ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年8月4日から2022年8月10日までの7日間について集計し、まとめました。

 アクセス数の1位は、ソニーのモバイルコミュニケーション事業本部の濱口努事業部長へのインタビュー記事でした。これからの「Xperia」の行方が気になる人が多かったようです。

 インタビュー記事にもある通り、最近はソニーのスマートフォン(Xperia)のシェアは拡大傾向にあります。その原動力は手頃なエントリーモデル「Xperia Aceシリーズ」ですが、ハイエンドの「Xperia 1シリーズ」や「Xperia 5シリーズ」がブランドイメージをけん引し、その機能を一部取り入れたミドルレンジの「Xperia 10シリーズ」も好評を博するという好循環を作り出せているように思います。

 ソニーには、一眼デジタルカメラの「α(アルファ)」、デジタルTVの「BRAVIA(ブラビア)」、ゲーム機「PlayStation(プレイステーション)」といった競争力のあるブランドと背景技術を持っています。その技術を生かしたハイエンドモデルを開発し、それをミドルレンジモデルに展開し、さらにエントリーモデルにも波及させる――このサイクルをうまく循環させられるかどうかが、今後のXperiaの“鍵”を握っているともいえます。

 ただし、回りを見るとライバルもそれぞれの“強み”を武器に攻勢を強めています。数年後のXperiaはどうなっているのでしょうか……?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年8月4日〜2022年8月10日

1. 復活に向けて順調な「Xperia」が向かう先 ミッドレンジでも差別化を図るが、市場環境には課題も

2. 「SDメモリカード」の「SD」ってどういう意味?

3. 夏のハイエンドスマホ「Xperia 1 IV」「AQUOS R7」「Galaxy S22 Ultra」を徹底比較 どの機種を選ぶ?

4. ライカとコラボした「Xiaomi 12S Ultra」を試す 驚きのカメラ性能、思い出した“あのメーカー”

5. ドコモの「5Gギガホ プレミア」から「ahamo大盛り」への移行を“真剣”に検討してみた

6. デジタルカメラをも駆逐 スマホのカメラが大幅な進化を遂げた理由

7. 日本で“クレカのタッチ決済で乗車”は定着するか メリットと課題を整理する

8. 楽天モバイル0円廃止の影響でIIJmioも好調 音声eSIMは「ドコモと協議している」と勝社長

9. au PAYとPontaのキャンペーンまとめ【8月7日最新版】 最大50%還元の他、menuの配達料が無料に

10. 「Pontaポイントを現金化したい」をスマホ決済サービスで解決するには?