9月8日に発表されたiPhone 14シリーズ4機種は、新たに「衛星通信による緊急SOS」をサポートする。モバイル通信やWi-Fiが圏外となるへき地でも、緊急通報を行えるようにする機能で、11月より、北米で提供する。当初の2年間は利用料無料で提供される。

 iPhone 14シリーズは、本体に衛星通信に対応するアンテナを内蔵している。衛星通信で送受信できるデータ容量は大きくないため、緊急通報のみで利用可能となっている。

 一般的に、衛星通信で必要なアンテナはモバイル通信用アンテナより大きく、スマートフォンに収めるためには小型化する必要があった。iPhoneではユーザーが人工衛星の方角にアンテナを向けるようなガイド表示機能を導入することで、スマートフォン本体に衛星アンテナを収めている。

 緊急通信時に送信できるのは、テキストベースの情報量が少ないデータで、素早く送信できるように、ユーザーの状況を選択肢で選ぶ形式を採用。通報時に位置情報も送信される。

 緊急通報機関によっては、電話での緊急通報のみに対応している機関も存在するが、その場合はAppleが用意した中継機関がやりとりを仲介することで、緊急通報が可能としている。

 衛星通信による緊急SOS機能は、当初は米国とカナダのみで提供される。日本での展開予定については明らかにされていない。

 このほかiPhone 14シリーズでは、運転中の衝突事故を検知して、緊急通報を自動で行う安全機能も搭載されている。