ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年7月21日から2022年7月27日までの7日間について集計し、まとめました。

 今回の期間におけるアクセス数の1位は、Googleの新型スマートフォン「Pixel 6a」に関する考察記事でした。9位には、このスマホの先行レビュー記事がランクインしています。

 Pixel 6aは、発売済みのハイエンドモデル「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」と同じGoogle Tenosrチップを搭載しながらも、カメラやディスプレイなどのスペックを抑えることで税込みで5万3900円(直販)という手頃な価格を実現しました。最近iPhoneの現行モデルが値上げされたこともあってか、「こんなに安くて大丈夫なの?」と思ってしまう価格設定です(安いとは言っていません)。

 「ハイエンドモデルと同じSoC(プロセッサ)を搭載しつつも、一部のスペックを削減することで手頃な価格を実現する」という戦略は、ある意味でiPhoneのバリエーション戦略に通じるものがあります。メインメモリやストレージの容量は少なくても、CPUやGPUの性能はそのままなので、メモリやストレージに依存しない部分ではハイエンドモデル並みのUX(ユーザーエクスペリエンス)をおおむね維持できます。「ハイエンドだけど手頃」という微妙なラインをうまく突いたAndroidスマホだと思います。

 iPhoneといえば、古い世代のボディーを生かしつつ、最新(あるいは1世代前)のSoCを使っている「iPhone SE」が売れ筋です。最新世代かつ5G対応の第3世代モデルは、先述の値上げ対象に入ってしまい、従来のような“手頃感”が薄れてしまいました。Pixel 6aの価格設定は、iPhoneの値上げを踏まえた“戦略”みたいなものではないかと感じる面もあります。

 「安くて高性能」の代名詞だったiPhone SE(第3世代)が高くなってしまった今、Pixel 6aはその座を奪い取ることができるのでしょうか……?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年7月21日〜2022年7月27日

1. 5万円台でも性能はハイエンド機並みの「Pixel 6a」 Googleが廉価スマホの位置付けを変えた理由

2. Xiaomiのライカスマホ「Xiaomi 12S Ultra」に触れる グリーンもカッコいい

3. 毎月1円で思わず購入 「Galaxy Z Flip3 5G」に触れて分かった、縦折りスマホの真価

4. 直訳すると「青歯」……「Bluetooth」ってどんな意味?

5. スマホ決済の支払い画面を速攻で出す方法

6. Google Play、10周年でロゴリニューアル

7. 4万円台「OPPO Reno7 A」の“3年使える”は本当か 実用視点で検証した結果

8. KDDI、通信障害で賠償の報道について「当社が発表したものではない」とコメント

9. 「Pixel 6a」先行レビュー 手頃な価格だけでない魅力をチェック!

10. 「Redmi Note 11 Pro 5G」の1億800万画素カメラで驚いたところ、不満だったところ