コンセプトを刷新した「Xperia 1」を投入して以降、ソニーのスマートフォンが徐々にシェアを回復している。調査会社・MM総研が5月に発表した2021年度通期の出荷台数調査によると、ソニーはシェア4位。出荷台数は267.2万台で前年度から30.3%拡大、シェアも7.9%で1.6%ほど上昇している。Android端末を開発するメーカーでは、サムスン電子やシャープを追う立場であることに変わりはないが、シャープとの差は縮まりつつある。

 そんな中、同社が2022年モデルとして投入したのが、「Xperia 1 IV」「Xperia 10 IV」「Xperia Ace III」の3機種だ。Xperia 1 IVは望遠のズームレンズを初めて搭載。Xperia 10 IVは小型化、軽量化を果たし、大手キャリアはもちろん、MVNOでの採用も増えている。ドコモが独占販売し、ソニーのシェアを押し上げるのに貢献した「Xperia Ace II」の後継機にあたるXperia Ace IIIも、取り扱いキャリアが拡大。販路が大きく広がったことで、販売を伸ばせる可能性は高い。

 一時は低迷していたソニーのXperiaだが、復活の兆しは見え始めている。では、同社はどんな戦略でスマートフォン事業に臨んでいるのか。ソニーのモバイルコミュニケーションズ事業本部で事業部長を務める濱口努氏に、新モデルの開発コンセプトや今後の展開などを聞いた。

●動画撮影のニーズを取り込むXperia 1 IV

 一眼カメラ「α」のユーザーインタフェースをタッチパネルに落とし込んだ「Photography Pro」を初めて搭載した「Xperia 1 II」以降、ソニーはXperiaのカメラ機能を徐々に進化させてきた。2021年に発売された「Xperia 1 III」では、70mmと105mmの2つに焦点距離を変更できる望遠カメラを搭載。続くXperia 1 IVには、デジカメ同様のシームレスなズームが可能になる「望遠光学ズーム」を搭載した。

 一見すると、スマホの望遠を段階的に強化していくマイナーチェンジのようにも思えるが、濱口氏によると、Xperia 1 IIIと1 IVでは、そのコンセプトが大きく異なるという。鍵になるのは動画だ。

 「どうしてもズームの焦点距離そのものに目が行きがちだが、それだけではなく、1つの進化点としてイメージセンサーを刷新したことがある。これによって、動画での瞳AFや4K、120fpsの読み出しができるようになった。Xperia 1 IIIから1 IVへの進化があまりないと言われることもあるが、(1 IVはカメラ機能を)大きく動画に振っている」

 超広角カメラや望遠カメラにも読み出しが高速なセンサーを採用することで、ピントを合わせやすくなったり、スローモーション動画が撮りやすくなったりしたというわけだ。望遠光学ズームも、どちらかといえば静止画より動画向きの機能だという。

 「望遠の85mmから125mmまでという光学ズームも、動画の撮影中にズームをするためのもの。(単に)被写体に寄るのではない、表現としてのズームがある。スーッと寄ったり引いたりしながら、スローモーションを組み合わせると、何気ないシーンをシネマティックに見せることができる。こういうところが、スマートフォンで簡単にできる。スローモーションの民主化をやりたいと思っていたが、望遠機能の性能アップもそれが一番(の目的)」

 確かに動画撮影のカメラワークには、徐々にズームで人物や物に寄っていくことで視聴者の注目を集めたり、逆にズームアウトすることで全体の状況が分かるようにしたりといった手法がある。静止画とは異なり、ズームイン、ズームアウト自体が演出の一部になっているといえる。ただ、これをスマートフォンで実現するのは、かなり難しかった。焦点距離が異なる複数のカメラを使用した場合、切り替えがシームレスにならないからだ。

 タッチパネルのピンチイン・ピンチアウトでズームを制御するのも、ユーザーにとって使い勝手がいい操作とはいえない。実際、スマートフォンで撮影された動画には、急激に画角が変わってしまう映像が多い。Xperia 1 IVは、望遠光学ズームレンズを搭載することで、前者の問題を部分的に解決している。スムーズなズームについては、「Xperia PRO-I」のときに導入された「Videography Pro」のズームレバーで実現した。Videography Proを使うことで、望遠光学が「より生きる」といえる。

 ここまで動画にフォーカスしたのは、ユーザーの利用シーンが増えているからだという。濱口氏は「波が来ていると思っている」としながら、次のように語る。

 「普通に生活していても、例えば新商品を買ったとき、取説を読んで理解するのではなく、動画を見た方が情報量は多い。(コミュニケーションは)テキストベースだったが、静止画が送れるようになり、今は動画も気軽に後れる。特に若い人ほど、動画でのコミュニケーションが当たり前になってきている。そこに確実な需要があるように感じる。(中略)まずはクリエイティブマインドあふれるクリエイターからだが、その裾野を広げられればと思っている」

●フラグシップで培った機能の裾野を広げるソニー、市場環境には課題も

 濱口氏が「裾野を広げる」と語っていたように、将来的にはミドルレンジ以下の端末にも、Xperia 1シリーズで培った動画機能を落とし込んでいく方針だ。ハイエンドモデルで培った技術やブランドイメージをミドルレンジ以下に拡大し、普及を狙うのは端末メーカーとして、ある意味王道の戦略といえる。

 ただし、「例えば4Kという解像度が必要かというところは考えていかなければならない」というように、フラグシップモデル以外への展開にあたっては、仕様やユーザーインタフェースを変更する可能性はあるという。実際、静止画でもXperia 10 IVやXperia Ace IIIには、Photography Proが搭載されていない。これは、「狙いたいお客さまの求めるニーズに対応した商品作りをしていきたい」と考えているからだ。

 「Xperia 10 IVでいえば、5000mAhのバッテリーで世界最軽量といった使い勝手を入れているし、光学式手ブレ補正も入っている。Photography Proより強力なHDRやナイトモードもあり、音楽は『360 Reality Audio』に対応している。お客さまのニーズを見ながら、それぞれの商品で差別化を図っている」

 より安価なXperiaの入門機に位置付けられるXperia Ace IIIは、「より価格重視のお客さま向け」の端末だ。それでも、Xperiaらしさにはこだわっていると語る。「他社からも出てきたが、ソニーの商品として特徴があるのはコンパクトというところ。日本市場の特徴でもあるが、コンパクトモデルを以前から使っていただいていた方に対して出していかなければいけないと思っている」

 日本と海外では、端末サイズに対する嗜好(しこう)の違いもある。海外メーカーがグローバルモデルとして販売されている端末をそのまま日本に導入すると、日本市場にうまくフィットしない可能性があるということだ。これに対し、ソニーは日本市場に特化した形でXperia Aceシリーズを開発している。市場動向に合わせた小回りが利くのは、地の利がある日本メーカーならではといえる。こうした特徴を出せたことが奏功し、Xperia 10 IVやXperia Ace IIIの「出足は非常にいい」。

 一方で、濱口氏はミッドレンジモデル以下の端末を取り巻く市場環境が、大きく変化していることを指摘する。端的に言うと、iPhoneをはじめとした高機能モデルの大幅割引が、ミドルレンジモデルの販売に影響を与えているという。

 「あえて申し上げると、1円端末のインパクトがゼロではない。6万円から10万円を超え価格帯の商品が、ものすごい値段になっていることもあり、市場を見ると、その上と下の価格の端末が影響を受けている。これは弊社だけではない。特に、比較的スマートフォンに高い金額を支払う意思のある方が流れている。20代の方は、必ずしも収入が高いわけではないが、相対的に見ると、機能を重視するため購入予算も高い。お金を払う意思表示をしている人でも、ああいうものがあると店頭でなびいてしまいやすい」

 確かに、ハイエンドモデルがミドルレンジモデルより安い価格で販売されているとなれば、機能をそぎ落として本体価格を抑えたミドルレンジモデルをあえて選ぶ理由がなくなってしまう。大胆な割引があるのはユーザーにとってうれしい反面、これが続くと、メーカーがミドルレンジモデルを開発する意義が失われてしまう。端末そのものの値引きは電気通信事業法で規制するのが難しいものの、一定の線引きが必要な状況になりつつあるといえそうだ。

●差別化はカメラだけにあらず、サウンドやゲームでもソニーの強みを生かす

 静止画か動画かという違いはあれ、どちらかといえばカメラや撮影にフォーカスしてきたXperiaだが、スマートフォン全体を見渡すと、それ以外での差別化も徐々に進み始めている。フォルダブルスマートフォンのGalaxy Zシリーズや、AIを前面に打ち出したPixelシリーズは、そうした端末の1つといえる。「購入時にカメラを重視して決められる方が相対的に多い」ため、各社ともこの機能に注力している一方で、全体的に画質が底上げされたこともあり、違いが分かりづらくなっているのも事実だ。

 これに対し、Xperiaはディスプレイやサウンド、ゲーミングに磨きをかけ、カメラ以外でも特徴を出しているという。

 「私自身がイメージングから来ていることもあり、そこを推しがちに見えているかもしれないが、例えば今回のXperia 1 IVにはゲームエンハンサーにライブ配信機能を入れている。4Kディスプレイも引き続き重視されている点で、これがあるから買った人もたくさんいる。音のところでは、ヘッドフォンでの体験のみならず、アクティブスピーカーの性能のようなところでも他社を圧倒している。(他社と)方向性は違うかもしれないが、ソニーグループ全体の強みである技術を研ぎ澄ませていく方向で進化させている」

 VRゴーグルの「Xperia View」や、Xperia 1 IV用のゲーミングアクセサリーを開発しているのも、そのためだ。ただ、ソニーでゲームと言えば、やはりプレイステーションを思い浮かべる人が多いだろう。かつては「Xperia PLAY」のような端末もあり、プレイステーションのゲームが遊べる「PlayStation Store」にも対応していた。このころに比べ、ゲーム事業との連携があまり取れてないようにも見える。こうした疑問に対し、濱口氏は「お客さまがプレイステーションで楽しまれているゲームと、モバイルで楽しまれているゲームが少し違うと思っている」としながら、次のように語る。

 「昨年(2021年)まではプレイステーションのゲームタイトルのスポンサーシップをしていたが、(据え置き型のゲームは)モバイルゲームとはちょっと違うという意識がある。KDDIと一緒にやらせていただいた、5G SAを使ったリモートプレイのような取り組み(実証実験)はしているが、いわゆるモバイルゲームのところは、Xperiaでやっていかなければならないところがある。開発発表をしたゲーミングギアのようなものを使って、モバイルゲームならではの配信機能を使ってプレイしていただければと考えている」

 濱口氏が例として挙げたリモートプレイのようなサービスは、通信品質を用途別にコントロールできる5G SAと相性がいい。コンシューマー向けのサービスは「本当に5Gじゃなければいけないサービスが実はそんなにないので、各社苦しんでいる」だけに、ソニーとしてXperiaを開発している強みになりそうだ。

 法人分野では、「Xperia PRO」を使ってカメラで撮った写真を即座にサーバにアップロードしたり、スポーツイベントの中継に5Gを活用したりと、さまざまな事例を作り、知見を積み重ねている。濱口氏は「B2Bの領域から入っていくが、オポチュニティ(機会)はすごくある」と語っていたが、端末を生かした5Gならではのサービスを生み出せれば、Xperiaの強力な強みになりそうだ。ソニーの打ち出す、次の一手に期待したい。