ソニーの2022年夏商戦向け5Gスマートフォンから、「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」を比較する。Xperia 10 IVは6万円台のミドルレンジモデル、Xperia Ace IIIは3万円台で買えるエントリーモデルだ。Xperiaシリーズの従来機からの買い換えにあたり、有力候補となりうる2機種の実力を検証した。

 Xperia 10 IVはフラグシップのXperia 1シリーズの系譜にあるミドルレンジモデルだ。縦長のディスプレイや3眼カメラなど、機能面で“Xperiaらしい”要素が取り入れられている。一方のXperia Ace IIIはXperiaシリーズならではの機能は少ないものの、質感の良さと大容量バッテリーが特徴となっている。

●販売キャリアと価格

 Xperia 10 IVは7月上旬以降にNTTドコモ、au、UQ mobile、ソフトバンクの各ブランドから発売予定。Xperia Ace IIIは6月10日発売で、NTTドコモ、au、UQ mobile、Y!mobileの各ブランドが取り扱っている。

 2022年6月21日時点の販売キャリア別の価格(税込み)は以下の通り。両方の価格を公表しているNTTドコモ版の価格を比べると、約3万円の価格差がある。

Xperia 10 IVの販売キャリアと価格

・NTTドコモ:6万4152円

・au:価格未定

・UQ mobile:価格未定

・ソフトバンク:価格未定

Xperia Ace IIIの販売キャリアと価格

・NTTドコモ:3万4408円

・au:3万3415円

・UQ mobile:3万3415円

・Y!mobile:3万1680円

●スタイリッシュなXperia 10 IV、手触りにこだわるXperia Ace III

 Xperia 10 IVは、上位モデルの1シリーズに通じるスティック形状のデザインで、縦長の画面となっている。前面・背面ともに耐久性の高いガラス素材「Gorilla Glass Victus」を採用。背面はツヤが少なく、温かみを感じる仕上げとなっている。カラーはブラック、ホワイトの他、パステル調のミント、ラベンダーで計4色を用意する。

【訂正:2022年7月14日21時27分 初出時、Xperia 10 IVのGorilla Glass Victusを前面と背面に採用している旨の説明がありましたが、ドコモの製品サイトに誤記があり、正しくは「前面のみ採用」です。おわびして訂正いたします。】

 Xperia 10 IVのサイズは約67(幅)×153(高さ)×8.3(奥行き)mm、重量は約161gだ。横幅は昨今のスマホの大型化が進む中では控えめで、手の大きい人なら握りしめることもできるだろう。画面は縦横比21:9、約6型の有機ELディスプレイ(有機EL トリルミナス ディスプレイ for mobile)を採用する。

 Xperia Ace IIIは、凹凸をつけた塗装で独特の風合いを表現している点がユニークだ。カラーによって質感の表現が異なり、例えばブラックはサラサラした砥石(といし)のような手触りで、ブリックオレンジはしっとりとした赤土のような手触りとなっている。カラーラインアップはブラック、ブリックオレンジ、グレー、ブルーという4色。販売キャリアによって取り扱いカラーが異なる。

 Xperia Ace IIIの画面は縦横比16:9の約5.5型TFT液晶ディスプレイで、前面ガラスは「Gorilla Glass Victus」を採用する。サイズは約69(幅)×140(高さ)×8.9(奥行き)mm。片手操作で画面端まで指が届きやすいサイズ感となっている。重量約162gは10 IVと1gの差。背面素材の質感や重心の違いもあり、10 IVよりもしっかりと手の平にフィットする印象だ。

●ディスプレイはXperia 10 IVがワンランク上

 画面表示の品質は、有機ELディスプレイを採用するXperia 10 IVが全てにおいてワンランク上という印象を受ける。

 Xperia 10 IVのディスプレイは発色が良く、動画視聴のときも見栄えが良い。前世代モデルよりも最大輝度が向上するため、屋外での視認性も改良されている。ただし、HDRコンテンツの再生には対応していない。

 一方で、Xperia Ace IIIのディスプレイは単体で見ると気にならない程度ではあるが、比較すると全体的に青みがかったように見える。また、最大輝度が低いため、晴れた日の日中には画面が見づらいと感じた。

 オーディオ関連ではいずれも3.5mmステレオジャックを搭載し、有線イヤフォンを接続できる。また、ハイレゾ音源の再生や、Bluetoothの高音質コーデックのLDACとaptX HDは両機種ともサポートしている。一方、ハイレゾ音源相当で再生する「DSEE HX」「DSEE Ultimate」はXperia 10 IVのみ対応している。

【訂正:2022年6月28日14時15分 初出時、Xperia Ace IIIがDSEE HXに対応している旨の記述がありましたが、対応しておりません。おわびして訂正いたします。】

 オーディオ再生で大きな差となるのは、Xperia 10 IVのみがサポートする「360 Reality Audio」だ。ステレオ再生で臨場感のある立体音響を実現する技術で、本来は専用の音源が必要となる。Xperia 10 IVでは360 Upmix機能により、音楽・動画配信サービスの音のような、端末から鳴る音を全て360 Reality Audio化して再生できるため、Netflixなどの映画をまるで映画館で見ているかのような音響で楽しめる。

 なお、内蔵スピーカーはどちらもモノラルで、音の響き方に大きな差は感じなかった。

●どちらも防水・おサイフ・指紋認証対応

 Xperia 10 IVはプロセッサにミドルハイ級のSnapdragon 695 5Gを搭載。メモリ(RAM)は6GB。Webサイトの閲覧やSNS、動画再生から2Dゲームのプレイまで問題なく行える処理能力を備えている。

 一方、Xperia Ace IIIは、プロセッサにSnapdragon 480を搭載し、メモリは4GB。画像が多いSNSなどでは、プレビュー表示にやや待たされることはあるものの、文字主体のニュースサイトや動画再生での利用には不足を感じなかった。

 両機種ともに防水・防塵(じん)、おサイフケータイをサポート。モバイル通信は5G/4G LTEをサポートし、eSIMも対応する(ドコモ版はいずれもeSIM非対応)。ただし、Wi-Fiは両機種とも最新規格のWi-Fi6は非対応で、Wi-Fi5(802.11a/b/g/n/ac)までのサポートとなる。

 本体右側の電源キーに指紋センサーを内蔵し、右手の親指で指紋認証がスムーズに行える。なお、シャッターキーや「Google アシスタントボタン」は搭載していない。

●電池消費はXperia Ace IIIの方が大きめ

 バッテリー容量はXperia 10 IVが5000mAh、Xperia Ace IIIは4500mAh。いずれも5G対応スマートフォンとしては平均以上の水準だ。Xperia 10 IVについてソニーは「5000mAh以上の5Gスマートフォンとして世界最軽量」をうたっている。

 また、両機種とも夜中にゆっくり充電することで電池の劣化を抑える「いたわり充電」機能を備えている。

 今回の試用では「SIMカードの利用は不可」という条件が付けられた開発中の機体で検証となるため、実際の利用シーンに即した電池持ちについては評価していない。ただし、ピーク時の電池消費を検証するため、動画をストリーミング再生し続けるテストを行った。検証ではDisney+の同時視聴機能を利用して、テレビシリーズを約4時間再生。アプリ「Battery Mix」を用いて電池残量を記録した。

 電池残量100%から再生を続けたところ、4時間経過後のバッテリー消費率はXperia 10 IVが14%、Xperia Ace IIIが28%となった。Xperia Ace IIIは10 IVの倍のペースでバッテリーを消費していることになる。

 画面を常時点灯し続ける動画再生時は、液晶ディスプレイを搭載しているXperia Ace IIIがバッテリーを消費しやすい状況となったと思われる。

●カメラはXperia 10 IVのみ複眼構成 画質の差は?

 背面カメラはXperia 10 IVが3眼構成、Xperia Ace IIIが単眼レンズとなっている。レンズ・センサーの組み合わせは以下の通りだ。

Xperia 10 IV

・広角:27mm、F1.8、1200万画素

・超広角:16mm、F2.2、800万画素

・望遠:54mm、F2.2、800万画素

・インカメラ:F2.0、800万画素

Xperia Ace III

・広角:1300万画素、F1.8

・インカメラ:500万画素、F2.2

 Xperia 10 IVの3眼レンズは超広角、広角、望遠という3つの焦点距離に対応しており、画角を切り替えて撮影できる。デジタルズームはAIによる画素補完もサポートし、画面表示上で最大10倍の拡大に対応する。撮影モードはポートレートセルフィー、マニュアル、ナイトモード、スローモーション、クリエイティブエフェクト、パノラマなどを搭載する。

 Xperia Ace IIIは、超広角での撮影には対応しておらず、デジタルズームも5倍まで。撮影モードはポートレートセルフィーとパノラマのみと限定的だ。

 Xperiaシリーズのカメラの傾向として、全体的に穏やかで、柔らかい発色の写真が得られる傾向がある。この傾向はXperia 10 IV/Ace IIIとも共通している。晴れた日との屋外なら、写真の出来に大きな差はないが、屋内などの光量が限られたシーンでの撮影では、Xperia 10 IVの方がより明るく写せると感じた。また、望遠レンズを搭載しているだけあり、ズーム利用時の解像感はXperia 10 IVが上回る。

 なお、このレビューでは開発中の試作機を用いて検証を行っており、画質は商用モデルと異なる可能性がある。特にXperia 10 IVについては、7月上旬の発売前後のアップデートにより、カメラ画質が向上する可能性もある。本レビューで掲載する作例は、試用時点での参考としてご覧いただきたい。

Xperia 10 IV(試作機)の実写サンプル

Xperia Ace IIIの実写サンプル

●長く使うならXperia 10 IV、価格重視ならXperia Ace III

 ここまで、Xperia 10 IVとXperia Ace IIIを比較してきたが、最後に改めて両機種の位置付けを確認しておこう。

 ドコモオンラインショップでは、Xperia 10 IV SO-52Cの価格が6万4152円、Xperia Ace III SO-53Cは3万4408円となっている。両機種はau、UQmobileとソフトバンク/Y!mobileで取り扱いがあるが、価格はドコモ版と大きくは変わらないものと思われる。

 2022年夏のXperiaには、もう1機種存在する。フラグシップモデル「Xperia 1 IV」だ。Xperia 1 IVは最上位の処理性能を誇り、カメラ、映像、ゲーム関連の豊富な機能を搭載しているが、価格は19万872円(NTTドコモ版)と、従来のフラグシップと比較しても高価格な設定となっている。

 スマートフォンはここ数年続いた飛躍的な性能向上が落ち着きつつある。その中でフラグシップモデルは、最新の技術を存分に体験したいヘビーユーザーに特化する方向で差別化が進められている。そのため、高価格化の傾向が進んでいるのだ。

 結果として、ミドルレンジのXperia 10 IVの値ごろ感が引き立つようになっている。軽くてコンパクトなボディーに、必要十分な性能・機能を詰め込んだXperia 10 IVは、多くの人に受け入れられるスタンダードモデルといえるだろう。

 また、エントリーモデルのXperia Ace IIIは、3万円台という価格帯ながら、背面仕上げの素材感など、スペックシートには現れない部分にこだわったモデルとなっている。スマホをヘビーに使い込んでいる人なら、処理能力に不足を感じるかもしれないが、普段使いのアプリの動作は安定して動作し、防水やおサイフケータイにもきっちり対応している。子どもやシニア層で初めてスマホを使う人や、サブ端末として扱いやすいスマホが欲しい人には、検討の候補に入れる価値がある1台だ。