NTTドコモは、7月12日に「Galaxy A22 5G SC-56B」のOSアップデートを実施した。

 Android 12ではカメラやマイク使用中にアイコンが表示され、アプリがカメラやマイクを使用している際に分かりやすくなる。位置情報の利用を許可する場合は正確な位置情報や、用途に合わせておおよその位置情報も選択できるようになった。

 アプリをポップアップ表示している際にはヘッダーから「ピン」オプションを選択可能となり、選択するとポップアップウィンドウが常時表示される。ディスプレイモードではダークモード/高コントラストフォント/高コントラストキーボードをオンにし、アニメーション削減/透過度とぼかしを減らす「高コントラスト」モード、フォントサイズを+1、画面ズームを+1大きくしてハイライトボタンと太字フォントをオンにする「拡大して表示」モード、全ての機能をリセットする「標準」モードを選べるようになった。

 あわせて、Googleアカウント削除時のボタンが表示されない場合がある、本体ストレージの空き容量が少ない状態で通話の手動録音ができない場合がある不具合を解消。設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年6月になる。

 端末本体のアップデートは「設定」→「ソフトウェア更新」→「ダウンロードおよびインストール」を選択し、画面の案内に従って操作する。更新時間は端末本体(Wi-Fi)が約37分、PCが約60分。最新ビルド番号は「SP1A.210812.016.SC56BOMU1BVF1」。