ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年7月14日から2022年7月20日までの7日間について集計し、まとめました。

 アクセス数の1位は、日本でも8月から発売される新型スマートフォン「Nothing Phone(1)」のレビュー記事でした。

 Nothing Phone(1)は、中国OnePlus(OPPOのグループ企業)の共同創業者カール・ペイ氏がイギリスで起業した「Nothing Technology(ナッシングテクノロジー)」の第2弾製品にして初めてのスマートフォンです。背面に透明な素材を採用し、内部にLEDライトを仕込んでいることが特徴で、その外観から大きな話題となっています。

 OSはAndroid 12をベースにした「Nothing OS」を採用しています。自社カスタマイズしたAndroidに独自の「OS」名を付けている場合、その多くは素のAndroid(≒GoogleのPixelシリーズ)から大幅なカスタマイズを施しているのですが、このNothing OSはカスタマイズを極力行わないという方針を採っています。目立つ外観とは裏腹に、操作面における“クセ”は少なくなっています。

 とはいえ、レビュー記事でも指摘がある通り、日本向けのローカライズはあまりなされていません。確かに「だからこそ良いのだ!」ともいえるのですが、おサイフケータイや防水/防塵(じん)性能を備えないことで「普段使いにちょっと不安だなぁ」と思わないこともありません。ただ、それが「売れない」理由になるかといえばそんなこともありません。

 直販以外の販路は一体どうなるのでしょうか……?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年7月14日〜2022年7月20日

1. 「Nothing Phone(1)」の正体に迫る 操作感良好でコスパも悪くないが、課題も

2. ドコモが頭を悩ませる「シニアのd払い利用」 井伊社長が考える打開策は?

3. 毎月1円で思わず購入 「Galaxy Z Flip3 5G」に触れて分かった、縦折りスマホの真価

4. Androidスマホでスクリーンショットを撮る4つの方法

5. iOS 16の対象外となったiPhone 6s/7/SE(第1世代)、どのiPhoneに乗り換えるべき?

6. ドコモの「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」「Xperia 10 II」がAndroid 12にバージョンアップ 通知回りの仕様を一新

7. PayPayの登録者数が5000万人目前に 最大5万ポイント付与のキャンペーンも

8. Xiaomiのライカスマホ「Xiaomi 12S Ultra」に触れる グリーンもカッコいい

9. スマホ決済の支払い画面を速攻で出す方法

10. スマホに挿す「SIM」って何の略語?