既報の通り、米カリフォルニア州クパチーノのApple本社で、9月7日(現地時間)にiPhoneの最新モデルとなるiPhone 14シリーズが発表された。ラインアップは、「iPhone 14」に加え、その大画面版となる「iPhone 14 Plus」が登場。“Pro”の名がつく高機能版は、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」の2機種が発売される。

 モデル数は、2020年のiPhone 12シリーズで「iPhone 12 mini」が加わって以降、4機種構成が続いているiPhone。一方で、iPhone 14シリーズでは、それぞれの持つ役割が微妙に変化している様子もうかがえた。どの1機種を選ぶかは、それぞれの位置付けを知ることで見えてくる。iPhone 14シリーズのラインアップを改めて振り返りつつ、その戦術を考えていきたい。

●miniに代わってPlusが加わった無印iPhone、選択が容易に

 4機種展開を継続したiPhone 14シリーズだが、最小サイズのiPhoneである「mini」は最新のラインアップから姿を消した。グローバル市場を見ると、ハイエンドスマートフォンは大画面化に向かっており、miniシリーズは販売不振も伝えられている。

 日本市場では一定の人気を誇る端末だったが、Appleは「iPhone 13 mini」の販売を継続している上、「iPhone SE(第3世代)」も販売している。毎年ナンバリングモデルとしてminiを投入する必要はないという判断をした可能性が高い。

 代わりにラインアップに加わったのは、6.7型のiPhone 14 Plusだ。iPhone 14との違いは主にディスプレイや本体のサイズだけで、非公表だが、恐らくバッテリーも増量されている。サイズ感は、Proモデルにラインアップされていた「Max」とほぼ同じだ。実際、iPhone 14 Pro MaxとiPhone 14 Plusを並べてみると、ほぼ同じようなサイズ感であることが分かる。

 一方で、iPhone 14と同じアルミフレームを採用していることもあり、ステンレススチールをボディーに使ったiPhone 14 Pro Maxより、手に取ると明らかに軽いと感じる。重さは200gをわずかに超えた203gだが、240gのiPhone 14 Pro Maxとは実に37gもの差がある。“軽くて大きいiPhone”を求めていた人には、うってつけの選択肢といえる。ゲームや映画などのコンテンツを長時間楽しみたい人にとって、この軽さは魅力的だ。

 iPhone 14 Plusが加わったことで、ユーザーは画面サイズのためだけにMaxを選択する必要がなくなった。機能面や予算で無印かProかを選び、あとは好きな画面サイズを決めるだけでいいからだ。ただ、2021年のiPhone 13シリーズまでと比べると、無印とProモデルの差が大きくなっているようにも見える。従来路線を継続した無印のiPhone 14に対し、Proモデルはデザインやカメラなどが大きく変わったからだ。

●iPhone 13 Proに近い無印iPhone、機能面ではカメラに注目

 iPhone 14やiPhone 14 Plusは、機能的にiPhone 13 Proに近い。搭載されているプロセッサは「A15 Bionic」で、GPUが5コアのもの。これは「iPhone 13 Pro」や「iPhone 13 Pro Max」に搭載されていたものと同じだ。iPhone 13やiPhone 13 miniとの比較では、GPUが1コア多い分処理能力が向上しているが、その変化を体感できる人は少ないはずだ。

 もっとも、プロセッサを変えていることもあり、一見するとiPhone 13と同じデザインに見えるiPhone 14だが、内部設計は別物だという。熱分散がよりしやすいように再設計されている他、修理時に背面ガラスだけを取り外すこともできるようになった。iPhone 13 Proに搭載された5コアGPUのA15 Bionicは、依然としてスマートフォンの中ではトップクラスの性能を誇るため、不満を感じることはないはずだ。

 カメラは超広角と広角のデュアルカメラだが、メインの広角カメラは、画素ピッチが1.9μmに大型化している。これは、iPhone 13 Proに搭載されていたものだ。カメラに関しては「フォトニックエンジン」を採用。低照度時にかけるディープフュージョンの処理をRAWデータに直接かけることで、画質を向上させている。望遠カメラは非対応だが、それ以外のカメラについては、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Max以上というわけだ。

 無印のiPhoneとしては着実に進化している一方で、ディスプレイが有機ELに変わって5Gに初対応したiPhone 12や、プロセッサがA15 Bionicになり、「シネマティックモード」や「フォトグラフスタイル」を搭載したiPhone 13と比べると、目新しさは少ない。「iPhone X」から続いていたフルディスプレイのiPhoneが、成熟期を迎えていることの証拠といえるかもしれない。

 一方で、ProモデルのiPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxには新機能が多く、特にユーザーインタフェースやカメラ機能に関して、新たな挑戦をしようとしていることもうかがえる。iPhoneが目指す次の姿は、Proモデルにあると言っても過言ではない。

●新たなユーザー体験を模索するProモデル、カメラ機能も刷新

 鍵になるのが、新たに採用する「ダイナミックアイランド」や、常時表示ディスプレイ、4800万画素のメインカメラだ。Proモデルにのみ搭載されている「A16 Bionic」は、全体的な処理能力を大幅に上げるというよりも、こうした機能を実装するためにカスタマイズを加えたプロセッサだ。

 Proモデルには2機種とも、いわゆるノッチではなく、ディスプレイの中にインカメラやFace IDを実現するためのセンサーが配置されている。機能の違いはあるが、ディスプレイの一部に穴を空けてカメラを配置するのは、最近のスマートフォンでは一般的な仕様。ミドルレンジモデルはもちろん、エントリーモデルも多くがこうした形状になっている。むしろ、センサーを多く搭載している分だけ、iPhone 14 Proの穴は大きい。

 ハードウェアだけを見ると単なる小型化したノッチになってしまうが、Appleはここを“島”に見立てて、バックグラウンドで動作しているアプリの情報を表示するためのエリアに仕立て上げた。滑らかな動きは、あたかもディスプレイに浮かぶ島が、自由自在にそのサイズを変えているように見える。実はA16 Bionicによるアンチエイリアス処理が、この動きを実現しているという。

 ハードウェアとソフトウェアを別々に作っていると、なかなか出てこない逆転の発想で、この部分は、その両方を垂直統合的に作り上げているAppleらしいアプローチだ。バックグラウンドで動いているアプリが明確に分かり、タップすると“島”が拡大し、操作が可能になるため、ユーザーインタフェースとしても直感的だ。スペシャルイベントのキーノートでは、ダイナミックアイランドが紹介された際に、参加者が大きくざわめいていたことからも、反響の大きさがうかがえる。

 ディスプレイは1Hzから120Hzにリフレッシュレートが可変するようになり、常時表示に対応した。1Hzまでリフレッシュレートを落とすことで、バッテリーへの影響を最小限に抑えつつ、情報を常に画面に出しておくことができる。そのために、iOS 16では、ロック画面を刷新し、ウィジェットを配置できるようになった。バックグラウンドで動作するアプリの情報を表示する「ライブアクティビティ」も、この常時表示を見据えたものだった。ハードウェアとOSを連携させ、ユーザー体験を作り上げる手法は、ダイナミックアイランドと同じ。ここにも、Appleの強みが発揮されていることが分かる。

 カメラは、焦点距離24mmのメインカメラを刷新して、4800万画素に画素数を上げた。ピクセルビニングに対応しており、4つの画素を1つに結合することで、1200万画素相当のカメラとして明るい写真が撮れるようになる。「ProRAW」を使うと、明るさは落ちるが、4800万画素をそのまま使って撮影することも可能。先に上げたフォトニックエンジンにも対応しており、暗所での写りをさらに向上させている。

 無印のiPhoneを機能的に強化したこれまでのProモデルに対し、iPhone 14 Proは、ユーザー体験を変えることに重きを置いているようにも見える。Appleのティム・クックCEOが「iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、iPhoneの新しい体験方法を提供する」と語っていたことも、それを裏付ける。Proモデルの役割が、微妙に変化しているというわけだ。

 一方で、無印側のiPhone 14は、iPhone Xから続くiPhoneの系譜を受け継いだ端末だ。このラインアップは、デザインからUIまでを丸ごと刷新したiPhone Xと、過去モデルのスタイルを受け継いだiPhone 8、iPhone 8 Plusを用意した2017年に近い。「次の10年を方向づける」(同)と銘打ってiPhone Xの登場から5年がたち、ホームボタンを廃したiPhoneは後半戦に突入しようとしている中、Appleも次の一手を模索している様子がうかがえた。