業者で、MOTO STOREにおける販売価格は3万9800円(税込み)。カラーはパールホワイトとインクブラックの2色を用意する。

 moto g52j 5Gは、モトローラ製品として初めておサイフケータイとIP68相当の防水・防塵(じん)性能に対応したスマートフォンだ。同社では下記サービスの動作を検証済み。

・モバイルSuica

・モバイルPASMO

・モバイルWAON

・nanaco

・iD

・QUICPay

・楽天Edy

 それに加えて、マイナンバーカード、運転免許証の読み取り、ワクチン接種証明書アプリにも対応している。

 ディスプレイはフルHD+(1080×2460ピクセル)の6.8型液晶で、リフレッシュレートは120Hzとなっている。

 アウトカメラは約5000万画素のメイン(f/1.8)、約800万画素の超広角(118度)深度センサー(f/2.2)、約200万画素マクロ(f/2.4)で構成されており、LEDフラッシュも備える。メインカメラではフルHD解像度(60/30fps)での撮影と、HD解像度(120fps)でのスローモーション撮影が行える。インカメラは約1300万画素(f/2.2)のシングル構成となっている。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 695」で、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備える。最大1TBのmicroSDXCメモリーカードも搭載可能だ。バッテリー容量は5000mAhで、15WのTurboPowerチャージに対応。OSはAndroid 11をプリインストールしている。

 生体認証は指紋認証と顔認証をサポートする。本体側面にはGoogleアシスタントキーを搭載し、押すだけでGoogleアシスタントを呼び出せる。

 ネットワークに関してはWi-Fiが802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetoothが5.1までをそれぞれサポートしている。SIMカードはnanoサイズのものを1枚搭載可能で、eSIMとDSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)に対応している。対応する周波数帯(Band)は以下の通り。

・5G:n3/n28/n77/n78

・LTE:Band 1/2/3/8/18/19/28/38/41/42

・W-CDMA:Band 1/2/5/8/19

・GSM:850/900/1800/1900MHz

 ボディーサイズは約76.8(幅)×171(高さ)×9.1(最薄部の厚さ)mm、重量は約206gとなる。