サムスン電子が、最新のスマートウォッチ「Galaxy Watch5」と「Galaxy Watch5 Pro」を9月29日に発売する。ECサイト、主要家電量販店、Galaxy Harajukuなどで取り扱う。

●Galaxy Watch5

 Galaxy Watch5は、従来モデルよりも手首に直接触れる面積が増し、バイオアクティブセンサーが強化されたことで、心拍数、睡眠トラッキング、体組成、血中酸素レベル、ストレスレベルなどを、より正確に測定ができるようになった。

 睡眠トラッキング機能も強化し、睡眠段階やいびきの検出、血中酸素レベルを測定するスリープスコアをもとに睡眠スコアを把握できる。さらに7日間にわたって睡眠パターンを追跡し、アンケートに答えると、睡眠タイプが1つ割り当てられる。その後、4〜5週間のコーチングプログラムによって睡眠習慣の改善をサポートする。

 サイズは40mmと44mmの2種類あり、カラーは40mmがグラファイト、シルバー、ピンクゴールドの3色、44mmがグラファイト、シルバー、サファイアの3色で展開する。いずれも傷に強いサファイアクリスタルディスプレイを採用しており、従来モデルよりも耐久性が約1.6倍向上したという。バッテリー容量は40mmが284mAh、44mmが410mAhあり、Galaxy Watch4よりも約13%大きくなった。急速充電にも対応し、約30分で約45%まで充電できる。

●Galaxy Watch5 Pro

 Galaxy Watch5 Proは、Galaxy Watch5と同等の健康測定機能に加え、アウトドアに適した機能を用意。ユーザーがあらかじめ設定したルートをインポートすることで、バイブレーションと音声で案内してくれるTurn by Turn Navigationや、たどってきたルートに戻れるようトラッキングできる機能を利用できる。

 長時間持つバッテリーも特徴としており、590mAhバッテリーはGPSがオンの状態で約20時間、一般的な使用では約80時間持続する。本体にサファイアクリスタルとチタンケーシングを採用することで、先代のGalaxy Watch4から耐久性が約2倍向上したとのこと。

 サイズは45mm、カラーはブラックチタニウムとグレーチタニウムの2色を展開する。Galaxy Watch5 Proのみに採用している「MAGNETIC D-Buckle」は、ワンタッチで着脱可能だ。

 Galaxy Watch5とGalaxy Watch5 ProいずれもWear OS Powered by Samsungをプリインストールしており、Google Payストアからアプリをインストールしたり、Google マップ、Google アシスタント、YouTube MusicなどのGoogleサービスを利用したりできる。

●auからGalaxy Watch5のLTEモデルも登場

 KDDIは、au向けのGalaxy Watch5のLTEモデルを9月29日に発売する。au +1 collection取扱店やauオンラインショップで扱う。

 KDDIが提供する「ナンバーシェア」を利用することで、Galaxy Watch5単体で電話をかけたりデータ通信を利用したりできる。その他の機能は通常のGalaxy Watch5から変更はない。