ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年9月8日から2022年9月14日までの7日間について集計し、まとめました。

 日本時間の9月8日深夜、新しいiPhoneが発表されました。例年、iPhoneの発表週の記事アクセスはiPhoneに関連する記事が独占または寡占します。今年(2022年)はその点でご多分に漏れなかったのですが、スペックの比較記事ではなく価格の比較記事がトップとなりました。世界情勢の不安定化や為替レートの変動を受けて「新しいiPhoneはいくらで買えるのか?」ということが気になる人が多かったのかもしれません。

 さて、今年のiPhoneですが、「Pro」の付かないモデルはプロセッサ(SoC)が変更されないという例年にはない現象が発生しています。「Pro」の付くモデルは新しいSoCを搭載していますが、カメラ撮影回りの機能は明らかに強化されているものの、それ以外の性能では従来のプロセッサと大きな差がない感じです。

 そのこともあってか、カメラ性能を重視する人を中心にiPhone 14 Pro/Pro Maxの予約は堅調な一方、iPhone 14の予約の出足は期待したほどではないという話も複数から聞いています。iPhone 13シリーズは7月から「値上げ」を実施し、iPhone 14シリーズはそこからの値上げ幅は最小限ですが、iPhone 13シリーズの“当初”価格と比べると大きい値上げであることは間違いありません。

 要するに、「価格」と「変わり映え」の2点によって買い換えをちゅうちょする人がそこそこいるようです。今後、iPhone 14シリーズの売れ行きはどうなっていくのでしょうか……?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年9月8日〜2022年9月14日

1. iPhone 14シリーズの価格が出そろう 最安はどこ?

2. 「iPhone 14/14 Pro」は何が進化した? iPhone 13シリーズとスペックを比較する

3. iPhone 14/14 Proの実機に触れて分かった“違い” Plusのサイズ感やProの新ノッチはどう?

4. Appleの「iPhone 14」戦略を読み解く 例年以上に“無印とProの差”が広がった理由

5. 値上げ後もiPhoneをできるだけ安く買う方法:「返却なし」「乗り換えなし」の場合

6. iOS 16の新「ロック画面」を試す 何がどう便利になった?

7. 新iPhone登場でiPhone 12/13が1万円値下げ、最安はSE(64GB)kの6万2800円のまま

8. iPhone 14シリーズに「mini」は含まれず 姿を消した理由は?

9. 新「AirPods Pro」や「Apple Watch Ultra」の実機レポート 試して分かった“新しさ”

10. ドコモのiPhone 14シリーズ、「MNP+1年で返却」なら実質負担額は最安に