11月16日から、セブン&アイグループ運用の「セブンマイルプログラム」のマイルを「PayPayポイント」へ交換可能になる。PayPayが2日、発表した。

 同日以降、ユーザーはセブンマイルプログラムでためたマイルを、PayPayギフトカードと交換でき、ギフトカードに記載のコードを入力すると、PayPayポイントとしてPayPay残高にチャージし、実店舗やオンラインサービスなどでの決済に利用できるようになる。

 なお、交換可能マイル数は100マイルにつきPayPayギフトカード100円分。1日当たり最大5回(500円分)、期間内当たり最大100回(1万円分)まで交換可能となっている。

 セブンマイルプログラムのマイルはセブン&アイグループのセブンマイルプログラム対象店舗での買い物や、食事200円(税抜き)ごとに1マイルをためることが可能。セブン-イレブンでの買い物の際には、セブン-イレブンアプリでPayPayの支払いバーコードを表示できるため、PayPayアプリを起動せずに、セブンマイルプログラムのマイルとPayPayポイントの両方をためることができる。