NTTドコモは、11月11日からスマートフォン「AQUOS sense7 SH-53C」を発売する。一括価格は5万4230円(税込み、以下同)で、いつでもカエドキプログラム適用の場合の実質負担金は4万3670円。ドコモオンラインショップの事前購入受付開始日は11月8日で、限定カラー「ラベンダー」は11月4日に先行販売する。

 本製品はカメラに1/1.55型センサーを備え、AQUOS senseシリーズ初のナイトモードも利用可能。イメージセンサー全面にフォーカス用位相差画素が配置された全面位相差オートフォーカス方式によって、AQUOS sense6よりオートフォーカスが約2倍高速化した。

 10億色に対応した約6.1型IGZO OLEDディスプレイを搭載し、バッテリーの劣化を抑えるインテリジェントチャージで3年後もバッテリー容量90%以上を目指した。指紋センサーの長押しでロック解除と同時にd払いアプリを起動できる「Payトリガー」、マスク対応顔認証、おサイフケータイ、防水/防塵(じん)、ハイレゾ、nanoSIM/eSIMもサポートする。

 OSはAndroid 12、プロセッサはSnapdragon 695、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は4570mAh。サイズは約70(幅)×152(高さ)×8.0(奥行き)mm、重量は約158g。カラーはライトカッパー、ブルー、ブラック、ラベンダー(ドコモオンラインショップ限定)。