Googleから5万3900円(税込み、以下同)で「Pixel 6a」が販売された。最大の注目点は、ミドルクラスAndroidの価格帯で6.1型の画面&大容量バッテリー&高画質カメラに加えて、ハイエンド級のGoogle製の高性能プロセッサ「Tensor」を搭載した点だ。

 これまで低価格帯で高性能プロセッサを搭載スマホと言えば、「iPhone SE(第3世代)」の独壇場だった。iPhone SE(第3世代)の価格はApple直販で6万2800円(64GB)からで、価格でも性能でも強力なライバルが登場した。

 むしろ、Pixel 6aはiPhone SE(第3世代)の弱点となる画面サイズとバッテリー容量、カメラの面で明確に上回っている。SEどころか、iPhone 13シリーズにとっても強力なライバルと言って過言ではない。

 この記事ではPixel 6aを徹底テストしつつ、iPhone SE(第3世代)とも比較。両陣営から発売された、高コスパと高性能を両立するお買い得モデルの実力について見ていこう。

●大画面・大容量バッテリー・高性能

 まずは、操作や動画視聴に大きく影響する画面サイズやディスプレイ性能、音楽再生周りと基本機能について見ていこう。

 Pixel 6aは6.1型のフルHD(1080×2400ピクセル)60Hzの有機ELを搭載。iPhone 13シリーズとスペック値では同等、ノッチも考慮するとより大画面といえる。画面の明るさは非公開だが、計測したところ、最大で約500ニト前後のようだ。上位のPixel 6 Pro/6に搭載されている、まぶしい日中屋外で最大800ニトにまで明るくなる機能は確認できなかった。

 サイズは71.8(幅)×152.2(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量178g。6.1型のスマホとしては標準的〜やや小型軽量といえるレベルだ。2021年に発売されたPixel 6 ProやPixel 6は重量級だったが、今回のPixel 6aは日本人でも気軽に扱いやすいサイズになっている。慣れれば片手持ち親指操作が可能。長時間の操作は両手といった使い方になるだろう。持ち心地やサイズ感はiPhone 11〜13とよく似ている。

 スピーカーは音量が大きく、ステレオの響きも良好。特にボーカルや人の声を聴き取りやすい。映画配信やYouTubeなどで、人の声を中心に楽しみたい人に向いた仕様といえる。

 一方のiPhone SE(第3世代)は、4.7型(750×1334ピクセル)60Hzの液晶と、今となっては画面サイズが小さく解像度も低い。輝度はピークで625ニトだ。画面が小さい分、サイズと重量は67.3(幅)×138.4(高さ)×7.3(奥行き)mm、144gと小型軽量。スピーカー音はステレオかつ低音が力強いものの、音量や臨場感はPixel 6aと比べると劣る。安価で高性能だが、動画やSNSを大画面で楽しみたい人にとっては不満を感じるモデルだ。だが、iPhoneには大画面版SEと呼べるお得なiPhoneは事実上ない。本来は値下げされたiPhone 12やiPhone 11が相当するのだが、円安もあり高額。キャリア販売も取り扱いが少なく、店頭値引きがあっても64GBモデルが中心だ。

 生体認証については、Pixel 6aが画面内指紋認証を採用。認証速度は0.2〜0.3秒といったところ。Pixel 6 Pro/6の他、ミドルクラスAndroidでの採用が多い画面内指紋認証と似通った速度だ。Pixel 6aを手にした時点で画面が自動点灯してセンサー位置が分かるので、指紋認証のミスはあまり起きなかった。

 だがiPhone SE(第3世代)の、画面を見ずにタッチセンサーを押すと約0.1秒で認証され即座に操作できる快適さと比べてしまうとやや不便だ。一部ハイエンドAndroidが搭載する超音波式の画面内指紋認証と比べても認証速度が遅く感じる。また、Pixel 6aも多くのAndroidスマホのように顔認証も併用できれば便利だが、指紋認証にしか対応していない。Googleのスマホだけに何かしらの高速化技術を搭載してほしかったとことだ。

 防水・防塵(じん)はPixel 6aとiPhone SE(第3世代)ともにIP67準拠。両モデルともNFCとFeliCaに対応しSuicaも使える。

●「Google Tensor」の性能は「Apple A15 Bionic」に肉薄

 Pixel 6a最大の特徴は、プロセッサにハイエンド級の処理性能と機械学習処理に強みを持つ「Google Tensor」と6GBメモリを搭載した点だ。上位モデルPixel 6 Pro/6と同じもので、5万円台Androidスマホでは突出した処理性能を実現している。メモリはPixel 6 Pro/6の12GB/8GBと比べると少ないが、複数のアプリをよほど積極的に活用しない限り実用上の差は少ない。ストレージは128GBで、microSDには非対応だ。

 iPhone SE(第3世代)は13シリーズと同じ最新ハイエンドチップの「Apple A15 Bionic」を搭載。メモリ容量は各種アプリで確認する限り4GBだ。iPhone SEシリーズは以前から低価格帯で画面サイズやバッテリー持ちに制約があるものの、アプリやゲームの動作に関してはハイエンドと同等の快適さを実現している。

 では、総合ベンチマークアプリの「AnTuTu」で比較してみよう。参考として、最新ハイエンドチップのSnapdragon 8 Gen1と、5万前後のミドルクラスで採用の多いSnapdragon 695 5Gの参考値も併記している。

 結果だが、Pixel 6aがiPhone SE(第3世代)に肉薄している。ここ1〜2年のハイエンドスマホと呼べる性能だ。最新のSnapdragon 8 Gen 1と比べるGPU性能で差をつけられているが、これら2機種でも大半のアプリやゲームを快適に動かせる。同じ5万円前後のミドルクラスで採用されているSnapdragon 695 5Gの結果と比べると、圧倒的な性能を実現していることが分かるだろう。

 高い処理性能を要求するゲーム用途だが、Pixel 6aもiPhone SE(第3世代)ともに「ウマ娘 プリティーダービー」はもちろん、PCや家庭用ゲーム機級の処理性能を求める「原神」も中設定(30fps)で問題なく動かせた。動作の軽快さについては、iPhone SE(第3世代)の方が画面の解像度が低い分負荷が軽く有利だ。だが、実際のプレイに関しては大画面のPixel 6aの方が遊びやすいといえる。

 ゲームなど高付加処理時の放熱だが、Pixel 6aは側面の金属フレーム部分を中心に熱くなる。直接手で触れる部分に熱が集まっているので、ケース無しだと利用者は熱くなりやすいスマホだと感じるだろう。

 また、Pixel 6aは発売前の試用だからか気になる点が幾つか見られた。同じチップの上位モデルPixel 6では発売後のアップデートで一部ゲームの動作がやや快適になっていたが、Pixel 6aではややぎこちなかった。また、Pixel 6と違い「設定→アプリ→ゲームの設定」からゲーム支援のゲームダッシュボードを有効にできなくなっている。

だが、「Digital Wellbeingと保護者による使用制限→サイレントモード→スケジュール」にはゲーム支援の設定が残っており、時々気まぐれにゲーム中にゲーム支援の機能が動作するなど不可解な点がある。

 試用した発売前のモデルは、最新状態のPixel 6 Pro/6と比べるとカーネルなどのバージョンが古いことが関係しているのかもしれない。発売後のアップデートで改善されることを期待したい。

●バッテリー持ちは一般的なスマホ並み

 搭載バッテリーだが、Pixel 6aは4410mAhと大容量の部類。iPhone SE(第3世代)は非公開だが、iPhoneシリーズの中で一番動作時間が短い。

 実際にYouTubeの1080pライブ映像を再生し続けて、バッテリーの持ちを計測してみた結果が以下の通りだ。

YouTubeのライブ映像(1080p)を3時間再生時のバッテリー消費(Wi-Fi環境)

・Pixel 6a:6.1型OLED、3時間再生で18%消費

・iPhone SE(第3世代):4.7型液晶、3時間再生で30%消費

 なお、画面の明るさは両モデルでディスプレイパネルの種類や明るさとスライドバーの対応基準が異なる。そこで、明るさを輝度計測と目視の印象の両面で近づけ、Pixel 6aを70%、iPhone SE(第3世代)を50%に設定してテストした(自動調整はオフ)。

 結果、Pixel 6aの方が大画面にもかかわらず、バッテリー駆動時間は倍とまで行かないが長く持つことが確認できた。実際に外で使っても、Pixel 6aは1日の持ち歩き程度ならバッテリーがなくなることは少ないだろう。AQUOSなど一部メーカー製のように徹底的に消費電力を抑えて数日持つわけではないが、少々ヘビーに使っても1日は持つという印象だ。一方、iPhone SE(第3世代)は少々ヘビーに使うと1日持たずにバッテリー不足に陥ることもあり、モバイルバッテリーを常時携帯したくなる。

 充電はPixel 6aがUSB Type-CのUSB PDに対応。iPhone SE(第3世代)も付属のLightningケーブルを用いてUSB PD充電器につなげば最大20W充電が可能だ。いずれも、別途USB PDで20W以上対応の充電器を用意しておけば急速充電を利用できる。一般的なスマホと同じく、0%から50〜70%あたりに達するまでの充電が高速で、満充電に近づくと安全性やバッテリー寿命を考慮して充電のペースが落ちていく。

 USB PD対応充電器で、0%から30分後の充電量と100%までの時間を以下に掲載する。

USB PD対応充電器を用いた充電経過

・Pixel 6a:4410mAh

・30分後……41%まで充電

・フル充電……2時間10分

・iPhone SE(第3世代):約2000mAh

・30分後:61%まで充電

・フル充電:1時間44分

 バッテリー容量の違いはあるものの、Pixel 6aもiPhone SE(第3世代)も30分あれば半日使える程度は充電できる。充電し忘れても朝の準備中にある程度充電して、また昼ごろに再充電できれば1日持つだろう。

 Pixel 6aはワイヤレス充電に非対応だ。とはいえ、4410mAhもの大容量バッテリーになると高出力のワイヤレス充電器でも非常に時間がかかる他、近年はワイヤレスイヤフォンのバッテリーの駆動時間は長いので、無くても問題はないだろう。

 iPhone SE(第3世代)はワイヤレス充電対応だが、MagSafeの磁力での吸着や最大15W充電には非対応、一部機器で最大7.5W充電ができるだけにとどまり、やや影の薄い機能となっている。

●利用の多い超広角&夜景モードが便利 被写体を消せる消しゴムマジックも

 Pixle 6aは広角1220万画素と、超広角1200万画素のカメラを搭載。インカメラは800万画素だ。夜景モードや星空撮影にも対応する。動画は最大4K/60p対応、240FPSスローモーション撮影も可能だ。

 iPhone SE(第3世代)は広角1200万画素、インカメラ700万画素となっている。夜景モードには対応していない。動画は最大4K/60p対応、240FPSスローモーション撮影も可能だ。

 カメラの性能は、Pixel 6aが超広角と夜景モード対応という点で圧倒的に使いやすい。きれいな風景を撮りたい、狭い場所で多くの人を撮りたいときにこれらの機能は便利だ。超解像ズームの解像感もPixel 6aの方がやや良好。インカメラもPixel 6aの方が明暗差に強いという印象だ。

 発色はPixel 6aが見栄えの良い鮮やかな写真へと補正する一方で、iPhone SE(第3世代)は標準設定だと肉眼の印象を尊重しつつやや補正する程度に収めている。とはいえ、Pixel 6aも一般の利用者がきれいに撮れてうれしいと感じる程度の補正なので問題はない。気になるのは、Pixel 6aは従来モデルと同様に撮影後の写真をすぐに表示しようとすると、後処理の時間やや待たされる点ぐらいだ。

 夜景の撮影については、Pixel 6aのみ夜景モードに対応。撮影から5秒間本体をしっかり持っておけば、暗い夜景も明るく撮影できる。

 ちなみに、夜景モードを上位機種Pixel 6 Pro/6(1/1.31型センサー)とPixel 6a(1/2.55型センサー)で比較すると、センサーサイズの大きいPixel 6の方が低ノイズで明るい。これは星空撮影モードの品質にも大きく影響する。旅や登山用に星空撮影を含む小型カメラとしてPixelの購入を検討している人は、Pixel 6 Pro/6を選ぶことをオススメする。

 Pixel 6から引き継いだ機能として、撮影した写真で不要な被写体を消す、または目立たなくする消しゴムマジックを搭載。これはフォトアプリの編集から利用できる。観光地での撮影に便利だ。

 Pixel 6aのカメラ周りの機能は、センサーサイズを小さくしながらも撮影処理でうまくハイエンド並の撮影体験を維持している。iPhone SE(第3世代)より便利なのはもちろん、どちらかといえばiPhone 13に近い実力を持っているといえる。

●アップデートや対応ネットワークはどうか

 この他の点だが、Pixel 6aではPixel 6と同様にオフラインでも使える通訳・翻訳機能や、リアルタイムで文字起こし可能なボイスレコーダーといった機能も搭載している。海外の情報に積極的に触れたい人、ボイスレコーダーの利用が多い人にとってはこの機能だのためだけに買う価値がある。

 Pixel 6aのOSアップデートは最低3年、セキュリティアップデートは最低5年だ。iPhone SE(第3世代)のアップデート提供も相当長いと思われるのでこの点は互角だろう。

 通信周りだが、au回線とソフトバンク回線は自社でも販売するだけあって問題なく利用できる。また、NTTドコモや楽天モバイルの回線にも対応している。Googleストアから購入してY!mobileやUQモバイル、楽天モバイルで使う人も多いだろう。

 ドコモ回線の場合、5G Subー6うちn78には対応しているが、n79に非対応という点がやや話題となっている。だが、外で両方を持ち歩いたところ、n79対応のiPhone SE(第3世代)の方がアンテナピクトに5Gと表示されるエリアは広いが、実際に高速通信が可能なエリアはさほど差がなかった。今後はドコモも4G周波数帯の5G転用が進むとみられるので、利用者目線からするとよほど比較しなければ違いを認識できなくなるだろう。

 むしろ、ahamoでXperia 1 IIやGalaxy S20が安価に販売されており、Pixel 6aとどちらを選ぶべきかの方が悩みどころだろう。

●Pixel 6aのコスパや性能は非常に良好 あとは日本市場での信頼感だ

 ここまでPixel 6aをiPhone SE(第3世代)と比較しつつ紹介してきた。画面サイズや音、処理性能、カメラなど多くの点で同等かそれ以上の性能をもった、非常に魅力的なモデルに仕上がっている。本体の性能だけでいえば、今オススメのスマホはPixel 6aといっていいだろう。今後iPhoneの高値に付いていく気がなく、Androidへの移行を考えている人にとっても魅力的に映るのではないだろうか。

 ただ、Pixel 6aを手放しでオススメできない点もある。というのも、PixelシリーズはハイエンドPixel 4、ミドルハイのPixel 5、独自チップの大画面Pixel 6と毎回コンセプトが変わっており、継続して買い換えにくい。次のPixel 7は早期にPixel 6の後継モデルだと発表しているが、人に勧められるほどの信頼を得るにはまだ時間が必要だろう。

 また、ゲーム動作の話題でも触れたが、歴代Pixelは発売直後の状態だと完成度があまり高くないのも気になる。ガジェット好きが遊びで買うならそれも楽しめるのだが、一般の利用者がメインのスマホとして購入する場合は不安しかない。日本の利用者をより多く取り込むには地道に支持を集める必要がある。

 実際に触っていても、今からスマホを買うならPixel 6aは画面サイズや性能、価格の面で指名買いしたくなる魅力にあふれたモデルとなっている。店頭での販売価格も含めて要注目のモデルなのは間違いない。