店での買い物で提示するとポイントが付与されるポイントカード。気づけば財布の中がポイントカードだらけになっていることはないだろうか。スマホにポイントカードをまとめておけるアプリを使えば、そんな悩みとおさらばできる。

Stocard - ポイントカード

 ポイントカードに記載のバーコードをスマホのカメラで読み取り、Stocardアプリで一元管理できる。一度取り込めば、スマホの画面でバーコードを表示させて、お店でそれを読み取ってもらうだけ。StocardはTカード、ニトリ、楽天ポイント、Pontaなど国内のメジャーなポイントカードに対応している。対応OSはiOS、Androidの両方。

Membership widget

 こちらもできることは他のアプリと大差がないが、大きな特徴はその名の通り、ウィジェットから素早くポイントカードへアクセスできること。さらに、Apple Watchでも複数のポイントカードをまとめておける。対応ポイントサービスにはスターバックス、タワーレコード、ゲオ、マツモトキヨシ、洋服の青山などが含まれる。対応OSはiOSのみ。

Google Pay

 支払いもポイントもこれ1つで――といううたい文句にもある通り、Google PayはSuicaやnanacoなどの電子マネーに加え、Tポイントとdポイントをまとめておける便利もの。iPhoneユーザーは使えないが、 FeliCa搭載Android端末のユーザーなら使わない手はないはずだ。

Apple Wallet

 iPhoneユーザー向けにはポイントカードまとめ的なアプリはないの? と思いきや実はある。Apple Walletだ。これのメリットはポイントカードアプリの起動どころかバーコードのスキャンも不要だ。非接触である(FeliCaを使う)ため、ポイントでの支払いと、獲得の両方を1回で行える。対応するポイントサービスはdポイントとPonta。

●ポイントカードの一元管理が可能に

 この記事で紹介したアプリの共通点は、いずれもポイントカード各社のアプリを個別にインストールしたり、提示する際に起動したりする必要がない点だ。

 これらのアプリを活用すれば、ポイントカードの一元管理だけでなく、店員にポイントカードを渡して、それを読み取ってもらった後、返してもらう――という面倒な手順が省けるし、コロナ禍で課題となっている「物の手渡しによる感染」を防げる。