性能的にもカメラ的にも安定感があって業界筋では非常にポピュラーなのに、日本の世間的にはいまひとつメジャーになりきれないのがもったいないGoogleの「Pixel」。「Google Pixel 7」では高価格な下取り(特にiPhone系)とGoogleストアクレジットの付与を合わせて実質0円も可能になるなど、普及に向けてかなり攻めてきた。

 個人的にはAndroidのSIMロックフリー端末デビューに「Pixel」シリーズが最適だと思うのだけど、まあそれはそれとして、ここではカメラの話である。

 「Pixel 6 Pro」と「Pixel 7 Pro」と「iPhone 14 Pro」のProトリオでちょっと比べつつレビューしてみようという趣向だ。

●トリプルカメラの実力を見たい

 Pixel 7 ProはPixel 6 Proを受け継ぎ、ちょいと出っ張ったカメラ部の帯に3つのカメラが仕込まれている。

 超広角、広角、望遠である。

 メインとなる広角カメラは5000万画素(50MP)でセンサーサイズは1/1.31型でレンズのF値はF1.85。これ、Pixel 6 Proと同じだ。

 超広角カメラは1200万画素(12MP)でF2.2と一見、Pixel 6 Proと同じようだが、実はかなり違う。Pixel 6 Proよりさらに広角で(35mm判換算で16mm相当から13mm相当に広がった)、しかもAFが付いたのだ。このAFを利用してマクロ撮影モードを搭載してきた。

 望遠カメラは4800万画素(48MP)でPixel 6 Proと同じだが、より望遠になり(4xから5xへ)センサーサイズはちょっと小さくなった。望遠カメラのレンズはいわゆるペリスコープ型(屈曲光学系)。センサーサイズが少し小さくなったのは厚みを抑えつつより望遠にするためだろう。

 iPhone 14 Proと大きく違うのは望遠カメラの倍率だ。

 ちょっと考えると、1xの次が5xってのはちょいと間が空きすぎていないか? と思うのだけど、これがそうでもないのである。Googleのデジタルズームの技術がかなりいいからだ。

 ではその辺を念頭にいれつつ、広角カメラから見てみよう。

 iPhoneの方がパキッとしていて彩度も高いセッティングだ。対してPixel 7 Proはよりナチュラル。見栄えのいいiPhone vs ナチュラル系のPixelってことでお好きな方をどうぞ(こればっかは好みです)。

 で、カメラアプリを見ると、倍率が「0.5→1→2→5」となっている。次は2xでの比較だ。

 基本的な傾向は1xのときと同じだが、ディテールの描写はiPhone 14 Proが頑張っていて小さな文字もちょっと読みやすい。

 iPhone 14 Proのカメラレビューでも書いたけど、2xのカメラってちょっと距離があるものを自然な構図で撮るのにすごく重宝する。

 これなんか、青空とパラソルの色合いがすごくきれいだったので、思わず撮っちゃったもの。1xだとちょっと締まらなかったけど、2xにしたら完璧。

 Pixel 7 ProとiPhone 14 Proの絵作りの差が見えたので両方を載せてみた。

 料理を撮るときも2xの方が皿の形がきれいに見える。これも両者の画作りの差が見えて面白かったので、それぞれどうぞ。Pixel 7 Proの方が白いものをきっちり白く合わせてきているけど、iPhone 14 Proは少し赤みを残している。

 ただ、Pixelは画面をタップしたあとでシャドー部の処理や色温度を自分で調整できるので、その辺をうまく使いこなせる人にはとてもいい。

●5xズームレンズの迫力はすごいぞ

 さらに望遠へ行こう。5xと4xと3x、と機種によって差があるけど、そこは素直にその望遠カメラの性能をチェックってことで。

 さらに望遠へ伸ばそう。iPhone 14 Proの最高倍率と合わせてみた。これはPixel 7 ProとiPhone 14 Proのみの比較で。

 ほぼ同じズーム倍率だけど、もともとのカメラがより望遠な上に、望遠カメラまでクアッドピクセルなPixel 7 Proの方が優秀でディテールまで頑張って出している。

 それにしても、だ。スマホでこのズーム倍率でこのクオリティーはやばい。

 さらにPixel 7 Proの最高倍率へといこう。

 わけ分かんないよね。

 別の被写体でもどうぞ。さすがに夕刻で暗くなってきたこともあり、望遠カメラは暗所には強くないのでノイジーにはなるけど、すごいことに変わりはない。

 面白いのでもういっちょ30xの望遠写真といこう。富士山である。撮影場所は東京都世田谷区。富士山山頂から直線距離にして87〜88キロくらいだ。

 30xともなると手もブレやすくて構図を決めるのも大変、ってことでちゃんとガイドが出る。これを使って富士山を中央におさめるのだ。

 冠雪の富士山。ジグザグの登山道(だよね?)もはっきり見えている。

 望遠編の最後は夕日がきれいだったので、つい5xズームで撮った電車。夕日で赤く染まりつつある車両がいい感じだ。

●超広角はより広角になったのだった

 続いて超広角カメラだ。Pixel 7 ProとiPhone 14 Proが13mm相当で、Pixel 6 Proが16mm相当。写る範囲に違いが出ているのが分かる。

 もう1つ行こう。

 さて、Pixel 7 Proでは一部のAndroidのハイエンド機やiPhone 14 Proのようなマクロ撮影機能がついた。ある程度以上ぐぐっと近づくと自動的にカメラが超広角(のデジタルズーム)に切り替わり、より近距離での撮影が可能になる仕組みだ。超広角カメラの方がより近くまでフォーカスを合わせやすいという特性を利用している。

 被写体に近づいていくとカメラが切り替わり、中央に花アイコンが出る。それが合図だ。ちなみに、花のアイコンをタップすると、マクロをオフにできる。

 マクロ撮影ものをもうちょっと。トマトと腕時計だ。

●ポートレート撮影もチェック

 続いて人を撮る。まずは1xで普通に。

 で、この距離感だと2xくらいがちょうどいい。

 ではここで、ポートレートモードである。

 Pixelは伝統的にポートレートモード時に若干の望遠になる。だいたい1.5xくらい。さらに2xも選べるが、こっちは実質3倍だ。

 iPhone 14 Proはポートレートモード時にちょいと美肌っぽい処理が働いて肌が滑らかになる。Pixel 7 Proは設定の「顔写真加工」からオフ・弱・強が選べるが、今回はオンにしそこねたのでそのままです。

 人物以外のポートレートモードってことで、こんなものも撮り比べてみた。

 かつてiPhoneが苦手としていたシーンだ。

 では結果をどうぞ。Pixelのぼけ量はデフォルトのままなので、Pixel 6より7の方がデフォルトのボケ量は大きいようだ。

 人物編の最後はインカメラ。

 インカメラはPixel 7 Proも6 Proも固定フォーカスのシンプルなものだが、Pixel 7 Proはちょっと画素数が減っている。

 撮影した画像を見ても、Pixel 7 Proが3648×2736ピクセルなのに対し、Pixel 6 Proは3840×2880ピクセルとほんのちょっと多い。まあ何らかの理由があるのだろうな。使っている分には無視できる差だけど。

●シネマティックぼかし動画を撮れるようになった

 最後にそれ以外の機能を。夜景はオート夜景をオンにしておけば、暗いとき、自動的に夜景モードになる。

 手動での夜景モードでは撮影時間を選べる他、三脚にきちっとセットしてしばらくじっと待っているとシャッターボタンのデザインが「月」から「星」になり、1分以上かけてきれいな夜空の写真を撮ってくれる。

 スマホ用三脚を持っている人は星のきれいな晴れた夜に、あるいは星がきれいに見えるところへ遊びに行ったらぜひ。

 面白いところでは「モーション」機能もある。「長時間露光」と「アクションパン」の2種類あって、Pixel 6 ProではBeta版として提供されていた機能だが、今回もBeta版でした。

 長時間露光はなんとなく想像しやすいと思うので、アクションパンを。目の前を横切るように歩いてもらっているところを流し撮りするのである。するとこんな写真を撮れるのだ。真っ昼間でもスローシャッター感。

 動画の話も忘れちゃいけない。

 従来通り、手ブレ補正は4種類。標準、ロック、アクティブ、シネマティック撮影だ。ロックは望遠撮影時に構図をロックする機能。アクティブは「アクティブ手ブレ補正」で、この場合は4Kを使えず1080Pになる。これはかなりぬるぬると気持ちよくブレを補正してくれるのが素晴らしい。

 シネマティック撮影は「シネマティックパン」。速度が50%になりスムーズなパン撮影ができる。

 で、これら4つは「動画」モード時の手ブレ補正のバリエーション。それとは別に新しく「シネマティック」モードが新設された。指定した被写体にフォーカスを当てて背景を大きくぼかし、24fpsで撮影する機能だ。映画っぽくなるということでシネマティックぼかし。

 4Kは使えず1080Pになるがポートレートモードの動画版と思えばいい。iPhoneのシネマティックモードと似た機能だ。

 途中、ちょっと被写体を見失ったけど、まあこんな映像を撮れるわけだ。

 今回のPixel 7 Pro。前モデルとの機能の差をまとめると、

・超広角カメラがAF対応になり、マクロ撮影機能がついた

・望遠カメラが5xになり、より望遠に強くなった

・夜景モードに天体写真機能がついた

・シネマティックぼかし動画に対応した

 という4点。

 でも細かい機能追加よりは、デジタルズームの処理がきれいで何倍でも好きなズーム倍率で撮って大丈夫とか、いろいろなシーンでの写りが安定しているとか、画作りが派手すぎないのでナチュラル派に最適とか、そういうスマートフォンカメラとしての基本性能の高さが一番の魅力かなと思う。