LINEは5月24日、AI文字起こしサービス「CLOVA Note」(iOS/Android、Webブラウザ)ベータ版の提供を始めた。スマホアプリ、Webブラウザともに利用料は無料だが、音声ファイルアップロード上限は1アカウントにつき1カ月300分まで。

 CLOVA NoteはAI音声認識技術「CLOVA Speech」を活用し、収録した音声をテキストに変換できるサービス。学校での授業やセミナーなどの文字起こしだけでなく、参加者の声を区別できる話者分離が可能だ。

 CLOVA Speechは多くのデータがなくても学習可能な「自己教師あり学習(Self-Supervised Learning)」を採用。話者分離機能は国際コンペティション「DIHARD3(2021年)」で世界3位の性能評価成績を獲得した研究を基に開発した。

 また、ブックマーク機能やキーワード検索も可能で、音声アフィルの聞き直しが省ける。

 録音データと変換後のテキストデータはダウンロードでき、他のアプリでの編集や、他者との共有が可能だ。なお、これらのデータはLINEのAI技術向上や研究目的にのみ使用し、ユーザーIDなどの他のデータとひも付けすることはないという。

 LINEは今後、CLOVA Noteの多言語サポートや、Web会議システムとの連携といった機能拡張を行う予定。