Appleは、iOS 16にeSIMの新機能を追加した。それが、「eSIM クイック転送」だ。この機能を使うと、新旧のiPhoneがiCloudかBleutoothでつながり、eSIMプロファイルが新しいiPhoneに移ってすぐ通信が可能になる。eSIMは、自宅にいながらにして契約ができ、便利な反面、物理的なSIMカードのように簡単に差し替えることができなかった。新機能で、そのハードルを取り除いた格好だ。

 一方で、iOSでの挙動からは、キャリア側のサーバにアクセスして、再発行の手続きを自動化しているようにも見える。そのため、eSIM クイック転送はキャリアの対応が必要になり、現時点では利用できるキャリアはKDDIと楽天モバイルの2社にとどまっている。今後この機能は広がっていくのか。ここでは、同機能の対応状況や実際の使い勝手に加え、eSIMの普及に与える影響や課題を考察する。

●キャリア側と連携することでセキュリティを担保 現在はKDDIと楽天モバイルが対応

 刷新した新しいロック画面や写真アプリでの自動切り抜き機能が大々的にアピールされていたiOS 16だが、その裏でひっそりとスタートした機能が、にわかに注目を集めている。eSIM クイック転送がそれだ。本機能は、古いiPhoneから新しいiPhoneにeSIMのプロファイルを自動で移すためのもの。プロファイルを再発行する手続きが短縮され、新モデルセットアップ中にSIMの情報まで移ってしまうのがメリットだ。

 プロファイルの再発行にかかる時間は、キャリアによってまちまち。楽天モバイルのように、契約者用サイトにアクセスし、再発行のボタンを押すだけですぐにQRコードが送られてくることもあれば、povo2.0のように、チャットでオペレーターに再発行を依頼し、再度本人確認を行うこともある。前者はそれほど大きな手間はかからないが、後者は手続きが煩雑なうえに、時間もかかる。24時間対応ではないのも、eSIMのよさを削いでしまっているといえる。

 eSIMのプロファイルをBluetoothだけでうたい文句通りに“転送”できてしまうと、セキュリティ上のリスクにもなりかねない。かつて話題になった“クローンSIM”も作りやすくなってしまう。こうしたことが起きないよう、実際には、単純にプロファイルを移すのではなく、キャリア側と連携し、iOS側からプロファイルの再発行依頼をかけているようだ。ユーザー自身でやっていた手続きを、ある程度OS側で自動化している格好だ。KDDIが「プロファイルの再利用はしていない」と語っていることも、それを裏づける。

 そのため、eSIM クイック転送への対応状況は、キャリアごとにまちまちだ。iOS 16の配信とほぼ同時に利用できるようになったのはKDDI。au、UQ mobile、povo2.0と、同社の3ブランド全てでこの機能を利用できる。楽天モバイルは、iPhone 14シリーズの発売日である9月16日に対応を開始した。一方で、ドコモはahamoも含めてこの機能が利用できない。ソフトバンクも、ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの3ブランド全てが非対応だ。

 ドコモ広報部によると、今後対応するかどうかは未定。ソフトバンクも、現時点での予定は明かせないという。2021年夏から、auやUQ mobileでは、アクティベーション時にeSIMプロファイルを新しいiPhone側からダウンロードできる仕組みに対応していたが、これは機種変更時の手続きでユーザーがどのiPhoneを使うかの情報をKDDIが把握することで実現していた。eSIM クイック転送であれば、事前の手続きなくeSIMプロファイルを新端末に移すことが可能になる。契約にひも付けずに単体でiPhoneを買った場合や、別のキャリアで買ったiPhoneにeSIMを移すのがより簡単になった。

●eSIM クイック転送に挑戦! わずかな時間で移行が可能に

 筆者も、9月16日に購入した「iPhone 14 Pro」に、それまで利用していた「iPhone 13 Pro」からeSIMのプロファイルを移してみた。セットアップは、iPhone 13 Proから直接データを転送する形にしたが、アクティベートが終わると、iPhone 14 Pro側に「電話番号を転送」という画面が現われる。「電話番号を転送」をタップすると、eSIMプロファイルの移行が始まる。

 この機能に対応した電話番号の一覧が表示されるので、転送したいものを選択。ここでは、まずauのeSIMを移すことにした。すると、iPhone 13 Pro側の画面が変わり、サイドボタンをダブルクリックするよう求められる。プロファイルの転送を承認するためだ。指示に従いダブルクリックをすると、転送が始まり、程なくしてiPhone 14側の画面に「モバイル通信設定完了」の画面が表示された。写真を撮りながらだったため、少々時間はかかったが、画面をタップしていくだけなら1分程度で済んだ作業だ。

 ここで転送できるのは1回線だけなので、iPhoneにeSIMプロファイルを複数入れてDSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)で利用している場合、アクティベート完了後にももう一度eSIMプロファイルの転送をする必要がある。「設定」アプリで「モバイル通信」を選び、「eSIMを追加」をタップし、「その他のオプション」を選ぶと、「モバイル通信を設定」という画面が現われる。ここでは「近くのiPhoneから転送」を選択した。

 Bluetooth経由で転送する場合、検証コードの入力が必要になった。機種変更後のiPhone(ここではiPhone 14 Pro)の画面に6桁の数字が表示されるので、それを機種変更前のiPhone(ここではiPhone 13 Pro)に入力する。最後に、アクティベーション時と同様、機種変更前のiPhoneで承認が求められるので、サイドボタンをダブルクリックする。これだけの手続きで、2つの回線がiPhone 14 Pro側に移った。

 auは「my au」アプリ上で、eSIMプロファイルの再発行ができるため、手動で操作してもそれほど時間を取られるわけではないが、povoはオペレーターとのチャットが必要になる。身分証明書を持った自撮りも必要になり、それが終わってもeSIMプロファイルが発行されるには時間がかかる。こうした手間を省き、数分でeSIMプロファイルを2回線ぶん移せたのは、非常に手軽だった。

 欲を言えば、アクティベーション時に2回線同時に移せるとさらに手順は少なくなる。2回線とは言わず、iPhoneに入れたeSIMプロファイルをまとめて転送できるようにしてほしい。店舗に足を運んだり、郵送を待ったりする必要がなく便利なeSIMだが、端末とのひも付けが強固なこともあり、機種変更には少々手間がかかっていた。eSIM クイック転送機能の登場したことで、物理SIMの使い勝手に一歩近づいた格好だ。

●eSIMの起爆剤になりそうなeSIM クイック転送、一方で課題も残る

 既報の通り、米国で発売されたiPhone 14シリーズにはSIMスロットがない。米国では賛否両論あるようだが、eSIMのみでSIMに非対応というのは非常にアグレッシブ。楽天モバイルのオリジナルブランドモデル「Rakuten mini」や「Rakuten Hand」「Rakuten BIG」などもeSIMのみの端末だが、Appleのようにシェアの大きなメーカーが採用した仕様としては異例といえる。それを実現する上でも、eSIM クイック転送のような機能は欠かせなかったはずだ。

 実際、9月7日(現地時間)に開催されたAppleの発表会では、SIMスロットがない仕様は、AT&TやVerizon、T-Mobileといった米キャリアとの協力で実現したことが明かされていた。スマートフォンにいち早くeSIMを採用したAppleは、キャリア以上にこの仕組みに積極的なことがうかがえる。将来的には、米国以外への採用を働きかけていくと見ていいだろう。ドコモやソフトバンクの対応次第では、日本版も、次期iPhoneでSIMレスになる可能性はある。

 面白いのは、eSIM クイック転送を使って、物理SIMからeSIMにiPhone間で変更できてしまう仕掛けだ。発想としては、Suicaのカードを吸い出し、Apple Payのウォレットに登録できる仕組みに近い。これを機にeSIMに変えてみようと思う人は確実に増えるだろう。現状では、まだ一部のユーザーしか利用していないeSIMだが、eSIM クイック転送が普及の起爆剤になる可能性もある。既にこの機能に対応しているKDDIや楽天モバイルでは、eSIM比率が高くなるはずだ。

 ただ、eSIM クイック転送の仕様がオープンになってないため、現状ではiPhoneを正式に取り扱いがないキャリアが対応することができない。例えば、eSIMを採用しているMVNOは、現状、全社eSIM クイック転送に非対応。フルMVNOでeSIMを提供するIIJmioや、ドコモからeSIMを借りる日本通信、KDDIのeSIMを採用するmineoは、全て手動でプロファイルを転送する必要がある。競争環境的には不利になりうるため、MVNO側から反発の声が挙がることも予想される。

 プラットフォーム内への囲い込みが進んでしまうリスクもはらむ。iOS同士だとeSIMの移行がしやすく、そうでないと大変になってしまうと、iPhoneにユーザーをとどめておくための手段になるからだ。SIMカードであれば、iPhoneであろうが、Androidであろうが、基本的には挿すだけで機能する。ユーザー視点では、機種変更の自由度や利便性がSIMカードより下がってしまうというわけだ。Androidが同様の機能を採用した後の話にはなるが、長期的な観点では、プラットフォームの垣根を超えた標準化が進むことを期待したい。