Appleは2022年9月8日(日本時間)に開催されたスペシャルイベント「Far Out」で、「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4機種を発表しました。iPhone 12/13にあった「mini」がなくなり、代わりに「Plus」が追加された形です。この4機種は何が同じで何が違うのか。スペックから分かる範囲で整理してみました。

iPhone 14シリーズ共通の特徴

 まず4機種共通の主な特徴としては、以下の通り。

・iOS 16をプリインストール

・ディスプレイは全てSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)で、コントラスト比も同じ(200万対1)

・Face IDを採用も、Touch IDには非対応

・5GはSub-6に対応(日本向けモデルは今回もミリ波をサポートしない)

・シネマティックモード撮影が4K HDRに対応

・アウトカメラの広角は全てセンサーシフト光学式手ブレ補正に対応

・インカメラがAFに対応

・高画質化機能「Photonic Engine」を搭載

・動画撮影時に新たな手振れ補正機能「アクションモード」を搭載

・衝撃検知機能を搭載

・衛星通信による緊急通報機能をサポート(米国/カナダのみ)

・Apple Pay、防水(IP68)対応

・外部端子はLightningのまま

 iPhone 14と14 Plus、iPhone 14 Proと14 Pro Maxは、サイズと重量、画面サイズなどの違いを除けば、機能的には共通です。サイズもiPhone 14と14 Pro、iPhone 14 Plusと14 Pro Maxはほぼ同じなので、Proモデルの機能が必要かどうか、あとはサイズで選択すれば問題はないでしょう。価格的には無印ではPlus、ProとPro MaxではPlusとPro Maxがそれぞれ1万5000円ほど高くなっています。無印とProの価格差は3万円ほど。

iPhone 14とiPhone 14 Proの違い

 本体サイズ、画面サイズがほぼ同じiPhone 14と14 Proの主な違いを確認してみます。先ほど書いた通り、無印とPlus、ProとPro Maxは機能的にはほぼ同じなので、ここで紹介する違いがProシリーズとそれ以外との違いになります。

・Proのみ新しいA16 Bionicを搭載

・画面サイズ、本体サイズはほぼ同じでもProのほうが30g以上重い

・Proは最大120HzのProMotionに対応。最大輝度もProのほうが高い

・Proはディスプレイの常時表示が可能に。画面を下にして置いたり、ポケットの中に入れたりした場合には消灯する

・Proはインカメラのノッチ形状が変わり、「Dynamic Island」を導入

・14のアウトカメラは12MP広角+12MP超広角、Proは48MP広角+12MP超広角+12MP望遠

・ProはApple ProRAW形式での撮影に対応

・Proは最大4K、30fpsでのProResビデオ撮影が可能

・カラーは14がブルー、パープル、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色、Proはディープパープル、ゴールド、シルバー、スペースブラックの4色

・Proのみストレージ容量1TBを選択可能

 Proが搭載するA16 Bionicは、コア数こそ14が搭載するA15 Bionicの6コアCPU、5コアGPUと変わらないものの、A15 Bionicよりも処理性能が高速化、消費電力も20%少ないとしています。なお、iPhone 14/14 Plusが搭載する5コアGPUのA15 Bionicは、iPhone 13 Proが搭載していたのと同じもののようです。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの違いはサイズとバッテリーのみ

 ProとPro Maxの違いは、iPhone 13シリーズの場合と同様に本体・画面サイズとバッテリー容量の違いからくる連続使用時間のみとなっています。

・Pro Maxの方がディスプレイが大きく(Proが6.1型、Pro Maxが6.7型)、重量も34g重い

・連続使用時間はPro Maxの方が長い

・価格はPro Maxの方が高い(Proが14万9800円から、Pro Maxが16万4800円から)