多種多様なスマートフォンが市場に出ている中で、時代の影に消えていったのが「2画面のスマートフォン」だ。国内外で大きな注目を集めた2画面スマホは、なぜ消えていってしまったのか。

 2画面のスマートフォンとはどのようなものがあったのか。まず挙げられるのが、2011年に京セラが米国で販売した「Kyocera Echo」だった。日本でこそ発売されなかったが、京セラが投入したこともあって話題を集めた。

 2011年とAndroidスマートフォンとしても黎明(れいめい)期に近い頃の商品でありながら、2画面という独自性に果敢にトライした点は今もなお高く評価したいところだ。

 日本では2013年発売のNECカシオ製「MEDIAS W N-05E」が印象深いものだ。4.3型のディスプレイを2つ備えており、展開時は5.6型のタブレット端末としても利用できた。

 Android 4.1のためマルチタスクは専用のアプリを用いて対応した。アプリ開発SDKが公開されていた上に、アプリコンテストなども行われていたため、専用アプリもある程度充実していた。

 こちらのスマホはドコモが販売し、市場の注目度も高い1台だった。一方で、電池持ちの悪さやソフトウェアの粗削り感といった黎明期らしい点もあり、当時は「キワモノ」という認識が強いものだった。

 2017年に発売されたZTE製「ZTE M Z-01K」は、5.2型のディスプレイを持ち、展開時には7.6型のタブレット端末としても利用できるものだ。OSにAndroid 7.1を採用したことにより、標準機能である画面分割を拡張する形で2つのアプリを動かすことができた。

 特性的にもMEDIAS Wの後継ともいえる存在であったが、クセのある操作感やアクセサリーの少なさなどもあって、普及したとはいえなかった。

●画面拡張だけではない、さまざまな可能性を模索した2画面スマホ

 ここまでは「閉じてコンパクト、開いて大画面」という画面サイズを拡張させる方向に注力した2画面スマホを紹介したが、それとは違う方向に展開した機種がいくつかある。その例が、本体背面にサブディスプレイを備える端末だ。

 通知用サブディスプレイという点では、「Xiaomi Mi11 Ultra」や「Meizu Pro 7 Plus」のように、端末背面に小型のディスプレイを備えるモデルもある。これらは通知領域や機能面の向上を目的として搭載されていた。現在は「Galaxy Z Flip」シリーズのサブディスプレイに近いものといえる。

 サブディスプレイをさらに拡張して電子ペーパーを採用したスマホもある。Yota devices製「Yota Phone」は背面パネルを利用して通知領域の拡張、端末デザインの自由度向上、省電力モードでの利用といった用途で考えられていた。電子ペーパーなので、書き換えさえしなければ電池を消費しないことが利点だ。

 このような電子ペーパーを利用したスマートフォンは、現在も中国のHisenseから発売されている。

 こちらに関しては、画面占有率を上げる当時のトレンドの延長から生まれたものである。当時の理想型は「カメラなどの邪魔なものがない全画面」であり、各社ポップアップインカメラやパンチホールカメラの小型化に力を入れていた。

 そのような中で、「背面ディスプレイを備えれば、こちらを利用して高画質な自撮り撮影も可能なのでは?」というコンセプトで生まれたものが前述した端末だ。どちらも差別化を図った製品であったが、背面に画面を設ける点にあたって本体設計やケースなどのアクセサリーにかなりの制約が生まれてしまった。

●5G黎明期にも2画面スマホ登場も、メーカー撤退や使い勝手に課題も

 2019年にLGエレクトロニクスから「V50 ThinQ」というスマートフォンが発売された。こちらはGalaxy Z Foldへの対抗として「デュアルスクリーン」と呼ばれる拡張ディスプレイを備え、必要に応じて着脱可能になっていた。20万円以上と高価なGalaxy Z Foldに対してその半分の値段ながら、2画面を用いて体験的には近いことが可能であることをアピールしていた。

 日本では派生機となる「LG G8X ThinQ」がソフトバンクから、後継機にあたる「V60 ThinQ」がドコモ、ソフトバンクから発売された。ドコモではやや小型の「LG Velvet」も扱っており、この手の端末ながら、展開されたラインアップ自体は多い。

 怒涛(どとう)の2画面スマホを連発したLGだったが、そんなタイプのスマホに可能性を示した端末が「LG WING」だ。このスマホは「ながら見」「コントロールセンター」といった形で単なる2画面スマホから、メイン画面とサブ画面という形で明確な役割を与え、サブ画面をより有効的に利用することに主眼を置いたものとなる。他社からも登場しないコンセプトを持つ斬新な端末であったが、LGがスマートフォン市場から撤退したため、後継機は現れていない状態だ。

 同じ時期に発売された2画面スマホとして、Microsoft「Surface Duo」がある。こちらはより本に近いビュワー端末というコンセプトだったが、1画面のタブレットとして使うには難があったり、カバーディスプレイがなく見開き以外では使うにくかったりするのが課題だった。

●2画面スマホ衰退の背景にある折りたたみスマホ

 2画面スマホが消えていった背景には、スマートフォンそのものの画面が大型化したこと、「Galaxy Z Fold」を始めとした折りたたみスマホの登場が考えられる。

 確かにスマートフォンの画面そのものが大型化してしまえば、2画面を展開しての大画面を売りにすることが難しくなる。近年では6型クラスのものが当たり前になり、SNSを始めとして縦画面に最適化されたコンテンツが主流になりつつある。

 加えて、Galaxy Z Foldのような折りたたみスマホは、2画面スマホの懸念材料でもあった、「展開時に中央のベゼルで画面が切れて見にくくなる問題」を解消した上位互換といえる存在になっている。

 ZTE M、LG V60 ThinQ、Surface Duoの「スマートフォンを2台持つような感覚で利用できる」という基本的なコンセプトは変わらない。実際、Android側の制約もあって、動作感はスマホ2台持ちよりも快適とはいえないものだった。それなら「スマートフォンを2台持った方がいいのでは?」と思う人が大半だったといえる。

 一方で、折りたたみスマホの場合は、展開時は大画面のタブレット端末のように利用できる。スマホを2台持つから、「1台でスマホとタブレット端末を兼ねる」に近い運用に変わる。

 2画面スマホは大画面での運用が難しいものが多かったので、この点で折りたたみスマホは完全な上位互換となる。「閉じてコンパクト、開いて大画面」というコンセプトを体現したモデルは、2画面スマホから折りたたみスマホへと変わっていったのだ。

 セルフィー用に背面に画面を備えていた端末も、基本的には画面占有率を上げるためにイントカメラを削った結果として生まれたものだ。背面にディスプレイを設けてセルフィー重視と位置付けたが、これもケースや端末設計などの観点からトレンドになるとはいえないものだった。加えて、折りたたみスマホではカバー画面をセルフィーディスプレイとして利用できる。

 通知用サブディスプレイについても、スマートウォッチが代替を担える状態のため、搭載する端末は少ない。採用例は折りたたみスマホのカバーディスプレイがほとんどだ。

●折りたたみスマホは2画面スマホの理想形

 ここまで、2画面スマホについて振り返ってみた。今後また2画面スマホが出るのか? という問いに対しては「ほとんど出ることはない」と考える。これは、現状の折りたたみスマホが「実質的な2画面スマホの理想形」となっているからだ。

 閉じてコンパクト、開いて大画面という考えはスマートフォンの黎明期から追い求められていたものだ。古くは2007年に発売された「Nokia E90 Communicator」といった機種が存在し、この端末のキーボードまで画面になったものがGalaxy Z Foldだと言えばふに落ちる。

 そうなると、LG WINGのような「サブディスプレイ」に徹した2画面スマホくらいしか登場の余地がない。ただ、これはセオリーから外れる「マニア向けのスマホ」となる。このような商品は大手メーカーが出るとは思えず、クラウドファンディングなどで登場するかどうかだ。ある意味、Unihertzで展開される物理キーボード端末と同じぐらいニッチなものだと考える。

 スマートフォンの黎明期からあり、Galaxy Z Foldのような形で理想系となった2画面スマホ。ここまでたどり着くまでは、今回紹介したようなさまざまなコンセプトの機種があったことを思い出してほしい。