米Appleは7月20日(現地時間)、「iOS 15.6」と「iPad OS 15.6」の配信を開始した。macOS、watchOS、tvOSもアップデートしたが、本稿ではiOSとiPad OSについてのみ紹介する。

 いずれも新機能の追加はないが、いくつかの機能強化、問題修正が含まれる。

 iOSの機能強化と問題修正は以下の通り(Appleの発表を転載)。

・TV Appに、すでに進行中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションを追加

・デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、[設定]に「デバイスのストレージがいっぱいです。」と表示され続けることがある問題を修正

・「メール」でテキストをナビゲートしたときに点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする可能性がある問題を修正

・Safariのタブが前のページに戻されることがある問題を修正

 iPadOSの機能強化と問題修正について、日本語版の公式サイトには本稿執筆現在、具体的な説明はないが、英語版によるとiOSと同じ機能強化と問題修正に加え、「iPad mini(第6世代)」が充電器やその他のUSB Type-Cアクセサリを検出しない可能性がある問題を修正するとなっている。

 セキュリティ関連では、39件の脆弱性に対処した。「任意のコードを実行できる可能性がある」脆弱性も複数含まれるので、早めのアップデートをお勧めする。