米Appleは6月6日(現地時間)、開発者向けカンファレンス「WWDC22」にて、iPhone向けの新OS「iOS 16」を発表した。iOS 16は2022年7月中にパブリックβ版を配信し、2022年秋に一般ユーザー向けに配信する。対応機種はiPhone 8以降のモデル。

 iOS 16では、iPhoneのロック画面に「過去最高のアップデート」(Apple)を提供する。壁紙に設定した人物の写真に奥行きを与えられるようになり、日付と時刻はフォントや色を変更できるようになる。Apple Watchのコンプリケーションから着想を得たというウィジェットも配置でき、予定、天気、バッテリー残量、アラームなどの情報をまとめて確認できる。

 新しいロック画面には、1日の天気予報をライブで確認できる「天気」の壁紙、地球、月、太陽系を表示する「アストロノミー」の壁紙も用意。複数のロック画面がある場合は、スワイプして切り替えられる。スポーツの試合やワークアウト、出前の注文などを画面下部で表示する「ライブアクティビティ」も利用できる。

 ロック画面は複数作成でき、設定から写真、人物、絵文字、カラーなどを選択できる。iPhone側で壁紙に設定する写真を提案する機能や、壁紙をシャッフルして表示する機能もある。

 ロック画面の邪魔にならないよう、メッセージやアプリなどの通知は、画面下部に表示されるよう再設計した。

 通知のオン/オフをコントロールできる「集中モード」は、ロック画面と連携可能になり、対応するロック画面にスワイプすると、特定の集中モードが有効になる。カレンダー、メール、メッセージ、Safariなどで、設定した集中モードに関連するコンテンツだけを表示できる「集中モードフィルタ」も用意する。

 「メッセージ」アプリでは、送信したばかりのメッセージを編集したり、送信をキャンセルしたりできるようになる。編集や取り消しができるのは、送信してから最大15分以内。また、削除してから30日間以内に、「最近削除したメッセージ」を復元できる。すぐに返信できず、後で対応したい場合に、メッセージに未開封のマークを付けることも可能になる。

 ユーザー間で動画や音楽などのコンテンツを共有する「SharePlay」が、FaceTimeだけでなくメッセージでチャットをしながらでも利用可能になる。

 「メール」アプリではメールの送信を事前に予約したり、送信直後にキャンセルしたりできるようになる。添付ファイルを入れ忘れた場合はメールが検知して知らせてくれる。検索機能も見直し、「最先端の技術」(Apple)を使うことで、より正確で精度の高い結果を提示するという。

 「写真」関連では、最大6人のユーザーが参加できる「iCloud共有写真ライブラリ」を提供する。保存済みの写真を共有したり、特定の人をもとに共有したりできる。カメラアプリから、共有ライブラリに自動で追加する設定や、共有ライブラリに参加している人が写っている写真を自動で共有する設定も用意する。参加しているユーザーは写真や動画を追加、編集、削除でき、各ユーザーの「メモリー」や「おすすめの写真」にも反映される。これにより、例えば家族全員が同じ写真や動画から、思い出を追体験できるようになる。

 画像のテキストを認識して翻訳したり通貨換算したりできる「テキスト認識表示」が、動画でも利用できるようになる。「画像を調べる」機能では、対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどで送信できるようになる。また鳥、昆虫、彫像も認識可能になる。