iOS 16では、Face IDを搭載しているiPhoneで、ステータスバーにバッテリー残量の%表示が可能になる。

 これまで、Face ID搭載のiPhoneでバッテリー残量(%)を確認するには、画面上部をスワイプしてコントロールセンターを呼び出す必要があった。Face IDに使用するセンサーやインカメラをディスプレイ上部に配置した都合で、ステータスバーからバッテリー残量表示が追いやられてしまった。

 しかしiOS 16では、「設定」→「バッテリー」→「バッテリー残量(%)」のスイッチをオンにすると、通知バーのバッテリーアイコン内に残量が%で表示される。iOS 15までも、バッテリーアイコンのゲージでバッテリーの減り具合は分かったが、具体的な%までは表示されなかった。この新しいバッテリー残量はロック画面でも確認できるので、iOS 16ではバッテリー残量の確認が容易になる。

 ただし、ステータスバーのバッテリー残量(%)表示は、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 miniは対応していない。iPhone SE(第2、第3世代)やiPhone 8以前のモデル、iPadではこれまで通り、ステータスバーにバッテリー残量が%で表示される。