ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年9月15日から2022年9月21日までの7日間について集計し、まとめました。

 アクセス数の1位は、「iPhone 14 Pro」のカメラレビューでした。

 iPhone 14 Pro(とiPhone 14 Pro Max)のアウトカメラは、ここ最近のProラインと同様に三眼(トリプル)構成ですが、従来から大きく変わった点として、≪メインカメラ

(旧来の呼び方では「広角カメラ」)が約4800万画素センサーになった≫ことが挙げられます。画素数は従来の4倍で、当然ながらiPhoneのカメラとしては過去最大です。

 ただし、1位の記事にもある通り、通常は4つの画素をまとめて1画素として扱う「クアッドピクセル」が有効なため、普段は超高画質な1200万画素カメラとして機能します。Androidスマートフォンでもアウトカメラのメインセンサーを超高画素とするハイエンドモデルが増えていますが、デフォルトではiPhone 14 Proと同様にクアッドピクセル運用する傾向にあります。

 クアッドピクセルの最大のメリットは、より広い面積で光を集めることができることにあります。また、高画素センサーは良いレンズを組み合わせることで、センサーの一部画素を切り出した“きれいな”ズームを実現できることも魅力です(iPhone 14 Proの「2倍ズーム」はその典型例です)。

 「でも、やっぱり画素をフルに生かした写真を撮ってみたい!」という人もいるでしょう。iPhone 14 Proの場合、4800万画素で撮影するにはRAW(ProRAW)撮影をする必要があります。解像度が高い(8064×6048ピクセル)上に現像処理をしていない“生データ”となるため、1枚1枚のファイルサイズが非常に大きくなります。場合によっては1枚で90MB程度になるので、常用は難しいかもしれません。

 超極端ではないですが、iPhoneも上位モデルでは「高画素センサーを生かした高画質化」にかじを切りました。スマホカメラの競争は、もうちょっと面白いことになりそうです。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年9月22日〜2022年9月28日

1. メインカメラが大幅に強化された「iPhone 14 Pro」 4800万画素の実力はいかに?

2. iPhone 14シリーズでは国内で「5G SA」が使えず ドコモとソフトバンクが明らかに

3. 目指したのは“国民機” シャープの「AQUOS sense7/7 plus」が単なるミッドレンジスマホと違う理由

4. 「2画面スマホ」が市場から消えた理由 時代を彩った名機を振り返る

5. iPhone 14 Proの「常時表示ディスプレイ」、電池持ちへの影響は? 実機で検証してみた

6. 総務省が携帯5社に行政指導 端末割引の上限2万円規制違反で

7. iPhoneバイヤーズガイド(2022年9月最新版):iPhone 14、13、12、SEのどれを選ぶ?

8. 楽天モバイルユーザーのポイントが11月から+3倍に “実質0円運用”は可能なのか?

9. OPPO初のタブレット「Pad Air」が国内上陸 3万7800円で9月30日発売

10. iPhone 14か、iPhone 14 Proか 実機をじっくり使って分かった“買いの結論”