ドコモ、KDDI(au)、J:COM MOBILEが9月8日、サムスン電子製の5Gスマートフォン「Galaxy A23」の取り扱いを発表、10月下旬に発売する。

 Galaxy A23はフィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるユーザーや、子どもに初めてのスマホを持たせたいユーザーを対象にしたエントリーモデル。使い方に関して無料で電話相談が可能な点と、文字やアイコンを大きく表示可能なかんたんモードを備える点が大きな特徴となっている。

 OSはAndroid 12をプリインストールする。ディスプレイは約5.8型HD+(720×1560ピクセル)液晶を搭載。プロセッサはMediaTekの「Dimensity 700」、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。別売りのmicroSDXC(最大1TB)を搭載できる。microSDとデータ移行アプリ「Smart Switch」を利用して、フィーチャーフォンに保存したアドレス帳や写真などのデータをGalaxy A23に移行できる。

 バッテリー容量は4000mAhで、外部接続端子はUSB Type-C。ワイヤレス充電には対応しない。

 アウトカメラは約5000画素(F1.8)で、インカメラは約500万画素(F2.0)だ。電源キーの2度押しで一発起動できることに加え、手のひらをカメラに向けるだけでシャッターを切れる。

 IP68の防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応している。

 通話の自動録音も可能。とっさにメモを取れない場合や、証拠として記録して後で確認する場合などに役立つ。Galaxy A23の位置がすぐに分かる「端末リモート追跡」や、現在地とSOSメッセージを事前登録した連絡先へ送信可能な「SOSメッセージを送信」などの機能も備わる。

 nanoSIMとeSIMによるデュアルSIMにも対応。ネットワークはWi-FiがIEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetoothが5.2をサポート。

 カラー展開はドコモとau向けがレッド、ホワイト、ブラックの3色で、J:COM MOBILE向けがホワイトとブラックのみとなっている。

 サイズは約71(幅)×150(高さ)×9.0(奥行き)mmで、重量は約168g。