米Appleは7月11日(現地時間)、次期モバイルOS「iOS 16」の公開版ベータを、Apple Beta Software Program参加ユーザー向けに提供開始した。「iPadOS 16」「watchOS 9」「macOS Ventura」「tvOS 16」「HomePodソフトウェア16」も同日リリース。プログラムに参加しているユーザーは、端末を登録することで公開版ベータをインストールできる。

 ただし、このバージョンは商用リリースではなく、エラーや不具合が発生する可能性があることに注意されたい。端末にインストールする場合は、事前に端末のバックアップを作成することを強くお勧めする。

 本稿ではiOS 16の公開版ベータについて簡単に紹介する。

 iOS 16の公開版ベータをインストールできるのは以下の端末だ。

・iPhone 13、iPhone 13 Mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max

・iPhone 12、iPhone 12 Mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max

・iPhone XS、iPhone XS Max

・iPhone X、iPhone XR

・iPhone 8、iPhone 8 Plus

・iPhone SE(第2世代以降)

 インストールするには、Apple Beta Software ProgramにApple IDでサインインし、そのアカウントで利用しているiPhoneを登録する。バックアップをとってから、まず「プロファイル」をダウンロードしてインストールし、再起動すると設定の「ソフトウェア・アップデート」にiOS 16公開ベータ版が表示されるようになる。後は通常のアップデートと同じだ。(スクリーンショットの公開は禁じられている。)

 公開版ベータから公式版OSに戻すこともできるが、その場合は工場出荷状態に戻る。

 公式版のiOS 16は今秋登場の予定。ロック画面のカスタマイズや動画のライブ字幕など、多数の新機能が追加される見込みだ。