Appleは6月7日、iPad向けの新OS「iPadOS 16」を発表した。2022年7月中にパブリックβ版を配信し、2022年秋に一般ユーザー向けに配信する。

 iPadOS 16では、新たなマルチタスク管理機能「ステージマネージャ」を導入。ウィンドウ形式でのアプリの表示や、外部ディスプレイ接続時のデスクトップの拡張など、よりmacOSに近い形態での利用が可能となる。 

 iPadOS 16の対応機種は以下の通り。

・iPad Pro(全モデル)

・iPad Air(第3世代以降)

・iPad(第5世代以降)

・iPad mini(第5世代以降)

●ステージマネージャ

 macOSと共通の新たなマルチタスク管理機能。ウィンドウ形式で複数のアプリを同時に表示する機能を備える。複数のアプリの組み合わせを「グループ」としてまとめて、必要な時に一括して呼び出す機能など、仮想デスクトップのようなアプリ管理も可能となっている。

●外部ディスプレイのサポート

 USB Type-C端子搭載のiPad ProとiPad Airで利用可能。外部ディスプレイを有線接続して、拡張デスクトップとして利用できる。iPadと外部ディスプレイの両方にアプリを表示し、ファイルやアプリをドラッグ&ドロップの操作で画面をまたいで動かすことができる。

●「デスクトップクラスのアプリ」

 iPadOS 16では、Appleが「デスクトップクラスのアプリ」と呼ぶような、多くの操作が可能となる。

 各アプリで取り消し・やり直しや検索・置換といった操作が可能となる他、「写真」やファイルアプリで複製やファイル名の変更、書き出し、プリントといった操作が可能となる。ファイルアプリではファイルの拡張子変更やフォルダサイズの確認にも対応する。

 アプリのツールバーについても、ユーザーがカスタマイズして、よく使う操作を追加できるように変更される。

 ファイル操作などの機能強化はサードパーティーの開発者向けにも提供される。

●「天気」アプリがiPadに登場

 iPadではこれまで存在しなかった「天気」アプリがiPadOS 16に合わせて提供される。アニメーション表示でダイナミックに天候を表現できる他、気温や紫外線情報など天候に関するさまざまな項目を一覧で表示できる。

●「フリーフォームボード」アプリ

 ホワイトボードのような「フリーフォームアプリ」が2022年内に提供される。iPad、iPhone、Macをサポートし、離れたユーザーと同時に書き込みをしたり、メモや各種ファイルを共有したりといった機能を備える。

 FaceTimeのビデオ通話やメッセージアプリでコミュニケーションを取りながら、共同でアイデアをまとめることができる。

●ディスプレイサイズの調整

 ディスプレイの表示解像度を変更できるようになる。複数のアプリを起動するSplit Viewやステージマネージャといった機能を利用する際に、より多くの情報量を表示できるようになる。

●リファレンスモード

 ミニLEDディスプレイのLiquid Retina XDRディスプレイを搭載するiPad Pro 12.9型モデルでのみ利用できる画面表示モード。

 有効化するとコンテンツの色表現を正確に再現できるようになり、iPadをグラフィックスや映像コンテンツ制作のリファレンスモニターとして利用できる。iPad単独で動作する他、Sidecar機能によりMacのサブディスプレイとしても利用可能。

●「ホーム」アプリの刷新

 スマートホームデバイスを管理する「ホーム」アプリはデザインが刷新され、部屋ごとの機器を確認したり、スマートカメラの状況を一覧するといった操作が容易になる。

 また、スマートホームの共通規格「Matter」に年内に対応する。Matterは、AppleやGoogle、Amazonなどのスマートホームプラットフォームを運営する事業者とスマートホーム機器のメーカー各社が策定した共通規格。Matterへの対応が進めば、プラットフォーム間での互換性が向上し、より多くのスマートホーム機器を一括して管理できるようになると期待される。

●ファミリー共有の強化

 ペアレンタルコントロール機能では、子どもの年齢に合わせてコンテンツなどの閲覧制限を一括で設定する機能が提供される。初期設定では、子どものiPadを新たに設定する際に、適切なペアレンタルコントロールが適用された状態に自動で設定する機能が用意される。

●その他の主なアップデート内容

  iPadOS 16のアップデート項目の多くは、iOS 16と共通の内容となっている。

 Safariでは、複数のタブを共有する「共有タブグループ」が新たに提供される。メールアプリでは、検索機能が改善される他、メールの予約送信が可能となる。メッセージアプリでは送信取り消し機能が追加される。写真アプリでは、家族や親しい友人などと共有できる「iCloud共有写真ライブラリ」が提供される。

 パスワード管理機能では、パスワードを使わずにWebサイトやアプリにログインする「パスキー」に対応する。パスキーは認証の標準規格FIDOをベースとしており、iPadアプリへのログイン時にAndroidスマートフォンの指紋認証を用いるなど、プラットフォームをまたいだ認証も可能となっている。

 文字入力関連では、音声入力が大幅に強化されており、音声入力での句読点の追加などが可能となっている。タッチ操作での入力と組み合わせて使えるような操作体系へと変更されている。

 画像などから文字を抽出する「テキスト認識機能」は、動画内のフレームで使えるように改善。講義動画で映されている文字をSafariで検索するといった用途に使えるようになる。カメラで表示した内容から文字を抽出し、まとめて翻訳するといった操作も可能となっている。

 ゲーム関連の機能では、Game Centerダッシュボードが追加される。同じゲームを遊んでいる友達のハイスコアを一覧で表示できる他、ダッシュボードからマルチプレイへ招待する「SharePlay」機能に対応する。