シャープは9月26日、ミドルレンジの最新モデルとなる「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」の2機種を発表した。AQUOS senseは、シャープのスマートフォンで中核ともいえるシリーズ。ほどよいスペックとバランスが取れた価格が売りで、端末購入補助の制限が厳格化したことも追い風になり、世代を経るごとに売れ行きを伸ばしてきた。シャープが日本のスマートフォン市場で2位につけているのも、senseシリーズの大ヒットによるところが大きい。

 一方で、ミッドレンジモデルは今や激戦区といえる市場。シャープの年間出荷台数も頭打ちになりつつあり、2021年度の市場占有率は9.4%(MM総研調べ)と前年度よりシェアを落としている。ミドルレンジにも、次の一手が求められているのが現状だ。これまで、スマートフォンとしての“必要十分”を積み重ねてきたAQUOS senseだが、次の一手としてどのような仕様を盛り込んできたのか。その答えは、カメラにあった。

●ハイエンド並みの大型センサーを取り込み、AQUOS Rで培ったノウハウを生かす

 AQUOS sense7、7 plusでシャープが目指したのは、「ハイエンド並みの大型センサー」(通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部 課長 清水寛幸氏)を搭載すること。大型のセンサーは光を取り込みやすくなり、暗所での撮影性能が向上する。フラグシップモデルはセンサーの大型化が進んでおり、シャープは1型センサーを搭載した「AQUOS R6」や「AQUOS R7」を販売している。そのエッセンスを、ミッドレンジに落とし込んでいくのがシャープの戦略だ。

 2機種とも、広角カメラの画素数は5030万画素。センサーサイズも1/1.55型と大きい。1型のセンサーを搭載したフラグシップモデルと比べるとインパクトは薄れてしまうが、ミッドレンジとしては異例のスペックといえる。日本で発売された他社の端末を例に挙げると、1/1.55型に近いサイズのセンサーを搭載しているのはサムスン電子の「Galaxy S22」(1/1.57型)やOPPOの「Find X3 Pro」(1/1.56型)など。いずれも、フラグシップモデルに位置付けられる。

 先代の「AQUOS sense6」に搭載されていたカメラのセンサーは、1/2.0型。約66%も大型化しており、カメラを強化したといううたい文句に偽りがないことが分かる。オートフォーカスには全画素PDAFを採用し、こちらも従来モデルと比べて速度が2倍に向上した。もっとも、単に大型のセンサーを搭載すれば、キレイな写真が撮れるようになるわけではない。スマートフォンの処理能力を生かし、各社ともコンピュテーショナルフォトグラフィーに注力しているからだ。

 こうした動きに対し、シャープはライカとの協業で培ったノウハウを注入。AQUOS sense7、7 plusの2機種にはライカのブランドこそ付かないが、人物写真にはAQUOS R7と同じ「セマンティックセグメンテーション」をかけ、画質を向上させている。セマンティックセグメンテーションとは、顔の領域を細かく分解し、それぞれに最適な処理を施すこと。処理能力の高いスマートフォンだからこそできる仕上げだ。

 複数枚の写真を合成し、夜景撮影でノイズを抑えた明るい写真が撮れるナイトモードにも、AQUOS R7の技術を応用している。具体的には、合成処理をRAWで行い品質を高めている。RAWデータでの処理は、高いパフォーマンスを求められるため、一般的なミッドレンジモデルでは非対応のことが多い。

 AQUOS sense7、7 plusでも、「合成する枚数は増やしきれなかったが、何とかギリギリで搭載できた」(通信事業本部 パーソナル通信事業部 副事業部長兼第一ソフト開発部長 中江優晃氏)という。ハイエンド並みのハードウェアに、ライカとの協業で培ったソフトウェアを組み合わせることで、従来のミッドレンジモデルを大きく超えるカメラを実現したというわけだ。

●派生モデルのplusはカメラに加えて動画体験を重視、シリーズ共通でデザインも刷新

 これまでのAQUOS senseにも“plus”が付くモデルはあったが、デザインが通常モデルと大きく異なるなど、純粋な派生モデルとは呼びづらいものがあった。これに対し、AQUOS sense6 plusは、AQUOS sense6をそのまま大型化し、一部のスペックを強化したモデルに仕上がっている。派生モデルがどこか浮いていた従来よりも、“シリーズ感”がしっかり出ている印象だ。こちらの方がAQUOS senseのブランドイメージを生かせるため、販売上、有利になりそうだ。

 AQUOS sense7に“plus”されているのは、動画体験だ。具体的には、ディスプレイが6.4型と通常版よりも0.3型ほど大きいほか、動画を再生する際に、足りないフレームを120fpsまで補間する技術を採用している。ディスプレイのリフレッシュレートは表示しているコンテンツに合わせて最大240Hzに可変する。240Hzは、映像を120Hzで表示した際に、2回に1回、黒いフレームを入れることで実現。上位モデルにも採用されている技術で、残像感を抑え、滑らかな映像を表示できるのがそのメリットになる。

【訂正:2022年9月27日19時50分 初出時、AQUOS sense7 plusのリフレッシュレートを「1Hzから最大240Hz」としていましたが、下限が非公表のため、「最大240Hz」に訂正いたしました。】

 映像体験でもう1つ重要なのが、サウンドだ。AQUOS sense7 plusは、左右が干渉しないボックス構造のスピーカーユニットを採用しており、どちらも大口径・大振動。AQUOS sense6と比べ、低音域の音圧が2倍、帯域幅が1.4倍に拡大している。滑らかな映像と迫力のサウンドで、AQUOS sense7以上に動画を楽しめるというのが、AQUOS sense7 plusの位置付けだ。

 シリーズ感という意味では、2機種のデザインにも注目したい。いずれもAQUOS sense6から大幅にその見た目を変えており、どちらかというと、ハイエンドモデルに近い雰囲気が出ている。背面のカメラはセンターに搭載。レンズの大きさや素材感は異なるが、デザインはフラグシップモデルのAQUOS R7に近づけている。フラグシップモデルのRシリーズとミッドレンジのsenseシリーズそれぞれに方向性の異なるデザインを採用していた2021年までとは、方針が大きく変わったことがうかがえる。

 カメラの強化という方向性は、フラグシップモデルのRシリーズとミッドレンジのsenseシリーズで共通している。デザインランゲージを統一することで、そのコンセプトがより明確になるはずだ。また、AQUOS Rシリーズは、AQUOS R6で1型センサーを採用し、ライカと協業して以降、「カメラ機能が突出して優れた端末」というイメージがつきつつある。フラグシップで培ったブランド力をミドルレンジに波及させるためにも、統一感は出した方がいい。

 実際、他社のラインアップを見ると、ハイエンドモデルをベースにしたデザインをミドルレンジに採用している例は多い。ソニーのXperia 1とXperia 10や、GoogleのPixelとPixel aなどは、その典型例。サムスンも、Galaxy Sと一部のGalaxy Aはデザインに一定の共通性を持たせている。1型センサーを搭載したAQUOS R6やAQUOS R7でAQUOSとしての売りを明確にした今だからこそ、シャープもこの方向に踏み出せたといえそうだ。

●ミドルレンジモデルで頭1つ抜けた存在になれるか? 目指したのは国民機

 フルモデルチェンジを果たしたAQUOS senseシリーズだが、ミッドレンジモデルは今やスマートフォン市場の主戦場。もともとオープンマーケットの比率が高い傾向にあったが、2019年10月の電気通信事業法改正以降、キャリアで販売されるスマートフォンも急速にミッドレンジシフトが進んだ。早くからAQUOS senseシリーズを手掛けていたシャープは、Androidスマートフォンメーカーの中でトップクラスのシェアを維持しているものの、以前ほどの差がなくなりつつあるのも事実だ。

 例えば、冒頭で挙げたMM総研の出荷台数調査では、スマートフォンに限ると、シェアはサムスン電子に抜かれ、3位に転落している。シェアの差は0.4%と僅差(きんさ)で、暦年の2022年なら2位は維持しているものの、Appleに次ぐ2位がシャープの定位置になっていただけに衝撃は大きかった。サムスン電子が徐々にシェアを高めているのは、Galaxy ZシリーズやSシリーズでブランド力を発揮しつつ、Galaxy Aシリーズの展開を増やし、数も取れてきている証拠だ。MM総研の調査では、2021年度上期に「Xperia Ace II」が好調だったソニーにも抜かれていた。

【訂正:2022年9月28日17時45分 初出時、Xperia Ace IIの製品名に誤りがありました。おわびして訂正いたします。】

 こうした中、シャープも1月にはAQUOS senseシリーズより価格を抑えた「AQUOS wish」を、6月にはそのマイナーチェンジ版にあたる「AQUOS wish2」を投入し、エントリーモデルのラインアップを強化していた。一方で、AQUOS wishとAQUOS senseは、どちらも万人受けを狙うスマートフォン。エントリーモデルとの差別化をより明確にする上でも、AQUOS sense7、7 plusの機能性やデザイン性には磨きをかける必要がある。

 カメラを大幅に強化したAQUOS sense7や、それに加えてディスプレイやスピーカーにも磨きをかけたAQUOS sense7 plusは、機能やスペックが団子状態になりがちなミッドレンジモデルの中で、きちんと差別化が図れているように見える。ハイエンドモデル並みのカメラをミドルレンジモデルでというコンセプトは、ユーザーにとっても分かりやすい売りになるはずだ。シャープのパーソナル通信事業部長、小林繁氏も「これを買っておけば間違いない“国民機”と呼んでもらえるものを目指した」と意気込む。

 機能を強化した結果、価格が大幅に上がってしまうと販売にブレーキがかかってしまう恐れもある。これに対し、シャープは両機種とも、価格帯はこれまでのモデルと同水準を想定しているという。価格は取り扱うキャリアの戦略によっても左右されるため、一概には言えないが、従来のAQUOS senseシリーズ並みだとするとインパクトは大きい。AQUOS sense7、7 plusは、ミドルレンジモデルの選択基準をガラッと変えてしまう可能性を秘めたスマートフォンといえそうだ。